我が家の α ALPHA(アルファ) Part3 ダイネット

昨日の続き(笑)
んで メインのダイネットはこんな感じ〜
f0071412_8445019.jpg
シートの色合い、ど?
見本にはない組み合わせだったんですけど、
ココアメインの焦げ茶ライン&ピンクベージュ。
よく公開されてるあの色よりは締まってるっしょ?(爆)

ほんとは犬毛が付かない合皮にしたくって
使える合皮の見本帳取り寄せてもらったんですけど
色は綺麗だけど、薄い&スエード風 で 意味なかった んで(^^;
(これがガルビィコラボバージョンに採用されてる?)
ノーマル見本の中から、厚地めの茶系濃色チョイス。
イルくんの折り畳みハウス(笑)もすっぽりで一安心(^^)

これが、一応バンクと呼んでます な "収納スペース"(笑)
車内から見るとこんなん。
荷物落下防止対柵は、開閉可の社名彫り込(笑)みボード。
f0071412_9135921.jpg
このロゴは...私的にはあんまし好きじゃないかも(笑)
開けるとこんな感じ。
f0071412_9172534.jpg
横向きシート用の楕円テーブル天板、入れてみました。
(前向きシートの方は かまぼこ型テーブル)
羽布団とかデカダッフルバックとかもぼこぼこ投げ込める感じ。
でも...人は眠れないと思いますって、やはし(爆)
コンパクトキャブコンの割りに大収納 って事で
底面は汚れが目立ちにくいココア色にしてもらいました。

あ、案外知らない人も多いみたい なので
改めて書いときますと
キャンピングカーと乗用車の大きな違いの一つが、
作られ方 & 買い方
一応各社カタログやら各展示会場公開車なんかで、
目安的に(笑)レイアウトやら内装やらを見せてますが、
キャンピングカーっていうのは、そもそも
「ビルダー」が一台一台作る、ワンオフ合法改造車(笑)

工場の流れ作業で同じのを何万台とか作る乗用車と違って、
オーダーしてから、ちっこい自社工場や委託工場で一台一台、
ベース車両をぶった切ったり(笑)架装部分をくっつけたり、
断熱材やら内装材やら基本レイアウトのインテリアやらを
敷き混んだり嵌め込んだり組み込んだり して、
"ビルド"していくわけなんですね。
だから、いわゆる後付けオプションとはまた別に、
シート生地を選べたり、多少のレイアウト変更が出来たりする。
"車屋さん"というより、配線/配管もする"大工さん"な感じ(笑)
しかも建て売り住宅じゃなくセミオーダーのプチ注文住宅。
なので、モノや度合いによって、有料か無料か、はあるにせよ、
「あんなシートの色は嫌い」とか「ここに棚とかいらないのに」とか
「ゲージ置くトコないし」とか言ってるご家族の説得に有効(笑)

でも、どっちかってゆうと大工さん(船大工的な)ですから(笑)
逆に、会社によっては、ベース車の事は全然分かんないから
修理はまるっと外投げ...なんて事も、実は珍しくなかったり(^^ゞ
タイガー乗り歴15年の我が家は、
架装のメンテや修理はキャンピングカー屋さんにお願いするけど
ベース車両部分は、車検も含めて地元の掛かり付けの車屋さん。
ってゆー感じに使い分けしとります。

おまけに、自分とこで作ってるビルダーさん と、
いわゆる 販売代理店 があって、形態によって、
だいぶオーダー時の融通の利き方が違ったり、
後々のメンテナンス具合も違ってきますんで、要注意。


と 話がそれたところで一休み(笑)
続きは Part4 で〜
[PR]
by salukis_taka | 2014-04-14 18:02 | キャンピングカー ALPHA LE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://salukinile.exblog.jp/tb/21791354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2014 チューリップ祭り@浮... 我が家の α ALPHA(アル... >>