小川 ドームシェルターラナ その1 設営

さていよいよ(笑)先月初めに購入した
小川キャンパルさんのドームシェルター ラナ の話♪

年期入った(笑)アウトドアラーさんならご存知の小川。
ずぅっと前から気になってはいたんですよねぃ。
でも、お値段もスペックもあまりにガッツリ(爆)で、
未熟な我が家にはまだまだ....と思ってたんです...が、
年越しキャンプで簡易系軟弱ST(^^;を吹っ飛ばされて、
やっぱり欲しいなぁ 頑張って買っちゃお と(^^ゞ

あれ〜?オールウェザーは? スノピは?...って方も
少なからず...でしょうが、こりゃもう 純粋に、
私の個人的な趣味嗜好の自然な流れ(笑)

まず、小川では
いわゆるスクリーンタープを "シェルター" と呼ぶ(-"-)b
ってトコから(笑) 呼び方と先入観だけなんですけど、
何だかこう...避難壕(ごう)ちっくで かこいくない?(爆)

で、小川のシェルターと言えば、
∅22mmスチールの鉄骨ロッジ(笑) ですがぁ〜、
ラナは、そこまでガッツリ(^^;じゃないアルミ合金ドーム型。
重量も約半分の幕体:約7.5kg、ポール:約3.2kg 計10キロちょい。
(それでも今までのに比べたら十分ずっしり...ですが(笑))
私的には10キロの米袋一つくらいならイケルだろう な感じ(^^ゞ
まぁ ラナのスペックは上記リンクからご確認頂くとして、
特記すべきは独特の設営方法。

まずは、こんな具合に....
f0071412_11212914.jpg
セルフスタンディングテープ(SSテープ)やらいう
ぐるりの六角形中心に、二箇所の入口を繋ぐ短いテープを接続しといて
いい具合に(笑)拡げてみてから、ここに張る!って場所に、ペグ打ち。

斜め対面の入り口二箇所んトコ を最初にビシッとキメとく のと、
繋ぎ目がいっぱいあるテープが ぐるぐる しないように整えるのがキモ。
立ち上げてから移動させるのは困難そうなので、位置決め 英断(-"-)b

次に こんな具合に...
f0071412_11505124.jpg
インナーゴム式 のポールをカチリカチリ繋げてフレーム作って、
SSテープのペグ位置にあるピンに差し込んでいく...
と、あらま なくらい、さっくり立ち上がります。
このポール、一見三本に見えるけど、実はジョイントで接続済み。
全部ででっかい一括りになっているので要注意。
連れ合い、最初、三つにバラそうと試みてました(笑)

次は、おぉ 片手だとけっこうな重量感...な、全閉じ状態の幕体を、
二箇所の入口基準に拡げて、よっこらしょ〜 爪先立ち(^^; で被せ、
そっちもうちょいひっぱってぇ〜 ずりずりずり ぱふ。てな感じ。
f0071412_1232445.jpg
まだ被せただけなのでだふだふ。

後は、中に入って、六本足んトコのマジックテープを全部止めてー
幕体(フライ)の足んトコの裾にある金色!(笑)S字フックを
最初にペグ打ちしたテープのリングに引っかけてー
ベロクロ、クィっと引っ張っていい具合に調整。
足んトコに付いてる変わった形(笑)の張り綱リングに補強綱を結んで
ペグ固定→同じく金色!自在金具でテンション調節。
f0071412_12174534.jpg
設営完了(^^)v
初張りでも、すんなり ぴん。
撮影しながらですが、二人で15分くらい?
一番時間掛かったのは、最初の、SSテープ張り。

ところで、何回か金色!って強調してますが(^^ゞ
ラナ幕体のカラー、仕様記載は ブラウン×サンド×レッド 。
一番広範囲な部分の色はサンド。つまり砂色、って事で、
画像でも赤味がかったベージュ色 に見えてますが、
実物目視的には...新品ピカピカなせいか、日ざし燦々のせいか、
どーも....金色!に見えちゃってたんですなぁ(笑)

ともかく とりあえず初張り の感想。

フレーム.........二人使用&たまに冬張り 程度なら十分&しっかり
       三本の重なり部分のジョイントが頼もしい

幕体(フライ)...ポリ75d(耐水圧1,800mm)と言う事で、
       今一歩かなぁ〜..と、ちょっと懸念してましたが、
       ずっしり感じる位のしっかりした生地で、
       縫い目も防水シールも流石な感じ。

我が家にはもう十分すぎる立派なシェルターでございました。
ちゃ〜んとお手入れして長く使いませう←ホントか.....

その2 出入り口と天井 upしました(笑)
[PR]
by salukis_taka | 2015-03-21 13:36 | グッツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://salukinile.exblog.jp/tb/23804662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小川 ドームシェルターラナ ... 年越しキャンプ以来の塩原グリー... >>