小川 ドームシェルターラナ その2 出入り口と天井

さてその2 です(笑)
ドームシェルターラナ の一番の特徴はこの....
f0071412_1226516.jpg
レッドラインで強調された、
六角形の斜め対面にある、2つの出入り口。

これがあると、他のスクリーンテントやシェルターの様に
がっばーっと壁一面まくらなくても出入り出来るぅ〜。
火器持ち込んでる時や幕が濡れてる時やらに便利(^^)v
& 幕壁際に置けるスペース、四面フル、な 訳ですねぃ。

更には...こんな具合に....
f0071412_12361126.jpg
半分だけフラップ巻いて "網戸窓" 仕様〜♪
これ、設営してみて始めて知りました(笑)
フルクローズしてても、ここだけ開けとけば
窓 みたいに外が見えて、良い感じぃ〜(^^)

ファスナーぐるり、ベロ被せ防水されてる出入り口の上に....
f0071412_12432266.jpg
ベンチレーター(換気口)
もう「死なないようにちょっと開けとかなきゃ..」要らず(爆)
仕組み的には
f0071412_12471293.jpg
開口部にちょっと硬い芯が入ってて、
こんな具合に、開放状態維持する為の "支え" 付き。
(畳む時には、この "支え" を倒します)

ラナのフラップは、過去使ったSTと違って外側ファスナー。
どうやら、この「外からじゃないと上げ下げ出来ない」
ところが、好き嫌いが分かれるポイント らしいんですが、
私的には、
フラップが内側だと、ネットから雨が侵入して総濡れ。
& 乾かす時、ファスナー外して内側にタレ下げる...
くらいしか出来ないんで乾きにくい...と思ってたんで、
ネットをクローズしててもフラップだけ上げて乾かせる
& フラップで日陰作った内側でネットクローズ出来る、
な、この構造は ◎ で買い! (^^)v

でも、この "扉に窓" の 小さいフラップだけは
外に出なくてもちょいと様子見出来る 内側ファスナー♪
気遣いが細かいね(^^)v

で、中から見上げると天井は....
f0071412_125217.jpg
被せ式なので、こんな感じ。
"頼もしそうなジョイント" が、ここんトコ。
f0071412_12531218.jpg
ジョイントがあたる部分、しっかり強化されとりますねぃ。

もちろん、このまま使用しても良いんですが、
ラナには亀甲型(笑)の "ライナーシート" が付いてまして、
これをフックで取り付けると...
f0071412_12575263.jpg
こんな感じ。

もし結露ができてポタポタ落ちてきたとしても、
ライナーが受け止めて壁際に逃がすようになっとる訳です(^^)
& 天幕とライナーシートの間にちょっと空気の層ができるので
プチフライ的に、ちょっとした断熱効果もあるんじゃないかと。

今まで使ってたパラタープ(コールマン)やサンセット(同)が
お手頃モンだっただけに...何だか...一気にレベルアップで
....至れり尽くせりって感じ?(笑)
このお値段でこれなら、十万越えのとかはどんなんよー?(超爆)


その3 カスタマー upしました。
[PR]
by salukis_taka | 2015-03-24 13:32 | グッツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://salukinile.exblog.jp/tb/23818937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小川 ドームシェルターラナ そ... 小川 ドームシェルターラナ ... >>