2016 お盆 八幡平キャンプ&♨️巡り Part2

Part 1 の続き
15日、後生掛(大沼)キャンプ場の朝。
流石の標高1000m越え。最低気温16度(^^)v
朝晩は上着が必要なくらい涼しくて「これよこれ〜♪」
気分良く朝コーヒー→緑に囲まれた中イル散歩→朝食
f0071412_18022325.jpg
ラナのネット越しの風景、こんな感じ(^^)
f0071412_18043848.jpg
この日はまず、前回大混雑で諦めた「玉川温泉」へ。
アスピーテラインを341号方面に下って左。しばらく走った左側。
谷底に下る坂の途中の日帰り客用の有料駐車場(¥100_)in。
料金所で特に申告していないのに「もし犬連れてたらここに置いてってね。」と(^^ゞ この辺りは山深く、この時期でも風は涼しいですが 日差し結構強し & 日陰はほとんどない ので、乗用車の方は要注意(-"-)b (我が家は一応(笑)断熱材入り&網戸付き全窓全開なので問題なし)
f0071412_18405760.jpg
高台の駐車場からも、もうもうと立ちのぼる湯気が...。
この駐車場から結構な急階段を降り、しばらく下った先に
f0071412_18413096.jpg
岩盤浴場?に続く木道
f0071412_18415921.jpg
なまはげ人形 立ちの玉川温泉本館入口。
この先左に 大浴場入口 があって、そちらが日帰り湯。
内部は撮影不可なので上記リンク公式サイト参照(笑)
流石の名湯強酸性。まるでレモンな酸っぱい温泉(笑)
ゆっくり満喫させていただきました(^^)

キャンプ場に戻って昼食をとりつつひと休み(^^)
この辺りから少しずつ雲が増え、予報は午後から雨。
しかも深夜から翌日まで雷雨だと...。
せっかくの二泊仕様設営だったのでちょっと迷いましたが、結局、明日の濡れ鼠撤収を想像し....早めのラナ撤収決断。速攻モードで撤収→ががっと積み込み。『車中泊』に切り替えて頂けるよう申請。快くご承諾頂き、管理棟横の車中泊スペースに移動。

後生掛大沼キャンプ場はオートキャンプのキャラバンサイト、車駐車場停めのフリーサイト、駐車場泊 ¥400_+ 設備利用@¥100_ の、二人で計 ¥600_ と言う三つの選択肢があるんですねぃ。
車中泊は平らなアスファルト駐車場泊りで、すぐ目の前の管理棟の設備が気兼ねなく使えるので雨中でも楽ちん。天候の荒れを心配してか、この日は駐車場ガラガラだったので、端っこで店開き状態(笑)ゆっくり荷物の整理をさせて頂けました。

予報の降り出しの時間を過ぎてもまだもってくれていたので、この間にもう一軒(笑)
f0071412_19244960.jpg
キャンプ場から10分もかからない蒸ノ湯温泉
前回は時間がなくて入れなかった露天目指し♪
f0071412_19251584.jpg
タオル巻きOKの混浴大露天風呂もありますが、今回はここ。
f0071412_19253829.jpg
f0071412_19260100.jpg
男女別戸建野天。
もうもうと吹き上がる蒸気を横目に満喫(^^)
ぬる目だけど、貸切でゆっくり出来て文句無し(笑)

キャンプ場に戻ると間も無くポツポツ.....
急いで炊事場の用を済ませ、車内にお籠り(笑)
だんだん強くなる雨音を聞きながら晩酌→早めに就寝。

16日朝、起床時は小雨。
出発前には曇天ながらも上がってくれ、
無事洗い物やらイル散歩やらが済ませられ◎。
最後の日帰り湯...というかとっておきのメインイベント(爆)
藤七温泉彩雲荘」 極楽野天風呂 向け出発!
アスピーテラインを登り始めると...
f0071412_19425186.jpg
f0071412_19432418.jpg
霧中.......というより雨雲中?(笑)
f0071412_19453680.jpg
相変わらず野趣溢れる野天風呂...というか山肌に溜まったぶくぶくの高温白泥温泉、まったり満喫させていただきました。(前回の丁寧に書いた感想はこちら) 後、アスピーテライン一気に下って松尾八幡平ビジターセンター立ち寄り。下は折良くこんな具合...
f0071412_19523316.jpg
これ幸い(笑)
ビジターセンター裏の広場でゆっくりイルくんタイム(^^)
f0071412_19552577.jpg
f0071412_19554387.jpg
帰路のロングドライブにつきましたとさ。
流石のお盆で若干の渋滞を超えつつ、北上中の台風に突っ込むように(笑)帰宅(^^)15午後からの雨はちょっと残念でしたが、前回何やかやで入れなかった 心残り 全部を制覇できて大満足(^^)
やっぱりい〜なぁ〜 東北の温泉♨️













 

[PR]
by salukis_taka | 2016-08-23 19:57 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://salukinile.exblog.jp/tb/25675449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NORI at 2016-08-29 10:53 x
いや~、本で紹介される憧れのキャンプ風景ですね。
おしゃれですもん。
うちなんて、とにかく物を軽くしろ!少なくしろ!余計なものは積むな!
キャンプ・BBQするのに必要最低限なものしか持っていかない
(私からすると「持っていけない」)のでまぁ殺風景なこと。

玉川温泉は行ってみたいんですけど、なかなか遠いですね。
なにせ運転手1人なもんで。
平日に長い休みが取れればいいんですけどなかなかそうもいかずで。
定年後のお楽しみですかね。
Commented by salukis_taka at 2016-08-30 15:54
> おしゃれ
やや、とんでもない。
目玉焼き他が乗ってるのは お洒落皿でもスキレットでもなく
取っ手が取れるぅ〜ティファール♪ ですし(笑)
ファニチャーも流行りの木製じゃなく、実用のアルミ製(笑)
食器類は十年以上使ってる 薄軽コレールです(-^-)
布類もディスプレー用にわざわざ持ってってるんじゃなく
移動中ガタガタいわない対策で、何か包んであったヤツ(爆)
強いて言うなら 実用一番、好き嫌い二番くらいなモン(^^ゞ

この辺りの温泉、しびれますよぉ〜♪ ぜひ一度(^^)b
Commented by 純ちゃん at 2016-09-05 23:14 x
初めまして、アルファLEに関心があります。
走りについて教えて頂けませんか?

夫婦2人(当たり前?3人だとヤバイ)と小型犬1匹。
キャンプはしない積もり車中泊専門、よってキャンプ道具等は積まない。

玉川温泉から八幡平までの上りと(東北道方面に抜けたと思うのですが)八幡平からの下り。

上りについて。普通車と同じ速度で上れましたか?普通車から引き離される、あるいは後ろに行列ができる。キックダウンを多用しないと速度が保てない?そんなことしなくても上れる?
カーブでのロールの具合。普通車よりは減速しないと快適には回れない?減速しなくても大丈夫?

下りについて。スピードがつくと思うのですが、かなり減速しないとロールは相当なもの?普通車なみの減速速度でも十分回れる?

非常にあいまいな質問ですがお教え頂きたく宜しくお願いします。

Commented by salukis_taka at 2016-09-06 20:17
純ちゃん さん、ようこそ〜。
アルファに関心をお持ち頂きありがとうございます(笑)
純ちゃんさんは今までにキャンピングカーにお乗りになられた事ありますか?今お乗りになられているお車は何でしょう?

私の場合、今のアルファで2台目で、十年位乗っていた前車が4000cc越えのアメ車ベースのコンパクトキャンパー(アメキャンの割には...ですが)タイガーだったので、排気量&パワー共に十二分な前車との比較が主な判断基準になる事をご了承下さい。

八幡平アスピーテラインクラスのアップダウンは前車タイガー(6km/Lくらい)ならオーバースペックなくらい(笑)の勢いで、グワァーーっと登れました。多分一般的な普通車より早かったと思います(爆)でも、車体がアルファの倍くらい重かったので下りはかなりの加速。しっかり制御しないとカーブが怖い&エンジンブレーキがイカれそうな感じ でした(笑)

今回のアルファ(12km/Lくらい)での走行は、アスピーテでの登り下り程度ならほとんど問題を感じませんでした。あれだけの大荷物積載でも後ろに行列ができる(^^; ようなトロトロ走行にはなりませんでしたよ(時折かっ飛び車に道は譲りましたが(笑))ただ、樹海ラインでの登りはDではちょっと厳しい箇所があり、私の腕だと数回2速で よっこらしょ もありました。下りの加速に関しては、タイガーと比べたら...ほぼ大きめの普通車と変わらないんじゃないかと。一番力不足を感じたのは、一昨年、乳頭温泉側から八幡平へのじんわりじんわりな長時間の登りかな? まぁ小さめの普通車でも同じかと思いますが(笑)
ハンドル制御に関しては、アルファは他の一般的なキャブコンに比べてかなり安定している方だと思いますので、ローリングに関する心配はあまりいらないと思います。

ご質問の 「普通車と同じ」スペックで走行できるキャブコンを見つけるのは、相当困難だと思います(少なくとも今販売されている車種の中では)キャブコンはでっかいシェルを架装してますからねぇ。でもその観点から見たら、アルファはかなり優秀な方だと思いますよ〜(^^)
Commented by 純ちゃん at 2016-09-07 00:06 x
早速のご回答ありがとうございます。

義理の姉が鹿角市に住んでいますので、秋には紅葉見物を兼ねてほぼ一年ごとにアスピーデラインを通ります。
松尾八幡平~大沼ビジターセンター~鹿角市の間、玉川温泉界隈など、「あの道」はだいたいイメージがつきます。
「あの道」をほぼストレスなしに登れるのであれば「合格!」です。恐らくボンゴベースの某キャブコンではストレス満載になると思います。

甘えついでにもう少し質問です。高速道路の磐越道いわき三和ICあたりから阿武隈高原SAまでの「だらだら登り」、東北道国見ICあたりから県境越えの登り、村田ICあたりから菅生SAまでの登り、などは登坂車線に入らないとダメでしょうか?登坂車線必須の場合は80キロキープできますか、走行車線OKの場合は100キロキープできますか?

あとは夏場の「お犬様お留守番モード」および「人間様ご就眠モード」の心配だけです。
犬を車に残して留守にした場合や暑くて寝られない場合など、車のエアコンをかければキャビン内はそれなりに冷えるでしょうか?迷惑度外視でお教え下さい。

30代後半にキャンピングトレーラーを引いていました。今は自分の趣味用に軽ワゴンキャンパーに乗っています。来年あたりから家内1名+コーギー1匹で長めの車中泊旅行に出たいと思っております。
私中心で走りを取るとアルファLE、その他2名中心で居住快適性を取ると某家庭用エアコン+発電機付のキャブコンまで絞り込みました。

今後とも宜しくお願いします。

Commented by salukis_taka at 2016-09-07 09:32
トレーラー牽引経験のスキルがおありなら、アルファの走りはほとんど普通車並みに感じるんじゃないかと(^^) タイガーが乗用だった私がアルファに初めて乗った時の感想は「普通のワゴン車(荷物積載)とほとんど変わらんじゃん。」でした。少なくとも軽ワゴンキャンパーで感じるようなストレスからは解放されますよ〜。

磐越、東北道のご心配の区間では、今まで一度も登坂車線を利用した事はありません。ベース車のメンテさえしっかりやっておけば、そちらのご心配はほぼいらないんじゃないかと(^^)

夏場の車内温度に関しては駐車場所の環境にも寄るので一概には言えない前提でお答えしますと、我が家の場合、後部エアコン非装備なので、一応ちゃんとの断熱材入り&三方網戸&in/outの換気扇&コンパクト扇風機 のみですが、今のところしのげてます(笑)もちろん、酷暑の時は標高が高い所チョイス&駐車は日陰チョイス などの対策はしてますが(^^)

鼻がないワゴン車(^^; 等は、熱を持ったエンジンが車内に影響を与えやすい位置にあるので、長時間走行後の就寝時なぞはかなり厳しい環境になるかと思いますが、アルファはその心配は要りません。& 一応断熱材入り(笑)&コンパクトな車内 なので、家庭用エアコンを装備される予定なら、かなりの効果が見込めると思いますよ(寒いくらいかも(笑))
Commented by salukis_taka at 2016-09-07 09:45
純ちゃんさん
アルファ友の会(@mixi)というのがありましてね(笑)
まだまだマイナーなアルファに前向きな興味のお持ちの方、オーナーさん、納車予定の方(笑)などで "こじんまり" アルファ話をしてます。そちらなら他の方からも参考になるお話がうかがえると思いますし、参加されませんか? もちろん会費(爆)も個人情報の公開も不要です。
Commented at 2016-09-07 14:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< サルサル散歩@洞峰公園 2016 お盆 八幡平キャンプ... >>