カテゴリ:食( 19 )

今年は 花梨(かりん)の蜂蜜漬け

気が付けば しばらく放置 しちゃってましたねぃ。
久々の投稿がわんネタでも温泉でも車でもなく 食ネタ(^^ゞ

ご近所の農産物直売所で花梨発見♪
小ぶりのが三つで¥150_也
今年は 一番簡単な " 花梨の蜂蜜漬け " を作ってみましょ。
f0071412_11341284.jpg
芳香が強くなってくるまで一週間程寝かせ
皮回りの薄い蜜膜をよく洗い流し
f0071412_11352059.jpg
まずは真っ二つ。
花梨は皮が硬い&滑りやすいので要注意。
私はここ、出刃包丁(笑)
f0071412_11455632.jpg
中心の薄皮を剥がして中の種を丁寧に収集。
まんまキレイに洗って出汁袋などで一緒に漬け込むのもあり
ですが、今回は別の用途に使うので、分けて保管。
小振りだったので3つで50g位。
f0071412_1140307.jpg
果肉は7〜8mm幅のいちょう切り。
切ってる間にどんどん酸化してくるので要テキパキ(笑)
ここで「甘酸っぱい香りで美味しそう...見た目林檎じゃん」
とか思ってつまみ食いしないように。不味いし下痢するかも(^^;;
f0071412_11512654.jpg
後は適当なサイズの瓶に詰めて蜂蜜を注ぎ込むだけ〜。
どろどろの蜂蜜が落ちるのにちょっと時間かかります。
何度かに分けて少しずつ継ぎ足しましょう。
上の方、蜂蜜が足りてない様に見えますが、
私流では、天地返し(掻き混ぜ)するので、要このスペース(^^ゞ

ちなみに
口ギリギリまで蜜を入れて掻き混ぜない というレシピもある様なので、
今回ジャム小瓶で試して出来上がりを比べてみる事に(^^)b

4日目には 蜂蜜がサラサラしてきて こんな感じ〜。
f0071412_121333.jpg

この後、空気を遮断する感じにラップを入れこんで内蓋。
冷暗所で1〜2ヶ月。早春には頂けます(^^)

花梨は結構大きさが違うので大体の感じ ですけど、
今回は小ぶり3個の花梨で、
2Lの背高瓶1本 & ジャム瓶小1本分
蜂蜜1リットル弱。あ、蜂蜜は "純粋" で。
[PR]
by salukis_taka | 2014-11-24 12:55 | | Trackback | Comments(0)

ヒマなので...ぶんたんマーマレード

気が付けば
二月、雪記事以外upしてませんでしたねぃ(^^ゞ
完全に冬ごもりモード突入しとりました(^^;;
撮りっぱ画像が幾つかあったので、
まとめてちゃちゃっとupしちゃいましょ(笑)

まずは ヒマだったので、頂きモノの ぶんたん で、
マーマレードなぞ作ってみた話。
f0071412_11291470.jpg
ぶんたん は、皮&白いトコが分厚いので、
果実より、捨てちゃうトコのが多くて勿体ない(^^ゞ
白い もふもふんトコ も、タネもぜ〜んぶ使って、
私好みの 大人&パンチの効いた マーマレードぉ〜(^^)

作り方は、色んなとこに載っかってますから今更ですが
一応、私流ってコトでざざっと(詳しい違いやらは要検索)

今回は、一個分の果実&二個分の皮&タネで
なるたけ糖質制限バージョン(笑)、作ってみました(^^)

白いトコは半分以上取り除くってゆー人もいるし、
なるべく黄色い外皮だけで作るってゆー人もいらっしゃいますけど、
私の場合、あの分厚い 白いもふもふも も一緒に煮ちゃいます。
皮だけでも作れますけど、今回は一個分の果実、入れました。

(1)よく洗った皮&もふもふをなるべく薄くスライス
(2)たっぷりのお湯を沸騰させて5〜10分程度下湯でし、絞る。
  を、三〜六回くらい繰り返して苦みを抜く。
  (私の場合、大人な苦み味が好きなので回数少なめですが
  苦いのがヤな人は、更に一晩真水に浸けておくともっと抜けます。)
(3)2で絞った皮と一個分の果実、タネ(ペクチン抽出用)を鍋に入れ、
  好みの糖類&量で、好みの煮崩れ具合になるまで煮る。
  (ドロッとなってきたあたりでタネを取り除くのを忘れずに)
f0071412_12413141.jpg

目安としては、もし市販と同じくらいの甘さを求めるなら
少なくとも材料の重さの半量分くらいの上白糖が必要です(^^ゞ
私は今回、糖質なるべく少ないバージョンで作ったので、
中位の大きさの果実一個分と二個分の皮に対して、
スプーン二杯分くらいのグラニュー糖と、味見してみて
最低限のスクラロース系人工甘味料で煮てみました。
それでも、十分マーマレードになりましたとさ(^^)

ちなみに
ぶんたんには、最近発芽玄米ブームで注目されてる
ギャバ が多く含まれてるそうなので、美味しいだけじゃなく、
ダイエットの助けにもなってくれそうじゃあーりませんか(爆)
[PR]
by salukis_taka | 2014-02-14 10:00 | | Trackback | Comments(0)

タニタの有機栽培茶PETボトル

スーパーで見掛けて "つい" 購入してしまった(^^ゞ
f0071412_9244243.jpg
大ヒットの金芽米に続いて、
海東ブラザーズとコラボのPボトルシリーズ三種。

海東銘茶 丸の内タニタ食堂の有機黒烏龍茶。
    〃     有機金花プーアール茶。
    〃     有機ジャスミン茶。

これが、流行りの機能系じゃなく、トクホでも無く、
EU、米国、日本の三種、有機認定マーク付き(笑) &
勿論、無添加、無着色、無香料、有機栽培茶葉仕様。
そうそう こっちこっちぃ〜(^^)

タニタやるなぁ(笑)
[PR]
by salukis_taka | 2013-06-04 10:12 | | Trackback | Comments(0)

冬の塩麹作り(^^)

ほとんどのスーパーで普通に売られていたり、
レストランでも塩麹仕込みが売りのメニューがあったり
だいぶ浸透した感のある塩麹。

閑人な(笑)私も、ご多分に漏れず、自家発酵させとります。
四度目、昨日仕込んだとこ。
今年の春頃から作り始めたので、冬発酵は初めて。
f0071412_12565359.jpg

f0071412_12572720.jpg
調整加水したばっかりな画像なんでちょっと水気多めですけど
少し置くともうちょっと吸われます。
ちょっとぷくぷくしてきてたり(^^)

作り方 は...
まぁ検索すれば山のように出てくるでしょうし、
良い仕事してくれる割に肩すかしなくらい簡単♪なので、
人ぞれぞれ、材料にこだわりをお持ちだったり、
塩分量やら水分量やら管理方法やらにお手前があったり、
なので、今更私が書くのもどうか...ではありますが、
とりあえず四度目でだいぶこなれて来たので、
私流、って事で、ざざっと(笑)

まずは 材料
 生の米麹(有機米仕様の麹屋さんのが手に入れば それ) 350g
 塩(あんまし不純物が多くない天然塩があれば それ)  100g
 水(我が家の浄水器濾過水(笑))            350〜450cc

あくまでも 私流の作り方
 1 生麹を、清潔な幅広タッパーの中で&素手で、良くほぐす。
 2 塩を1に入れ、底からひっくり返すようにして丁寧に混ぜ込む。
 3 ぬるま湯(40度程度)を、2に注ぎ入れ、スプーンでよく混ぜる。
   (水分量は麹がひたひたに浸かるくらい。麹の乾燥度で要加減)
 4 半分浮いてるくらいに軽くフタをして、室温で放置。
 5 2時間〜半日くらいでちょっと様子見。
   フタを開けてみて、麹が水を吸い過ぎて水気が無くなってたら、
   少しずつ加水し、再びひたひたにして混ぜ直す。
 6 あとは、1日に1〜2回かき混ぜてならし、軽くフタ。繰り返し。
   (完成までの期間は、気温や麹の元気具合(笑)で7〜20日間位)

   出来上がりの目安は、粒に芯が無くなって粒が崩れはじめ、
   なんだか甘酒みたいな色&香り&見た目になった感じん時。
   舐めると、ほんのりな甘さと旨味を感じたら完成(^^)
   完成後は密閉容器等に入れ、冷蔵庫で保存。

ちなみに 塩の分量はちょっと少なめ。甘口って感じ?
通常、350gだと120gくらいって書いてる人が多いかも。

で、1の幅広タッパーってとこ。
口の狭い縦長の保存瓶なんかに入った画像がupされてるのを
ご覧になる事も多いかと思いますが、私の場合、
発酵進行中はかき混ぜやすい&空気が良く回るタッパー。
もう発酵終了ってとこで狭めの密閉保存容器に移すって事で(^^)b

二回目に作った時、一回目のを使い切っちゃってたんで、
もうちょっと発酵させた方がもっと美味しくなるかも? あたりで、
使いながら発酵継続させてたら発酵が進み過ぎ,,,,,
ある日突然、ヨーグルト味&風味になっちゃいました(爆)
まぁ あれはあれなりに使えない事は無かったですけど、
やはし、程良いとこで発酵停止させといた方が うまし。

3のぬるま湯は、暖かい季節なら常温でも大丈夫。
60度くらいを保つと発酵が早いってのを読んだんで、
そんくらいのぬるま湯で仕込み、温度計で確認しつつ
ホットカーペットで保温ってのをやってみた事あり(笑)

結果、確かに効果満点。 すぐにぷくぷくし始め、
その日のうちにかすかに甘酒のような香りがして来て
一週間もかからないうちに使えるようになりましたが、
温度が上がり過ぎたら麹菌が死んじゃうって事もあり、
こまめにチェックしなきゃだし、しんどい(爆)

そんなに頑張ってまで早く作らなくても...って事で、
寒い時期はぬるま湯で仕込み&暖かめの部屋で管理。
ってとこに落ち着きました(^^)

我が家の北向き台所の出窓 あたりだと、
この時期だいぶ寒いので、おそらく二週間以上。
なので、昨日仕込んだ我が家の塩麹タッパー、
いつも私がいる暖房入り南向き和室で発酵中(笑)
今様子見でフタ開けてみたら、かすかに甘酒の香りぃ〜♪
[PR]
by salukis_taka | 2012-12-10 13:14 | | Trackback | Comments(0)

いきなりですけど もんじゃ焼き

って、ふつー、家ではしないもん?
我が家ではするんですよね。ふつーに(^^;ゞ

お好み焼きの後に かるぅ〜く したりとか。
ビール頂きながらの軽い焼肉(^^ゞの後に したりとか。
食べたいと思ったら、もんじゃだけ2回戦 したりとか。

とゆー訳で、昨日の夕飯はもんじゃ(-"-)b(笑)
(お好みorもんじゃにご飯はつけません(爆)@我が家)
途中、友人から携帯メールが入って、返事ついでに
「今もんじゃ中ぅ〜♪」って書いたら
「えーーっ!家の夕飯でもんじゃは無しでしょ〜!」って。
お好み焼きはokでも、もんじゃは店、だそーで。
.....そーゆーもん??(^^;ゞ  そー言えば、
実家とかよそのお宅で食べた事ってないかも,,,。

ちなみに、今時....って言われれば そー,,,なんですが、
我が家の焼き物@卓上全般、ホットプレートじゃなく
カセットコンロ&厚底平らプライパンで焼いてるんで
火力&焦げ目の付き具合に問題ありません(^^ゞ(笑)
そー言ったら、そーゆー問題じゃないって,,,,(^^;

関東人が、家庭内たこ焼き@大阪の皆さん に
「えーっ?」ってのは 良く聞く話ですが(爆)
それと同じくらい「えーっ?」だったり?...(.°)゛☆\(^^;

ついでに言えば、家では、お好み焼きは山芋都合的に(笑)
市販の「お好み焼き粉」使用。要別途購入(笑) ですけど
もんじゃの生地(タネ)は、自分ちで作るからいつでもok。
粉少ない&好き勝手アレンジ で、軽くイケルし(^^ゞ
例のちいちゃい返しも、ちゃんと持ってます(笑)
[PR]
by salukis_taka | 2008-05-25 10:41 | | Trackback | Comments(10)

大好きな

f0071412_9551948.jpg
これ、アップにしたわけじゃなく、
普通に見下ろして撮れたまんまのノーマル縮尺、
大判まな板乗せても余る調理台いっぱいいっぱいサイズ(笑)
最近は結構 国内栽培も増えてきてるようなので、
小分けされてるのなら見かけた事がある方も少なくないかと。

ターサイとゆー名前の 中国野菜です。
これから2月頃までの寒い時期が旬で、癖もアクもない、
鉄分&カルシウムたっぷりの便利モン(^^)

ずっと前に紹介した江戸崎かぼちゃや、
健康ブームで注目のヤーコン同様、これも茨城の特産物。
近所の有機栽培野菜コーナーがある物産店とかで買ってきます。

黒いくらい青々のツヤツヤ具合といー、でかさといー、
見とれちゃうくらい立派なので(笑)ついカゴの一番上に...(^^ゞ
でも、たいがいの料理法okなので 毎回しっかり使い切り。
我が家のこれからしばらくのキッチン、
同じく大好きな地場モンのレンコンと これ 常備(笑)

ついでに言えば
地場野菜食すのって、美味しい&新鮮な上に、
遠くの産地から運んでこられる野菜達と比べて、
運送&貯蔵の為のエネルギー大幅節約 ...なので
とっても エコ なんだそーです(^^)
[PR]
by salukis_taka | 2007-12-23 10:31 | | Trackback | Comments(0)

栗、まんま分 蒸し上がり〜♪

f0071412_11264798.jpg
まだゆげゆげ〜へ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ
さっそく....ナイル御大チェック(笑)
f0071412_11273354.jpg
ううぅ...ナイルも食べるですか〜...。
一緒だと、スプーンで掘り出すの間に合わないだよねー。
超至近距離真剣目線されてると、落ち着かないし(^^;
でも、せっかくの秋の御馳走だから...半分こ。
f0071412_1059143.jpg

[PR]
by salukis_taka | 2007-11-01 11:32 | | Trackback | Comments(2)

年に一度の栗ご飯

良さげな栗が手に入ったので
2日前からチルド室で甘味増ししとりました(^^)
f0071412_9475121.jpg

で、今、いったん水から沸騰させて放置中。
約半分は、まんま蒸してふつーに頂くですが、
残り半分、鬼皮が少しは(^^;ふやけて鬼皮むき。
次、渋皮もむき。で、塩水に漬けて、やっと下ごしらえ完了。
味付けは、ダシ昆布&みりん&塩 のみシンプル。

ナイルご飯も含めて、我が家は普段、
雑穀&黒米入りの赤いご飯を頂いてるんですが、
この お米の半量餅米で栗ご飯炊くと、とっても美味ヽ( ´ー`)ノ
見た目も豪華栗入りお赤飯風だし(笑)

下ごしらえ、確実に きっぱり "とっても面倒っ"
けど、年に一度は食べたいんだなぁ〜。
[PR]
by salukis_taka | 2007-11-01 10:36 | | Trackback | Comments(0)

男前なマブ

前述のオータニさん、近所では見掛けられない男前ずらっと。
ついつい現地では食べきれないくらい購入....お土産豆腐(^^;ゞ
その中で、初見の オボロドーフ「マブ」 ピックアップ(笑)
f0071412_850383.jpgf0071412_8501751.jpg
「マブ丼」ヨロシク とゆーことなんで(笑)
昨日の夕飯で頂きました(-"-)b<オンザシロメシ
感想「おぉ〜〜♪こりゃ ご飯のマブだわー。」

基本の「男前豆腐」は、美味しい&手頃だけど
絹好きの私には、やっぱりちょっとしっかりし過ぎ(^^;
なめらか系 の男前達は、とろとろ濃く濃くで美味だけど、
お豆の香りや甘さが有り過ぎたりで(笑) お醤油じゃキツすぎ。
まんまおつまみだったり、卵豆腐のタレくらいの出汁醤油だったり、
いっそ黒蜜きなこ..なデザート扱い(笑)くらい だったりで
"御飯のおかず" としては イマイチ だったんですよね。

マブ
ぱっこんと出してみたら、カップまんまで崩れなかったんで
私のおぼろ豆腐的には「あれ?」な堅さかぁ〜?...
と思ったけど、軽く崩して御飯に乗せてみたら、
お箸ですくって食べるのにちょうど良い具合の柔らかさ(^^)
お醤油も浅葱トッピング(白ネギじゃキツいかも)も合う〜♪
& ワンカップで2人分マブ丼ちょうどの量。
近所のスーパー回って探さなきゃ〜〜(((( ^^)
[PR]
by salukis_taka | 2007-10-06 09:59 | | Trackback | Comments(0)

江戸崎南瓜(かぼちゃ)のパンプキンスープ♪

f0071412_1016369.jpg

毎年この時期作りたくなるスープ♪
ことしはいつもの年よりちょっと遅い気がするけど
やっぱり作りました(^^)

昨日の夕食はホットで。ついさっきは冷製で。
どっちも んまかったーーへ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ

特にお客様用とかじゃないので
皮ごと&バーミックス粉砕オンリー裏ごし無しで簡単調理(^^)v
材料も、南瓜、タマネギ、スープストック、ミルク、と調理料&
好みでちょびっと足してみれば?の香辛料のみ。
σ(^^) は 気分でローリエと クミンとか シナモンとかそんなん。
高級レストランののよーな、なめらかさと美しい色が自慢...とか
そんなんじゃないけど、田舎風の素朴な感じ(モノは言い様(爆))

どっちでも美味しく飲めるコツは、動物性の油を使わないこと と
(自家製チキンストックは、一旦冷やして固まった鶏脂を除くとgood(^^)b)
冷製んとき、ちょっとミルク足して再粉砕でなめらかにする だけ。
生クリーム使えばコンソメのキューブでも美味しくできるし。

σ(^^) 的に一番重要なのは...南瓜の品種。
そ、江戸崎南瓜 (-"-)b(笑)
この南瓜、地元周辺江戸崎の特産物(一応ブランドもん(笑))で
有機系の肥料&完熟収穫が売り、の、ぽくぽく甘々♪
他ので作った事もあるけど、何だか水っぽくなっちゃったり
ねばねばっぽかったり(笑)甘味が足りなかったりイマイチ。
この南瓜なら、煮付けも水無し&レンジで 十分 うんまいのさー。
ナイル御大も、レンジでチンのほくほくかぼちゃ、大好き♪

ここでいきなり 茨城豆知識っ(爆)
ポティロンの森って知ってる?(笑)
ここもかぼちゃと同じ@江戸崎←茨城県南地域
農業公園とゆー、他ではあんまし聞かないコンテンツ(^^;の公園ですが
大きめなドックランがあるんで、関東のわん飼いは結構 既知かも(^^ゞ
そこのシンボルマークに使われてるのが この かぼちゃ(^^)b
なので 販売時期中は、入り口横の売店で買える.....と思います(^^ゞ
[PR]
by salukis_taka | 2007-07-21 11:06 | | Trackback | Comments(0)