カテゴリ:節電&ECO( 4 )

このところ 太田さん家の手づくり洗剤

久しぶりにグッツ話(^^ゞ
気付いてみれば、なぜだか何となく(笑)
洗剤系にこだわっちゃってるみたい。

ボディーソープ&シャンプー は
たぶん2004年くらいから、オメガニュートリジョンの
ナチュラル シャンプー&ボディソープ
有機栽培オイルベースの液体石鹸。
f0071412_10404942.jpg
頭から顔、全身、洗えちゃえるので
とっても便利&お風呂場すっきり(笑)
もちろんナイル御大もイルくんもこれでシャンプー♪
なんとお野菜も洗えちゃうとゆー優れモノ(^^)b

ハンドソープも同メーカーの固形石鹸、
レインフォレスト オメガソープ 愛用。
こっちでも全身洗えるんだけど、
全身分をこしこし泡立てるのが面倒なので(^^ゞ
主にちゃちゃっとの手とか顔洗いに使用。

台所では、このところ3年くらい、固形の、
シロン石鹸(有)製造 太田さん家の手づくり洗剤。
(発売元:株式会社京都はんなり本舗) 700g
f0071412_11293425.jpg
最初、手がカサカサ or ひりひりしない &
木製のまな板やお椀、お箸、漆器、
素焼きの器や土鍋なんかでも気にしないで使える洗剤、
...とゆー事で探して、いくつか試してみたけど、
結局これが一番(^^)b

洗剤の割にお値段はいいけど、長持ちするし、
なんと言っても使用感。他のとダンチ(笑)
洗浄力が高いのに、泡切れが良く、
臭い残りも無いし、お肌もつっぱらない♪
これも野菜洗えちゃうけど、スニーカーも洗える(爆)

今はこの700gのパックを4センチくらいづつ切り出して
ちょうどいい大きさの容器に入れ替えて使用(^^)
うちは2人家族&キャンプ習慣の"まず拭いて"洗い(笑)なので、
半年以上保ちますし〜(ちいちゃいお試しサイズも有り)

以前と違って、取り扱ってる店舗が増えたので
検索すると上記2箇所のリンク先直売より、
ちょっと割安で購入できたりもする様になりました(^^)

ちなみに
手肌に優しいモンは地球にも優しいわけとゆーで(^^)v
[PR]
by salukis_taka | 2013-07-04 12:19 | 節電&ECO | Trackback | Comments(0)

ふつうに使わなくなった家電3:エアコン二台

小さいながらも一戸建てな我家。
リビングに12畳用、一階和室に8畳用、二階洋室に6畳用と
三台のエアコンがついてます。
でも、稼働するのは、一階和室の一台だけ。
しかも真夏の、屋内温度30度越え日中限定。
で、他の二台はもう何年もコンセント抜きっぱなし(^^ゞ

もちろん、冬は一日中日当りが良い南向きの高台で、
夏は爽やかな涼風が吹き抜け...みたいな
素晴らしい立地に恵まれている....訳ではなく(笑)
三方を住宅とアスファルトに囲まれた住宅街の中。
しかも前庭の半分位を占める駐車場はコンク張り(^^;

んでは寒いときや暑い時はどうしているのか?
基本は、猫まね(笑) つまり、家ん中でいつもいーとこ(笑)に陣取ってる猫のように、家ん中、冬は日向を追いかけ、夏は涼風求めて移動(爆) 冬は南向きの和室が暖かいし暖まりやすい。
夏は天井高目&窓が多いフローリングのリビングが涼しい♪
(但し、要わんこ脱走防止柵(爆))

部屋環境が基本なので、
京都の町家方式を学びたい(笑)くらいの感じで、
夏と冬のがらり模様替え必須。

それでも足りない分、
冬は、厚着、灯油ストーブ、オコタ、オイルヒーター。
夏は、網戸、扇風機、打ち水、等々でフォロー(^^ゞ
今年は二階の窓外に、蔓モノでも育てようかと。

幸い、留守時間ほぼなし暮らしと、東の道路側に植わってる、二階窓から切れる(笑)月桂樹と金木犀(両方常緑樹)、南側のコンクリPと犬走り間の、増殖力旺盛な植物達にも助けられて、毎年乗り切れてます。
ま、汗かくのも嫌いじゃないし、部屋出たら「寒っ」の冬の薄着も心細いとゆー、昔の人?なタイプでもあるんですが(^^ゞ

クーラーあるのに つけないのはなぜか?
環境問題が とか、ポリシーで とか、節電で とかじゃなく、ただ単に、あの、ぶわぁーーっと吹き付けてくる乾いた温風(なのでファンヒーターも含)や、足下や肌の表面が冷たくなる冷風がどうにも好きになれない&三日も続けてつけてると体調が悪くなるから。
で、ふつうに使わなくなった家電入り(笑)
せっかくつけてくれた連れ合い、すまん(^^;

ナイルくんが10歳になるまでは、
唯一稼働のクーラーも、一夏に数える程しか使ってなかったので、今年から又その頃の使用状況に戻る予定(笑)
[PR]
by salukis_taka | 2011-03-31 19:34 | 節電&ECO | Trackback | Comments(0)

我が家的 ふつうに使わなくなった家電 2:掃除機

1で書いたように
我が家には炊飯器がないんですが(^^ゞ
まだ、普通あるだろ....でも我が家にはない が。
掃除機(爆)

正確に言うと、もしもの粉こぼしとか灰こぼしとか用に、水も吸えるハンディタイプ、とかいうのは持ってるんですが、過去六年で、多分二回しか使用した事ありません(^^ゞ

じゃ何で掃除してるかというと
 箒(ほうき) (-"-)b
参考までに[Wikipediaの箒ページ]

上のリンク先にある土間箒や手箒、庭箒あたりはお持ちの方も多いかと思いますが、昔どなたの家にもあった筈の長柄の座敷箒は、あんまりお持ちじゃなかったりしますねぇ。
でも我が家ではもう5年くらい、これがメイン(笑)
元々はナイルが掃除機嫌いだったのと(目の敵にしてた(^^;))
持ってた掃除機がしょっちゅう目詰まり→吸い込みが悪かったりや、二階と一階の持ち運びやあちこちぶっつけながらの引きずり回し状態(^^;が嫌だったりやで、補助の目的で購入したんですが、使ってみると、これがいーんです(^^)
具体的にどう良いかというと

静か 畳や木材が痛まない メジ埃もかき出せる
熱を持たない とにかく手軽  電気を使わない

初めて長柄の座敷箒と細かいトコ用の手箒を使って和室全体をしっかり掃除した時、見た事ない(^^; ホコリやチリがごっそり(爆)出てきて、我が家の掃除機のいい加減さに驚いたもんです(笑)

じゃ絨毯は?
我が家は元々犬猫飼いなので、とうの昔に排除済み(笑)
それでもマルチカバーやらオコタ布団やらおクッションやらの布モノが沢山ある訳ですが、これらは全部、洗えるもんは洗う&洗えないもんはポンポンして洗えるカバー(^^ゞ

じゃフローリングは?
私は決してスローライファーだとか極端な自然に帰れ派とかじゃありませんので(^^ゞ まずチリやゴミなんかを箒で掃いて、今時なクイックルワイパーで仕上げ拭き。
メジに詰まった細かいホコリは箒で綺麗に掻き出せますし、ふわふわ逃げる綿埃や掃けない程細かい砂なんかはクイックルワイパーの方が得意なので。

座敷箒を使い始めてから知った事が一つ。
私の住んでる地域のすぐお隣、最先端の研究施設等で有名なつくばには、昔から有名な名産品がありました。
つくばほうき(大穂のほうき)の紹介ページ
地元の職人さんの手作り座敷箒.....いいなぁ。
検索してみたら、流石に良いお値段してました。
私の欲しいモノリスト入りしてます(^^)

これで掃除に使う電力も、まんま節電(^^)v
[PR]
by salukis_taka | 2011-03-29 12:42 | 節電&ECO | Trackback | Comments(0)

我が家的 ふつうに使わなくなった家電 1:炊飯器

茨城県南部の我が家付近では、
まだ毎日のように、ふわふわ...っとの揺れてる? から
前触れなしのズズズンっ...まで、余震が続いてます。

先日、友人が、キッチンに立つのが怖い、と。
調理中のキッチンは、この手に包丁...からはじまって、あちこちにガラスやら瀬戸物やらの割れ物、ガスの炎(IHを除く)、ぐつぐつ沸騰したお鍋、カンカンに焼けたフライパン、はてはカラッと揚げてくれる(^^; 高温の油まで...言わば凶器と化す危険物がそこいら中にある訳ですから....もし今大きいのが来たらと思うと怖くてゆっくり調理なんかしていられない と。さもありなん。
私も炒め物最中のズズズンっ...は流石に結構焦った(^^;ゞ

大地震直後はライフラインが復旧した後も、何となく食事に手間隙かける気にならず、ぱぱっと食べれるモノだったり、あまり手間がかからないモノばっかり...だったんですが、そんなメニュー続きだと流石に"食卓が荒む(すさむ)"(^^ゞ そこで大活躍がこの、沸騰したら数分で(何を作るかによって1〜約10分程度)火を消して外鍋に入れ放置。と、最低限の時間で火を消せる保温調理鍋
f0071412_10245282.jpg
サーモス社製 サーマルクッカーPRA4500
煮物、シチュー、カレー、おでん、煮込み、汁物....
とにかく「鍋で煮る料理」なら何でもok。焦げ付かない&ほとんど煮崩れしない の おまけ付き(^^)v
画像は昔購入したアウトドア仕様(キャリングタイプ)4.5Lモノで既に廃盤になってますが、未だ現役。一般的にはシャトルシェフという名称で、1.6L〜8Lモノまで、普通に売られてます。
サーモス社公式サイトサーマルクッカーページ

別の意味でもお役立ちなのが、
ご飯炊き専用に追加購入した これより小型な3L。
容量的には4合炊き(ギリなら4合半(笑))もちろんおかゆから炊き込みご飯まで、オールクリア。実は 我が家、コレでご飯を炊くようになって数年、炊飯器使ってません(^^ゞ や、使っていないというより...正確にはもう持ってないんですが(爆)

炊き方は簡単。
普通のご飯なら、米と水同量で火にかけ、沸騰したら吹きこぼれない程度の弱火で5〜8分(二合なら5分4合なら7分位)。後は外鍋に入れて15分くらい放置。我が家的目安としては、だいたいお味噌汁を作る間くらいで外鍋に移せる感じ。水量や時間がちょっとくらいアバウトでもほとんど失敗なし(^^)b

うちの母の様に(笑) 保温調理鍋 という名称で勘違いする方はそう多くないとは思いますが "調理したモノを保温する鍋" じゃなく "温度を保って調理する鍋"です。が、とにかく"保温鍋"ですから(笑)調理後も数時間暖かいままで時間差食事も問題なし。
ただ、電気で保温している訳じゃないので、そのうち冷めてきます<魔法瓶的ペース(笑) 翌朝頂く場合はレンジで軽くチンとか、翌日以降食べるならラップして冷凍→チン。とかですが、過去の炊飯器利用経験から(笑)長時間炊飯器保温しといたご飯は美味しくないので ◯ (今流行の高級炊飯器だと当てはまらないのか?(笑))

とゆーわけで、コレで、
時間がかかる料理なのに短時間で火を消せる。
だけでなく、
炊き上げ&保温分の電力、まるっと節電(^^)v
[PR]
by salukis_taka | 2011-03-28 11:00 | 節電&ECO | Trackback | Comments(0)