カテゴリ:キャンプ&温泉( 136 )

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part4

2017、私のゴールデンウィーク!

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part3 の続き

2017.05.05
最終日もやっぱり快晴(^^)
吹上高原キャンプ場最後の朝食。
f0071412_22105200.jpeg
残りモン、生ハムとチーズのホットサンド。
珈琲後、グッツ類の手入れをしながらのんびり撤収。
規定時間(13:00)より早めの11:00頃チェックout。

帰路につく前に、今回の鳴子温泉郷最後の立ち寄り湯(笑)
f0071412_22163395.jpg
初日に書いた緑の湯の西多賀とセット(笑)の東多賀の湯。
f0071412_22175965.jpeg
ほら本当にお隣りさん。
これは東多賀の湯の駐車場からの画像。
東多賀の湯は西多賀より ちょっと新しい&ちょっと規模が大きい 湯治宿で、浴場前に小さい休憩室も有り。
泉質は含硫黄・ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・炭酸水素泉(硫化水素型)。先客がいたので浴場画像無し。上記リンクの公式サイト動画参照(笑) 板張り&木造浴槽で硫黄臭の白濁。今回入った硫黄泉の中で一番素直な(笑)硫黄泉といった感じの湯感。若干の粉っぽさはカルシウム? 温度も我が家好みの高め。43〜45度(湯口下)くらい。最後に期待通りの良いお湯に入らせて頂きました(^^)

ちなみにリンスインシャンプーとボディソープ備え付け。シャワー無し。上がり湯用の湯口から44〜45度の硫黄泉を汲み貯め、シャンプーやらを流す式(^^ゞ 髪のコンディションが気になる方、熱湯苦手な方にはちょっとハードル高いかも(笑)

温泉に関係ないけど....
f0071412_22383902.jpeg
道路端にこんな時代モンの消火栓発見。
現役(^^?

さて帰路。
路肩のデジタル温度計を見ると28度。真夏日(笑)
行きと同じく あ・ら伊達な道の駅 立ち寄り。館内の野菜レストランでランチバイキング @¥1000_也。古川ICから高速乗車。休憩で立ち寄った南相馬鹿島SAはすっかりこどもの日(^^)
f0071412_22481217.jpeg
去年の鯉のぼりは "ひと月旅” の途中、和歌山の海辺で見たんだっけ(^^ゞ このところ鯉のぼりと晴天に恵まれた良い旅がセット(^^) 来年はどこで鯉のぼりを見るのかな?

今年の我が家のGWはこれにて終了(^^)
長文をお読み頂き、感謝 m(__)m










 

[PR]
by salukis_taka | 2017-05-10 11:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part3


2017 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part2 の続き。

2017.05.04
吹上高原キャンプ場3日目。この日も快晴。
9時ごろを過ぎると日陰が有難い陽気。
f0071412_19000222.jpeg
ご新規入場(笑)が落ち着いたところで、鳴子温泉巡り再び(^^)
でもGW中の混雑は侮れない...と言う事で、駐車場に困らなそうな所を残してあったんですねぃ。まずは...
f0071412_19030545.jpeg
中山平温泉 大きくて新しい共同浴場 しんとろの湯。


ご覧の通り共同浴場と言うには立派過ぎる(笑)建物で、道路沿いの入りやすくて広い駐車場完備(^^) 駐車場内に食堂併設の物産店も。

硫黄臭の白濁。なのに強めのにゅるにゅる系。含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉・低張性アルカリ性高温泉(ph9.4)。
露天風呂はありませんが、シャワー・シャンプー・ボディソープ有り(ドライヤーは受付で貸し出し)。90度以上の源泉を木の樋に流して温度を下げているそうで、新鮮な濃いぃお湯が豊富に注ぎ込まれ、とっても気持ちの良いお風呂(^^)
硫黄臭いでお肌つるつるぅ〜♪

お昼休憩後、次.....(笑)
f0071412_19203830.jpeg
オニコウベスキー場 ホテルオニコウベ。


鬼首温泉地区なので無味無臭のアルカリ泉単純泉ですが、ガラス張りの綺麗な内湯。まだ雪を被った山並みを眺めながら、ちょっと優雅な気分で入湯(^^) リゾートホテルなのでアメニティー等も充実。

キャンプ場に戻ってまったり。
イル君も落ち着いてきた様子で平常心顔(笑)
f0071412_19270194.jpeg
後ろに見えてる "2人なのに余分に持って来る3人掛け椅子" は イル君と私のラブラブ用(笑)(たまに来客用椅子にもなるけど(爆))
イル君はラナ内にいる間ずっと私がここに座るのを待ってて、座るとささっと登ってきてべったり...連れ合いに「仲いーんだからね。あんた邪魔。」と言う(爆)

ところでこのキャンプ場の唯一の欠点はトイレ。
収容人数の割にトイレ棟数が少なく、このGWみたいな混雑時、みんなが行きそうな時間帯は並ぶ事に.....。自慢じゃないけど我が家はキャンプ場でトイレに並んだの、初(^^ゞ 次回は静かな平日に来たいなぁと。この広大なキャンプ場をほぼ貸切で使えたらさぞかし気持ちいいだろうなぁ。

さて、今回のキャンプ最後の夕食は、肉やら野菜やらお揚げさんやら余りモン適当に始末(笑) つまみながら晩酌。薪を持ち帰らずに済むよう、焚き火もちょっと盛大(^^ゞ
3日目終了。
Part 4 に続く。









 

[PR]
by salukis_taka | 2017-05-09 10:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part2

2017、私のゴールデンウィーク!

2017.05.03
吹上高原キャンプ場2日目も快晴。
朝珈琲、イル散歩を済ませ、朝食。
f0071412_16393942.jpeg
三連休の初日3日は新規入場者が多いだろ & 混雑のピークかな と言う事で、この日は場内でまったり過ごす事に(^^)
案の定、規定のチェックイン時間前から入場者続々...お昼過ぎ頃までにはあれほどあった空きスペースがどんどん埋まっていく勢い(^^ゞ 平日休みの我が家は、いつも静かなキャンプ場で過ごすことが多いので......
f0071412_16470986.jpeg
最初張り切ってたイル君、ちょいビビり入り。
テーブル下から私に救いを求める目(爆)
これも修行。慣れ給え(笑)

オニコウベスキー場吹上高原キャンプ場は、400組は入れると言う広大な敷地で、故に数に限りがある電源サイト以外は予約受付無し。犬連れサイト有り。場内に日帰り温泉があって、オートキャンプ追加料金なしの一泊¥3000_。しかも連泊割引が大きく、我が家の場合三白四日で¥4300_也。
選び放題だった広大なサイトも3日4日でこんな感じ...
f0071412_17221235.jpeg
f0071412_17223380.jpeg
でも更に受付に長蛇の列。続々....大丈夫かよ〜と思うくらいの入場者をどんどん収容。すごいスケールだぁ(笑) メインの車道から見える範囲の何倍もの敷地。滞在中連れ合いが(笑)イル散歩であちこち回っても端から端まで回りきれなかったと言っとりました。

あ、そうそう、
今回のキャンプ前にDIYしたグッツもちゃんと持参♪
f0071412_17004948.jpeg
ドリームキャッチャーはとりあえずここ(笑)
(アルファ移動中はエントランス横の棚下)
f0071412_17010847.jpeg
革&紙紐 のOD缶(アウトドア用ガス缶)カバー。
テーブル上のちびランタンの缶用に(^^)

日中は半袖でいいくらいの陽気。
この日のお風呂はキャンプ場内の温泉 スパ鬼首の湯。
(アルファ内からの撮影画像(^^ゞ)
f0071412_17304432.jpeg
こちらも鳴子温泉郷の一部で、鬼首温泉地区。
ほぼ無臭無色のアルカリ性単純泉(PH8.3)。あまり特徴はありませんが、さっぱりしたお湯で湯上り後つべつべ(笑) 男女日替わりの設備の整った内風呂と綺麗な山並みが見渡せる露天風呂有り。気持ち良く入浴&シャンプー(笑)できました。シャンプー・ボディーソープ・ドライヤー・扇風機(笑)・休憩所有り。キャンプ場宿泊者割引で大人¥450_....がー、なぜか私はスノーピーク会員割引適用(爆)で更にお安い¥210_也。

夜はお楽しみ♪ 取り寄せマグレカナール(仏産のフォアグラ鴨のお肉)で鴨しゃぶ♪
f0071412_17515122.jpeg
前回デビューのコルドンブルーココット、ここでも活躍(笑)
保温性が高いので一気に温度が下がらずgood(^^)v
この時期のもう一つのお楽しみ、野生のセリ。
間に合いました。た〜んまり(^^)
f0071412_17573464.jpg
もちろん〆の卵とじ雑炊も...んっまー♪
後は
f0071412_17585091.jpeg
ラナ内の照明をちょっと落として
焚き火などしながらまったりと夜は更ける...(笑)
流石に高原。朝晩はフリースやライトダウンあたりが丁度良いくらいの気温。昼間の暖かさで甘く見た(^^;キャンパーさん達、トイレに行くにもタオルケットなぞにくるまって凍えとられました。この時期に行かれる方は要注意。
2日目終了。
Part 3 に続く。









 


[PR]
by salukis_taka | 2017-05-08 18:09 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part1


2017 05.02〜05.
今年のGWはずっと前から気になってた
吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り、三泊四日。

出発は連れ合いの仕事帰りを待って、ついたち22時半。
東北方面に向かう時は、常磐自動車道友部JCT→磐越→東北道で行く事が多いんですが、今回は、初めて常磐高速下り一本一直線(^^ゞ 後は東北道までまんま細かい乗り継ぎの....仙台東部道路→北陸自動車道→仙台北部道路→東北自動車道。時間帯&コース取りのお陰でサックサクの混雑知らず(^^)
途中、南相馬鹿島SAで仮眠。

2017.05.02. 朝7時半SA発。
さっわやか♪&見事な五月晴れの中、右手遥かに海、左手にこんな山々を見ながら気持ちよーく走行。
f0071412_10335316.jpeg
吹上高原キャンプ場最寄りIC、古川→
立ち寄り。ちなみに"あら伊達"は、正面の駐車場より建物右側から回り込む裏っ側の南(?)駐車場の方が広くて景観良好。大型スペースも有り(^^) 裏にも入口があるのでそう遠くはなりません。

国道47号から二年前開通の108号花渕山バイパスを通り(15分くらい短縮されたらしい)鬼首スキー場方面へ。途中こんな...
f0071412_10501408.jpeg
素敵な風景を眺めつつ...
9:30着(チェックinはアバウト(笑)9:00〜)
キャンプ場受付は、レストラン併設のセンターハウスと場内日帰り湯 スパ鬼首の湯 の間を抜けた左側の掘っ立て小屋(^^; プレハブで、混雑期以外はセンターハウスで受付するそー。我が家が現着したのはGW中日の平日2日。+早い到着時でまったり受付できましたが、午後若干混み始め...翌日3日は早朝からこれでもか!まだ入れるのか!(^^;ゞというくらいの大行列。

想像していたより更にひっろ〜〜い!場内の左奥ペットエリア(年々広がってるらしい(笑)) 仕切り無しの完全フリーサイトで我が家チョイスはここ(2日の朝はまだ選び放題(^^ゞ)
f0071412_11124682.jpeg
ラナ越しの風景、こんな感じ。
f0071412_11150782.jpeg
見れば...この時は空いてましたな〜(笑)
一通り設営が完了したところで、ぱぱっと昼食済ませ...
f0071412_11175444.jpeg
鳴子温泉 湯めぐりチケット 持って、早速日帰り湯(^^)
鳴子温泉郷詳細は上記リンクをご参照頂くとして(笑)先ずは
古来湯治旅館西多賀。
五地区からなる鳴子温泉郷のメイン、鳴子温泉街。同区内でも複数の泉質を楽しめるのが特徴の一つで、隣り同士でも全く違う泉質の東多賀と西多賀がその代表格。一度くらいじゃ全湯制覇(爆)無理は承知...ですが、初鳴子の今回、この二湯はぜひにと(-"-)b
まずは西。たまたま貸切時間があったので.....
f0071412_11330789.jpeg
硫黄臭&モール臭&ちょい白濁の深緑色。
硫化水素泉。細かく言うと含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩・硫化塩泉・低張性中性高温泉(笑) 有名なお湯ですが、古来湯治旅館の名通り、自慢のお湯とケロリン桶(^^)以外何もない(笑) 古い共同浴場を思わせる小さな浴場で、三、四人でいっぱいといった感じ。お世辞にも立派とは言い難い造りですが、43〜45(湯口下)度くらいの濃いぃお湯が滲みました〜。日によって濃くなったり白っぽくなったりと色が変わるそう。この日は緑が深かった。鳴子の中心街じゃなく川沿い道路に面した旅館なので、駐車場に入れやすいところも(^^)v

次は(笑)思い切って鳴子温泉中心街に分け入って...
f0071412_11542878.jpeg
駅前有料駐車場in。
観光客用無料駐車場が一ヶ所あるけど遠かった(笑)&混んでたんでパス(^^ゞ 鳴子中心街は道幅が狭く、ちょっとした up doun や踏切がある古い温泉街といった風情。路肩駐車も見掛けたので、大きなキャンパーは立ち入り困難かも。勿論アルファはok(^^)v

駅前有料駐車場は30分まで無料+30分追加毎に¥100_ で、のんびりしてもせいぜい¥100〜200_。&台数多め(画像でアルファを停めてるのは立体の2F一番奥)
f0071412_12044041.jpeg
で、名高い 共同浴場 滝の湯。
駐車場2Fから裏路地を抜けて数分。温泉神社の下。
風情あるヒバ造り。酸性含明礬・緑礬-芒硝硫化水素泉・低張性酸性高温泉。硫黄臭の白濁湯で酸っぱ系。大きな丸太をくりぬいた高い樋からだーだーと湯が注がれ、明り取りから柔らかい光が差し込み、とても気持ちのいいお湯でございました(43〜44度くらい)

濃いぃ二湯を満喫し、買い足しを済ませキャンプ場へ。
付近に大きなスーパーはないので(一つあった小さいスーパーは潰れてた)鳴子温泉街付近のコンビニか、オニコウベスキー場を降りてすぐの小さな商店 鬼っこ、同じくオニコウベスキー場分岐にある 個人商店 山の幸直売 大久商店、裏技的に湯治客相手の食材屋さんでしか食料調達不可。コンビニが何でも屋さん的存在で、都会店(笑)と違って品揃え豊富。ちなみに我が家は 山の幸直売 大久商店 さん で、地元の皆さんが採ってきた新鮮な山菜色々購入(^^) 野生のセリ、アク抜き済みワラビ、コシアブラ、たらの芽等、どれも滋味溢れる濃いぃ味と香り♪春の山の恵み、堪能(^^) タイミングが良ければ熊肉や猪肉なんかもあるそう。

さて、キャンプ場。
周りが少し入ってきたのでアルファの駐車位置を移動。
f0071412_12280962.jpeg
見える?ラナの上に山桜が咲いてます。
思わぬところで 桜の下でキャンプ 叶ったわけで(^^)v
下は3日の大混雑な受付付近画像。
濃いピンクの八重桜も満開でした。
f0071412_12303696.jpeg
翌日からの混雑を見越して2日に入って良かったねー...と言いつつ、早めの手抜き焼き物夕食&乾杯。
大満足で1日目終了(^^)
Part2 に続く。








 





[PR]
by salukis_taka | 2017-05-07 11:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017お花見 & アルファなキャンプ@ならここの里

2017.04.03(月)夜発〜04.06(木) まで、静岡掛川の ならここの里 で、お花見 & キャンプ、してきました(^^)
ご一緒頂いたのは、アルファなお仲間 mismisさんご夫妻。

我が家は月曜夜、連れ合いの仕事帰りを待って夜十時過ぎ出発。
ちょっと頑張って一時過ぎまで走って(笑)沼津越えの富士川SA、ここいらから富士山見えた気がする...の、スタバ近くPで泊。
ちなみにこの右側、富士川SA奥のトイレ側駐車スペースはゆったりできていて、P泊にうってつけな感じでございます(^^)

翌朝六時ちょいすぎ起床。快晴。そして....
f0071412_16085975.jpeg
どんぴしゃ 目の前 富士山♪
ついでにその手前の早咲きの若い桜(^^)
開店の七時を待って.....
f0071412_16114338.jpeg
富士山観ながらスターバックスモーニング(笑)(フロントガラス、ちょっと曇ってるけど...(^^ゞ)
この富士見台の裏側がちょっとした公園になってて、わんこのお散歩にも困りません。本当は新東名森掛川ICが、ならここの里最寄りICなんですが、この風景と市内での買い出し目的で東名掛川ICの方をチョイスしたんですねぃ(^^)b

抜群朝食に気を良くし、掛川までさくさく走行。
市内の大きなスーパー、しずてつストアで買い出し →
ついでに(爆)『倉真温泉 真砂館』で日帰り入浴。
f0071412_16295080.jpeg
11時からの日帰り入浴一番乗りで、貸切(^^)v
f0071412_16305901.jpeg
倉真温泉は鄙な数軒の温泉宿があるだけのこじんまりした温泉地で、単純硫黄冷鉱泉。真砂館はたぶん中で一番二番の旅館だと思われます。微かに黄緑がかった湯で、ちょっとヌルツル系。リニューアル間もない浴場がとても綺麗(^^) 丁寧に応対して下さった女将さん?が何度も「1時間でお願いします。」「1時間ですので」と仰ってたのが耳に残りましたが、何故か浴場に時計がなかったので何となく気が急いてしまったのがちょっと残念(^^;ゞ

早起きの現地入り1時(チェックin開始時間)...をゆっくり使って(笑)ようやくならここ向け。山道を登ってぐんぐん山中に向かうと川沿いの小さい村落の中にならここの里発見。ならここの里 は、第三セクター運営のキャンプ場で、場内に日帰り温泉施設あり。
川沿いの200本の桜並木の下でお花見キャンプができる...ということで、週末の桜まつり三日前にチェックinしたんですが.....今年の静岡は、何と22年ぶりと言うくらいに桜の開花が遅れてる....らしい。茨城から出発して首都高沿いに見えた満開の桜、神奈川あたりの見頃の桜、静岡に入って...あら?どんどん蕾に戻ってない?掛川市内あたりからますます蕾が増えてきて...川沿いの道、ならここの里が近づいてくるに従ってわちゃ〜あんまし咲いてないね〜(^^ゞ
が、受付棟の後ろあたりは日当たりが良いらしく...
f0071412_16545428.jpeg
お〜良かった〜♪
f0071412_16571666.jpeg
f0071412_16575374.jpeg
f0071412_16582471.jpeg
今回は上記画像の綺麗に桜が咲いている場所がキャンプサイトと離れていたので、桜の下でキャンプ...は叶いませんでしたが、22年ぶりの開花遅れは想定外。でもお花見はちゃーんとできました(^^ゞ 陣取りして下さったmismis家、悩ませてしまってすみません&ありがとうございましたm(__)m
f0071412_16001108.jpeg
アルファ2台♪
キャンプ場は、初日にディキャンプ1組、お昼時にお花見ランチ宴会??1組来ただけで、ほぼ貸切。のんびりできました〜。
f0071412_17053655.jpeg
手前が我が家の OGAWAドームシェルターLANA(ラナ)
奥が mismisさんちのQuechua(ケシュア)リビングスペースタープ
真ん中が焚き火スペース(^^)
f0071412_17130373.jpeg
明るいうちは焚き火がまだおとなしい(笑)
夜ご飯の画像はないけど、この火でmismisさんちの肉祭り(笑)やら、我が家の"分厚いにもほどがある椎茸"(爆)やら海老と茸のアヒージョやら。

翌朝の朝食は
f0071412_17184255.jpeg
がっつりパワーサラダやらハムエッグやらスープやらパンやら。
そうそう、朝起きると連れ合いの椅子にこんなモンが
f0071412_17205959.jpg
見える? 形状から見て、たぶん夜のうちに偵察に来た "たぬき" じゃないかと(笑)でもテーブルの上にもシェルター内にもご馳走は置いてなかったので実害なし(^^)v
f0071412_17235972.jpeg
朝から こんな吊り橋を渡ってお風呂に行ったりします。
川向こうにちょっと寂しい桜が見えますねぃ(^^ゞ
結構長い吊り橋なので一番後ろから行った私、ぐらんぐらん(笑)
降りた後もふわんふわん(爆) 嫌いじゃないけど(。゜)"\(^^;;

まったりしてるとあっという間にお昼(笑) 朝ご飯ががっつりだったので、ちゃちゃっとサラダとアヒージョの残りオイルで作ったパスタで済ませ、焚き火を眺めながらのコーヒータイムやらやら。

で、またまたまったりしているうちに....夕食タイム(爆)
f0071412_17271252.jpeg
こんなぐるぐるソーセージやら
スパムおにぎりやら、お肉祭り第二弾(笑)やら
締めに
f0071412_17272659.jpeg
連れ合いに内緒で買った(笑)ル・コルドンブルー・ココット(無水調理が出来る鋳鉄ホーロー鍋)で、なんちゃってロールキャベツ。
なんちゃってなので一個一個巻いたりしてません。芯側から握りこぶし大にくり抜いたキャベツに、ロールキャベツの中に入ってるっぽい具を押し込んで、コンソメとプチトマトで1時間煮ただけ〜(^^ゞ これを包丁でケーキみたいにカットして食べる(笑)

最終日朝、チェックアウト時間が早かった(10時)のと、早朝降ったにわか雨でバタバタしましたが、二泊のんびりご一緒できて楽しゅうございました(^^)また次回ご一緒できる日を楽しみにしとりますぅ〜(^^)/>mismisさんご夫妻


P.S 帰路、我が家が近づくにつれ、桜が満開になっていくのにワロた(爆)うちがいなかった三日の間に地元の桜、ほぼ満開(超爆)










 










[PR]
by salukis_taka | 2017-04-08 17:45 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(2)

圏央道茨城区間全線開通! さて首都高越しの温泉へ! Part2

開けて3月1日(水) 五時半起床!
ほったらかし温泉 ご存知の皆様ご承知の通り(笑)
日の出1時間前(月によって時間変更有)開湯のほったらかし朝風呂に入る為の早起き(-"-)b

3月1日から『あっちの湯』工事完了&オープン時間5時半に変更....なので、もうちょっと早めが正しいところ(笑)ではあるでしょうが....つい前日まで6時オープンだったんだし、まぁ間に合うだろうと(笑)....が、せっかく早起きしたのに残念ながら空いっぱい分厚い雲....とりあえずイルちっち....とアルファを出てみると、日が登る方向の山頂あたりの雲の切れ間、うっすらと曙色が漏れ出てる.....
うぉっつ!もしかしたら雲間から見えるかも!
さぁ急げーっ.....((( ^^)ゞ

間に合いました。
分厚い雲と山頂の隙間から放射状に差し込む曙。
山頂の細い隙間から顔を出す黄金色の太陽。その後、まるでナウシカのズボッと入れる雲みたいな雲海が東雲色〜淡い虹色〜真珠色へと刻々と変化しながら流れていく神秘的な空模様....ため息もん。
もし申し分なく晴れてたら、きっとこんなに神秘的な朝日は拝めなかったんじゃないかと。早起きの価値十二分。
有り難や有難や。思わず合掌(^人^)

Part1同様、浴場内は撮影禁止なので(ここは公式サイト参照...じゃなく(笑))そのちょっと後の階段下のあっちの湯の屋根上画像(^^ゞ
f0071412_11113903.jpeg
ちなみに、ご存知の皆様には今更なお話ですが、もしお天気に恵まれたら、前日に入った『こっちの湯』は眼下の街並みとその向こうの山脈の上に富士山の頭。&右側の山に隠れていく夕日。『あっちの湯』は、富士山は見えないけど街向こうの山脈の上から登る朝日が見えます。泉質も微妙に違って、あっちの湯の方がちょっとヌルリ感多め(^^)

頂いたチケットでゆっくり朝風呂を満喫させて頂いた後、笛吹川フルーツ公園Pに戻って朝コーヒー&軽い朝食→公園内散策
夜、綺麗にライトアップされてた
f0071412_11224839.jpeg
わんぱく広場とフルーツ広場のグラスドーム。
季節的に フルーツ公園なのにフルーツはありませんでしたが(笑)
f0071412_11230406.jpeg
儚げな白梅や各種紅梅が見頃でございました(^^)

さて出発。
予定ではこの後ワイナリーにでも寄ってお茶を濁して(笑)帰ろうと思ってたんですが、お天気も気分も良かったので、以前から通ってみたかった雁金みち(勝沼から秩父方面に抜ける国道140号)を通って、圏央道にアクセスしてみる事に。
途中沢山ある道の駅にも寄ってみるでしょう(^^)

一つ目の道の駅は、雁金みちを20分程の 『花かげの郷まきおか
旧室伏学校校舎や綺麗な公園併設、すぐ近くに市営の日帰り温泉施設がある....と聞いていたので、ここで少しゆっくりしようと思っていたのですが.....閉まってるし...水曜定休,,,,,,(; ;)

仕方なく次の20分ほど先の『道の駅みとみ』へ。
教訓を生かしてちゃんと調べ、定休日は火曜だからね....と
到着っ....何故かここも閉まってるし.....なぁぜぇ〜(; ;)

もはや御来光の御威光(??)も消え失せたか.....
さようなら山梨県。
私達は雁金トンネル潜って立ち去ります...(。゜)"\(^^;;

雁金トンネルは、昔、国道乍ら自動車では通行できず登山道で越えねばならなかったという、難所雁金峠の下を抜いた長ぁ〜いトンネル(一般国道山岳トンネルとしては最長の6.6km)で有料道路。
一時期無料通行期間を設けてましたが、現在通行料¥730_
実際通ってみると、そりゃそりゃ長かったっす。ずずぅ〜〜っと緩やかな下り。平日の午前中だったからか行き交う通行車両もあまりおらずちょっと不安になってくるくらい(爆)

トンネルを抜けると「路面凍結注意」の看板があちこち。
で、いくつかのダムを横目に通り過ぎ、積み石で堰き止めたロックフィルの広瀬ダムの横を.....凍ってる!
こりゃ寄りましょう(笑)
f0071412_12105900.jpeg
f0071412_12111905.jpeg
凍ったダム湖初めてみましたわ。寒かったけど一見の価値あり。
私&iPhoneだとこんくらい...ですが、ホントはもっと綺麗(^^)

山岳道路風の景色も終わり、そろそろ一休みしたい頃.....
そーいえば聞いた事あったわ。温泉施設有り(-"-)b
やっとゆっくり立ち寄れそうな道の駅発見(笑)

この道路下のP、雨の時とかいーかも(^^)
道の駅大滝温泉はちょっと変わった作りで、
階段上がった道路脇にロッジ風の特産品販売所。
道路下の川に突き出た敷地に歴史民俗資料館。
f0071412_12254062.jpeg
別棟でお食事処の郷路館。
f0071412_12305845.jpeg
同じく別棟の日帰り入浴施設の大滝温泉遊湯館。
f0071412_12320213.jpeg
といった感じで、いわゆる本館なし。
で、とりあえず、↑ このお風呂、入らせて頂きましょう(笑)
大人 ¥700_ (受付支払いでJAF割引10%有)
敷地の隅っこに建っていて一見こじんまりした造りの建物ですが、実は川沿いの斜面下った地階あり。更衣室の奥に階段があって裸で(^^;;地階の露天風呂に降りれるようになってました。下調べもなく立ち寄らせて頂きましたが、思いの外濃いめメタホウ酸&塩化物のぬるぬる系しょっぱ温泉で微炭酸。内風呂の背中を押されるくらいの超強ジェット水流を浴びると泡泡に包まれます(^^)

お風呂後、真ん中のお食事処郷路館で昼食。
f0071412_12482701.jpeg
定番、手打ち蕎麦+天ぷら。
f0071412_12481193.jpeg
ダムカレーは秋でした(笑)

しばらく走った後、笛吹川フルーツ公園を出て以来初の『我が家が思う ”そこそこの道の駅ってまぁこんな感じ”』(爆)といった風情の『道の駅果樹公園あしがくぼ』発見。
f0071412_13073054.jpeg
つい懐かしく...(。゜)"\(^^;; 立ち寄らせて頂いて
お土産購入(笑)後、圏央道狭山日高IC向け出発。
狭山日高ICから我が家の最寄りICまで、
何と!1時間半ちょい。時間掛からず,,,(@@;ゞ
ナビも「そろそろ休憩しませんか?」って言わない(笑)

今まで山梨方面に行くなら常磐道→首都高→中央道or東名
群馬や長野に行くなら常磐道→外環→関越 or→上信越....
てな具合で、とにかく首都圏越え渋滞覚悟か夜間走行のみ。
これがずっとーんとアクセス可になった上、ルート検索で比較してみても、走行距離ほとんど変わらず。料金もちょっと安くなったりするんですな....圏央道開通 ありがとう(-人-)(爆)










 

[PR]
by salukis_taka | 2017-03-03 13:31 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

圏央道茨城区間全線開通! さて首都高越しの温泉へ! Part1

長らく待っとりました〜。
圏央道茨城区間開通。成田IC側からつくば中央IC。八王子IC側から境古河ICまで開通してはいたモノの....そっから先の茨城区間なかなか到達せず....。待っとりました〜。が、この2月26日(日)
圏央道 境古賀IC〜つくば中央IC間、無事開通!
こりゃもーお出掛けしなきゃでしょ(^^)

とゆー事で、早速、3月1日(火)午前出発(^^)v
せっかくなので、一番最寄のインターからじゃなく
『つくば中央IC』乗車(笑)←あんまし意味はないけど(爆)
後で読んだ日経さんの記事でも、どうやら似たような気分の人が少なくなかったらしい...と(笑)
f0071412_15472839.jpeg
すぐ つくばJCT ね。おっ、案内は....へー、
とりあえず 久喜白川・東北道 って案内されるのか〜。
ちなみに、うちのアルファに付いてるナビは....
f0071412_15475636.jpeg
.......乗ったんですか?もう先はありません って(爆)
あとはひたすら畑の中やら山の中やらを指しつつ......だんまり(笑)
登録されてない高速道路を走行すると、畑ん中やらから一般道に誘導しようと一生懸命(^^;頑張ってくれて五月蝿いので、とりあえず目的地設定しないまんま出発。認識済みの区間に入ってから目的地を入力する作戦。(ちなみにiPhoneの方のナビはちゃんと道あるの知ってました(笑))
f0071412_15481427.jpeg
こんな感じで、乗り出したらしばらく対面走行。
しかし、やっぱり早い早い♪
一般道だと一時間半じゃ着けなかった古河付近まで、まったり走行でも20数分。関越道への分岐、鶴ヶ島JCTまで一時間掛からず。
せっかくなので、途中菖蒲SAに立ち寄って早めの昼食。
f0071412_15484246.jpeg
菖蒲はGS(出光)併設の真新しい建物で、
上り下り集約型。Pは100台くらいかな?
わんこを下ろせるような草地やらはほとんどなし。
f0071412_16332824.jpeg
菖蒲柄のライトが下がったレストラン。
焼きたてパンが買える小さなパン屋さん売店と、
ラーメン屋さんとご飯屋さん二軒でこじんまり。
f0071412_16330741.jpg
とりあえず、
NEW名物(^^; という姫豚の彩菖丼¥1000_也。
味噌ダレで味付けた豚バラ(焼き野菜付き)の丼ですな。
お味は味噌ダレの豚バラ...で想像するよりあっさり目。
姫豚のお肉も売り通りくどくなく食べられましたが....何故かどんぶりの形がすっごく食べにくい,,,,,。重たいすり鉢状の丼で、口が狭目な割に急角度のツルツル面で深底....タレコーティングされたご飯を箸ですくってあげてくるうちに...おおかた落っこっちる...(^^;; あんまりお腹が空いてなかった(爆)のもあり、半分くらいで諦めて連れ合いにバトンタッチ。と「....なんかこれ食いづらいな....」と、掻き込み喰い。私だけじゃなかった(笑)
f0071412_16324499.jpg
連れ合いはラーメン屋さんの方で味玉ラーメン。背脂かけのこってり系ラーメン...なのに、偶々なのか...ぬるかったらしい(^^;;
近頃はSAもグルメ重視。もう少し頑張りましょう(笑)

さて、久喜白川を過ぎた頃からナビも復活(笑)
中央道勝沼ICまでで昼食休憩抜きだと2時間掛からず!
急に思い立って出てきたので、不足物資調達。Jマート、いちやまマート立ち寄り。本日の目的地、ひっさびさの ほったらかし温泉 向けGO!

まずは、暫く来ない間にできたという、
ほったらかし温泉キャンプ場見学(笑)
温かみのある手作り感満載キャンプ場ですが、田舎のおっちゃん(^^; 手作り系じゃなく、流行りのインスタ映え小洒落キャンプDIY系(爆)で、なかなか良い感じでございました。詳細はほったらかし温泉キャンプ場公式サイト参照(笑) もちろん何と言っても一番は、ほったらかし温泉Pの反対側っていう立地と眼下に広がる絶景ですが
f0071412_17322884.jpg
小洒落たキャンピングカー宿泊なんかもあり。
f0071412_17380555.jpg
下の段のフリーサイトは電源もあるそうで、こじんまりオフ会の貸切なんかに良さそう。
f0071412_17391531.jpg
メインの赤コート(^^ゞ区画サイトの奥に続く砂利道。
この先に離れサイトという整備中のサイトがあるらしい。
いっぺんのんびり泊まってみたいですなぁ〜。

さて、夕暮れ近し。
急ぎ何年振りかのほったらかし温泉へ。
f0071412_17094851.jpg
でかい亀二頭...こんなのいたっけ?(笑)
f0071412_17091690.jpg
無料休憩棟なんかもできちゃって....立派になったねぃ。
f0071412_17072245.jpg
おっつ、あっちの湯、まだ工事中。
f0071412_17065188.jpg
まだ富士山も見えそうだし、夕方近いし、
こっちの湯でちょうどOK♪
f0071412_17074038.jpg

.....おっつ、値上がりしてましたね。¥800_也。
でも、あっちの湯がまだ工事中だからお詫びに...と、無料入浴券を頂戴しちゃいました(^^ゞありがとうございます。早速明日朝使わせていただきます(笑)場内は撮影禁止なんで、お風呂から見える絶景はほったらかし温泉公式サイト参照。

ゆっくり1時間半ほど富士山&絶景&温泉を堪能させていただいて、笛吹川フルーツ公園第二駐車場in。
広々芝生&ライティングされたガラスドームがきらきら綺麗な公園内、まったりイル散歩をしている間に
f0071412_17272301.jpeg
綺麗な夜景。
暫くの間フロントのシェードを外したまま、晩酌(笑)
思っていたより冷え込まず、静かな夜が過ごせましたとさ。

続きは Part2 で(笑)















 


[PR]
by salukis_taka | 2017-03-02 17:43 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 年越しキャンプ@塩原GV Part 2


明けて元旦。 改めまして
皆さま、明けましておめでとうございます m(__)m

朝珈琲が済んだら
今年は東京風のあっさりお雑煮を
レインボーの上で温めながら...
f0071412_12505519.jpeg
餅焼き専用網 on the マーベラス(笑)
(レインボーでも餅焼けます←網のみ使用で焦げ目無し可)
f0071412_12511418.jpeg
お正月の我が家の食卓@キャンプ場(^^)
大好きな紅白なます手作り増量(笑)
ラナの幕色は食材が不味そうに見えない◎(笑)
f0071412_12531110.jpeg
お正月なので(言い訳がましい)
朝からちょっと奢って升で大吟醸(へらへら)

イルくん、
下ろし立て黄色サンジョルディ毛糸玉(笑)でボール染め。
f0071412_12534896.jpeg
f0071412_12540786.jpeg
f0071412_12542891.jpeg
後光付き(笑)
おめでたそうなキャッチ画像が撮れました。

夕方からはDIYリニュLOGOS篝火で焚き火♪
f0071412_12553043.jpeg
も〜、ぼんぼん燃やす。
f0071412_12555167.jpg
でかい板もぼんぼん(笑) ひとしきり。
落ち着いたあたりでオガ炭にうつして
f0071412_12561163.jpeg
焼き蟹ぃ〜ぃ
f0071412_12563148.jpeg
蟹鍋ぇ〜ぇ〜(*^^*)
→ 卵とじのとろとろ蟹雑炊❤️

3日目の正月2日も晴天。滞在中唯一の外出。
塩原新湯、湯荘白樺、日帰り湯(爆)
f0071412_12575507.jpeg
今回は、源泉湧き出す斜面前Pに駐車。
アルファであの坂はなかなか怖いと新発見(爆)
で、変わらずのとろとろ白濁湯、満喫(^^)
お陰様でえらく活発になった胃腸に....
f0071412_13012248.jpeg
ハラミ肉ぅ〜♪(4泊目にして初の焼き肉(爆))
ハラミのブロックは、部位的に生では薄く感じるけど、程良い大きさに切って(ハサミ@皿上 で ok なところも◎)焼くと、上の画像のひっくり返したお肉のように ステーキ風の厚みが出る & 焼いても柔らか なので、最近のお気に入りBBQ用お肉(^^)
f0071412_12595721.jpeg
我が家はキャンプ場でもどっぷり日本のお正月....ですが、
最後の夜くらいは(^^ゞちょい趣向を変えて 肉&赤ワイン。
皿やらボトルやらを置いているのは、ユニのバーナースタンド。
脂っ気&熱気ok素材の二段棚なので 併用できて便利(^^)b

あ、そうそう、
電源サイトではクリップライトを使ったりもしてます。
f0071412_12570037.jpeg
この画像では露出の関係でよく見えませんが
f0071412_13314916.jpg
こーゆー感じのLEDクリップライトに
光量調節用の手製布カバーをつけて使用。
スイッチで一発点灯。移動簡単&首も動くので、調理ん時の手元とか、ランタンを着けるまでの間の間に合わせとかに便利。
今時はLEDもあったか系の色有り で殺伐感無し(^^)

と、食っちゃ寝....寝ちゃ風呂...風呂入っちゃ食い...(^^;ゞ
と、ダラけまくりの四泊五日もあっという間に撤収。
帰路はいつもの......
f0071412_13014476.jpeg
ジョイアミーアでランチ♪(まだ食うか(爆))
f0071412_13020335.jpeg
気まぐれシェフサラダ、御用卵とアンチョビのピッツァ、
オニオングラタンスープ、
f0071412_13021839.jpeg
なぜか今まで頼んだ事なかった熱々ラザニア。
どれも美味しゅうございましたm(__)m

最後に、買いたての おもて那須手形
入浴料無料の七つの温泉のうちの一つ
f0071412_13023642.jpeg
大田原 黒羽温泉 五峰の湯 初立ち寄り。
f0071412_13025479.jpeg
コミニュティセンター内にある地域密着の日帰り湯ですが、思っていたより立派な施設にびっくり。
湯は無色透明無臭ながらPHの高いぬるぬる系アルカリ性単純泉。塩素臭がちょっと強いのが気になりましたが、老若男女で大賑わい。ちょうど夕日が沈む頃だったので夕景の五峰が楽しめました(^^)
自分では行ったことがないお湯に気軽に行ける
おもて那須手形 いーですね〜(^^)
何だか今年の年越しキャンプレポは食べ物画像ばっかり(^^; (年に一度の贅沢週間(笑))でしたが、とりあえず 今年も良い温泉に巡り会えますように(-人-)(笑)








[PR]
by salukis_taka | 2017-01-10 14:29 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(2)

2017 年越しキャンプ@塩原GV Part 1

遅ればせながら(^^ゞ 今年の年越しキャンプレポ(笑)
ナイルロスでどっぷり沈没(^^;ゞ中、Blog up しなかった年を入れると、もう6年目になる@塩原GV年越しキャンプ。

今年は毎年年末に1〜2度はある積もるような雪も降らなかったという事で、サイトに残雪なし。5〜6年前は予約無しでも ふつ〜に in できたくらいだった年末年始の塩原GVも、過去最高の入り具合。山沿いサイトまで色とりどりのテントやシェルター、大型キャンピングカーからトレーラー、バンコン、ポップアップまでびっしり。
ちょっとした中古キャンパー展示場(爆)いつもはほぼ貸切で入れる場内の野天風呂も時間を間違えると大混雑(笑)

さて、我が家の年越しキャンプは30〜3日の四泊五日。
いつもの独立サイト(笑)でまったり(^^)
f0071412_11185475.jpeg
って......実はこの画像、翌日の大晦日画像。
30日のin は午後遅く...になっちゃった(^^;ゞくせに
のんびり とりあえず遅いお昼ご飯 → イル散歩 → 着替え.....
なんてやってるうちにだんだん薄暗くなってきて、
ヤバ! ちゃっちゃと建てちゃお....と急ぎ始めた頃から
塩原GVこの時期あるある のぉ 怒強風(爆) が吹き出し、
フライさえ被せちゃえば後1分で立ち上がるっ 時、
流石のラナも裸のまんまじゃヤバイだろ....くらいの突風で、
スタンディングテープ、ポール接続.....までで 諦め放置(; ;)
1泊目はキャンプ道具満載車中泊モード@塩原GV(爆)

大晦日の朝、残りの分、5分で立ち上げ(笑)
冬キャンプ用フル装備セッティング 後の画像(^^ゞ
こんな私的お宝画像もひっそり♪
f0071412_12000663.jpeg
よーく見るとラナの左右からアルファの頭(笑)
アルファ双頭のラナ(じゃーーーんっ(笑))
嬉しい事に、アルファ友の会 のお仲間がお隣in(^^)
プチっとアルファ話やアウトドア話など♪

大晦日。
風も穏やかなぽかぽか陽気でまったり朝食。
f0071412_11442218.jpeg
午前中にはもう3年目のヤマト便が届いたり(笑)
(ヤマトさんの出先受け取り便)
f0071412_12064162.jpeg
今年は御節だけじゃなく
我が家の定番のお正月のご馳走、ズワイ蟹も同梱(^^)

昼は初日の夜用食材でチャチャっと済ませ(笑)
夜食は
f0071412_12072467.jpeg
ぬくぬく&んまんまの黒毛和牛もつ鍋(*^^*)
と、ちょっと奢った焼酎お湯割でまったり(笑)
と.....〆の麺までイクのがキッつ....(笑)
二人共順調に年取ってますな〜と語り合う(爆)
その後
f0071412_12074779.jpeg
レインボーランタンストーブでほっこり。
f0071412_12080632.jpeg
三人掛け椅子でイルくんも一緒。
f0071412_12261442.jpeg
私の足にアゴ乗せ(笑) ストーブの赤い灯 ぬくぬく〜。
まったりな年越しでございました。

続きは Part2 で(^^)b












 



[PR]
by salukis_taka | 2017-01-09 11:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

新設 道の駅 常陸大宮 & ひたちおおた と周辺日帰り湯 Part 1

いよいよ冷え込んできましたねぃ。とゆーわけで、この火水、
お手軽近場の県内日帰り温泉巡り...だけじゃなんなんで(笑)
ついでに周辺のまだ行ってない新設の道の駅偵察。

火曜、ゆっくりam11:00ごろ家を出て(^^ゞ
まずは、寒気襲来&強風ながらも晴天の...
f0071412_10394823.jpeg
2016年3月にOPEN、道の駅常陸大宮かわプラザ。
旧山方町の118号沿い。
デカ鍋芋煮会の(笑)河川敷、神奉地清流公園のちょい手前。
重点道の駅指定 だけあって、駐車場小型130台大型18台。
EV設備完備のゆったりしたつくり。建物もどど〜んとご立派。

キャンプを始めた20年近く前から何度も行ってる旧山方町付近...しかも、前回通りかかった際に建設中...で、行ってみなきゃな〜とは思っていたモノの...すっかり出遅れちゃってました(^^ゞ
キレイなプロ画像は上記リンクの公式サイトで見て頂くとして
まずは...腹ごしらえ(笑) レストランブース、こんな感じ。
f0071412_10535723.jpeg
突き当たり、吹き抜け二階展望室から見える風景
f0071412_10533487.jpeg
我が家も大好きなナイスビューでございます(^^)
暖かい時期なら、久慈川沿いのテラス席、いーでしょうねぃ。
この他にも、屋根&水道&テーブル席完備のBBQスペースや農園、河川敷まで降りられる広い公園なんかもありましたが、この日はつっめた〜〜い強風で閑散(笑)

我が家の昼食は、美味しそうなお肉メニューを横目で見つつ...
f0071412_10544973.jpeg
f0071412_10550792.jpeg
この時期やっぱし、常陸秋蕎麦でしょ〜♪
秋蕎麦巡りのスタンプラリーなんかも開催中(^^)
その後、隣接の直売コーナーへ。
f0071412_10552960.jpeg
天井高&結構広い&品数豊富(^^)
私が大好きな「関所の湯」の袋田食品さんの生とろこんにゃくやデカがんも、「舟納豆」のエコノミータイプ(笑)なんかも置いてありましたっ。今度からここでまとめて買えるわけだ(笑)
f0071412_11151347.jpg
ここで屋外イベントなんかもあるそーです(^^)

さて、お腹がふくれたところで......
f0071412_11170151.jpeg
久しぶりの 三太の湯
f0071412_11181311.jpeg
三太さんお久しぶりです(爆)
この時期やっぱしサンタの方が....(。゜)"\(^^;;
f0071412_11172028.jpg
竜宮城入口的な(笑)通路をくぐると
f0071412_11173811.jpeg
サンルーム風になってるロビーから気持ち良い青空。
そーいえば、昼間に来たの、ほんと久しぶりかも。
いつも見てるの、夜間割引中の夜空だし(笑)
そーそー、画像撮り忘れましたが、このロビーに、あの足に群がってパクパクこそばゆい(^^;;ドクターフィッシュの水槽がいっぱい置いてありました(爆)
f0071412_11175504.jpeg
竜宮城の(爆)階段を上るとお風呂(曜日男女入れ替え制)。
PH9.3 アルカリ泉、ゆっくり楽しませて頂きました(^^)

強風の河川敷をイル散歩...やら、あったか珈琲で一休みやら、後、
夕飯&夜風呂(笑)を頂きに、いつもの「袋田温泉 関所の湯」へ。
f0071412_11405971.jpeg
三太の湯も関所の湯も、国道からずず〜〜〜っと細い山道を入って行った山中にあるんで、街灯もない真っ暗な山道の奥に煌々とした灯りが見えると何だかほっと致します(爆)
空いてるお風呂をゆっくり満喫させて頂いて
関所の湯のメイン、ほどよい価格の豪華な(笑)夕食ぅ(^^)
f0071412_11412924.jpeg
この日は私、常陸牛のすき焼き膳。
f0071412_11415603.jpeg
連れ合い、奥久慈しゃもの親子膳。
小鉢の とろっとろの生とろこんにゃく、好き♪
f0071412_11421318.jpeg
もちろんお土産必須(^^)v

と、
この日は風も止み静かな かわプラザ にお世話になって就寝。
続きは Part 2 で〜(^^)/













 









[PR]
by salukis_taka | 2016-12-09 12:01 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(2)