<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

リクエストにお答えして...

野菜色々ピクルス@なんちゃって手抜き レシピ(^^;ゞ
長期保存の本格的な作り方を知りたい方は他へどうぞ(爆)

野菜は色々。私が良く漬けるのは 人参/大根/セロリ/胡瓜
手軽に食べられる&詰めやすいスティックに切る事が多いです。
メインに添える用なら一口大の色とりどりが良いかも。
カブ/赤or黄のパプリカ/新タマネギ/キャベツなんかも有り。

洋風バージョンの分量の目安
ホワイトビネガー470mlくらい 1瓶 水 同量
粒胡椒(クロ/シロ/レッド/ピンク 好みでどれでもok) 5〜10粒くらい
ニンニク2〜4片くらい 塩小匙1〜2くらい 砂糖大匙3〜4くらい
好みのハーブ(ローリエ/レモンバーム/タイム/ローズマリー/クローブ/セージetc) 少々

和風バージョンの漬け液の目安
純米米酢 家庭用の1瓶くらい(笑) 水 同量
だし昆布 4〜5cmを千切り 生姜薄切り 3〜5枚くらい
塩小匙1〜2くらい 砂糖大匙3〜5くらい 
好みで 粒胡椒/ニンニク/唐辛子 からチョイスして少々
和風なので レンコン/オクラ/カブ なんかもいけます。

実は 分量も入れるモノもいつも てきとー (^^;ゞ
とりあえず〜の中くらいの分量で少量漬けて味見
2回戦目で好みの味に調整しましょう(-"-)b(笑)

作り方
 1. 大きい鍋にたっぷりの水を入れて沸かしておく。
 2. 別の鍋に、使いたいお酢と同量の水、使いたいハーブ&
   香辛料、塩、砂糖等を入れて沸騰させ、冷ましておく。
 3. 入れたい野菜を全種、食べたい形状に切りそろえる。
 4. 1.の湯が沸騰したら、切った野菜を固い順に湯通しする。
   (ぐらぐらのお湯に通す感じ。煮ない。)
 5. 4.をペーパータオルで挟むように軽く押さえ 水気を拭き取る。
 6. 4.のお湯を捨てずに再沸騰させて 密閉容器を煮沸消毒。
  (同じ湯を使うのが嫌な方は別に沸かして下さい(爆))
 7. 6.の容器が熱いうちに水気を切って 野菜を隙間無く詰め込む。
 8. 2.の冷めたお酢を口ぎりぎりまで入れ フタをする。

2日目くらいから美味しく頂けます。
早めに食べるとすっぱめ。4〜5日経つとまろやか。
室温長期保存向きの本格レシピじゃないので(^^;
冷蔵庫で保存して、10日から2週間位で食べきりましょう。

香辛料の組み合わせに自信がなかったら、ちょっと張り込んで(笑)
アップルビネガー等の香りの良いフルーツ系のお酢を使えば大丈夫。
粒の黒胡椒とニンニクとハーブ一種、くらいで美味しく頂けます。
安い合成酢(^^; は薬くっさーーく仕上がるのでお奨め出来ません。
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-25 13:00 | | Trackback | Comments(2)

いつもの公園

このところ更新さぼってました(^^;
久々にナイルネタ(笑)

連れ合いの休日 梅雨のようなお天気の合間。
ナイル 二人一緒の散歩でやたら張り切る。
いつもの公園 いつもよりのんびりお散歩。

足元に沢山の薄紫の花達....
見上げるとうんと高見で満開。桐かな?
f0071412_1325061.jpg

ナイルが分け入った足元 シャッターチャンス。
f0071412_13263466.jpg

臭い取りに忙しいナイルを追い抜いた先
伸びた草の間からかろうじて頭を出してる人造の杭の上
f0071412_1328954.jpg

日向ぼっこのトカゲ これが規則正しく何本も。
ナイルのダッシュ乱入で一気に解散,,,,,

奥の広場 通りすがりのお友達待ちナイル
f0071412_1331162.jpg

この後、ボルのライアンくん&チョコラブのさくらちゃん登場。
無事遊んでもらえて満足。
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-24 18:00 | ナイル | Trackback | Comments(0)

旅人

15日(月) 旅人@キャンピングカーにお会いしました。
今どき旅人って(笑)...だけど そんな感じ。
おひとりわんこ連れ で全国を回ってらっしゃる。
1周目じゃないので「トライ」とか「チャレンジ」ではなく。
前回茨城を通過された際もお逢いしたので二度目(^^)b
楽しかったです。逢いに来て下さって有り難う。
又いつの日かの再会を楽しみにしてます(^^)


女性なので大層驚かれたり珍しがられたりする らしい。
そりゃそー(爆)変わってるなぁとか 思われやすいよね。
私も犬連れキャンプ仲間に「どんな方?」って聞かれた(爆)
お会いした限りでは(^^ゞ 自然体 な感じ。

最近、ダイエットやら健康維持やらのお話で
体質の話が出てるじゃない?それに合わせた事やりましょう的な。
元々農耕民族だった人達は穀物摂取に都合良いように腸が長いとか
元々狩猟民族だった人達は肉食が合ってる、とか。
長年受け継がれてきた暮らしぶりが、遺伝子の中に
それに合う体質としてちゃんと残ってる それを踏まえて...的な話。
なら、脳の奥深くにもちゃんとあるでしょう。

日本人は米。 なので基本的に 農耕民族。
土地に根付き、耕し、育て、収穫する....のエンドレス。
産まれ育った土地を離れず、大切に守り育んでいくのが本懐。

狩猟民族やら遊牧民やら 旅し続ける事が自然な民族もいるわけで。
(吟遊詩人やら旅芸人やらも入れる?(笑))
気候やら時期やら具合やら気分(^^;やらやら、
地に根付く民族には到底理解出来ないであろう理由で
そこに暮らした月日を あっさり手放して旅立っていく人達。

旅してる時が至福 とか 旅立ち願望が消せない とか
旅してる時の自分が一番自然 とか そーゆー人達は
そーゆー遺伝子を持ってるんじゃない?

きっと旅の途中 何かの理由で 住み着いちゃった流浪の民。
MIXされて薄められたり、長年矯正され続けたりしても消えない
逆に特化された...ぐらいに 強いヤツだったり(爆)
島国日本だと(笑)地続きの大陸より圧倒的なマイノリティー(^^ゞ

じゃ、私はどうか。
一人暮らししてた頃、たかが7年の間に6回引っ越した(爆)
休日の朝目が覚めたら、突然「引っ越そう!」と思いついて
その日のうちに不動産屋巡りしたりするタイプ(^^;ゞ
その時住んでた場所に特に不満があった訳でもなく
それまでに見つけた居心地の良い居場所とかにもあんまし未練ない...
どちらかというと、新しい所へのわくわく感とかそっちが魅力的。
たぶん農耕民族的じゃないんだな...<私

旅への姿勢(?)はどうか。
旅は好き。ナイルがいれば一人であちこち、全然平気。
もし お金と連れ合いが許せば すぐにでもあてのない旅に出たい。
けど、ほら もし 付き ○o.( ̄。 ̄;y-
この年まで生きてくると(爆)色々背負っちゃってるし,,,,

とりあえず 遺伝子に言い訳しつつ いつも通りの生活......。
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-18 11:12 | 独り言 | Trackback | Comments(2)

中東的サルーキ事情

そーとー暇な時や気が向いた時などに(^^;ゞ
サルーキ検索 するんですけど(爆)
ナイルを迎えたばかりの頃は数える程だったヒット数...
どんどん増えてじゃんじゃん増えて もう追跡諦め,,,(^^;ゞ

んでも 久しぶりに回ってみたら(爆)興味深い記述を発見。
中東に長くお住まいだった方(現在は帰国されてます)のBlogで
ご経験から興味深い中東事情を色々と書いておられるんですが、
その中の中東犬猫話でサルーキに触れられてます(^^)b

国内で入手出来るサルーキ本って殆ど英語圏作家の翻訳モンですし
しかもほとんどが犬の専門家や熱烈ファンシャーのご本じゃない?
それはそれでもちろんとってもお勉強になりますけど(^^;
いったん何かのフィルターを通したモンじゃなく、
原産地のほんとんとこのサルーキ事情や
ニュートラルな立場から見た感じも知りたいなぁと(^^ゞ

タイトルをざっと拝見しただけですけど
本の紹介やら他にも色々と興味深い記事がありそう。
や、
サルーキ好きがみんな中東に興味あるとは思ってませんけどね(爆)
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-11 13:12 | サルーキ | Trackback | Comments(2)

ちぇりらん装着画像

早速お送り頂きました(^^)

f0071412_921536.jpg
f0071412_9211744.jpg


おやつ、美味しかった?(笑)>ちぇりらん
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-10 09:25 | 手作り首輪 | Trackback | Comments(2)

普段使いカラー:ちぇりらん@革職人

以前、やりたい放題(爆)で思いっきり非実用(核爆)な
アラビックゴージャスカラーを作らせて頂いた
(NILE Saloon 本館 Handmade Collar
 作品その2 チェリーちゃん&ランディくん用参照)
サルーキのチェリーちゃん&イタグレのランディくん用
お揃いの普段使い用カラー(^^)b
f0071412_17132347.jpg
f0071412_171336100.jpg
f0071412_17135065.jpg


表革:レンガ/ブロンズ/金入りラテ色
裏革:ラム革 濃焦げ茶
装飾:ランダムストライプ(縫い合わせ)

今回はママ好み(?)の色使いっ&実用 がテーマ(笑)
内側にソフトなラム革を使って柔らかい肌あたり。

違う幅に裁断した多色の革を縫い合わせて
アシンメトリーなストライプを作ってみました。
画像では分かりにくいかもですが
各色の端を 表から折り込んでステッチしたので
けっこう立体的なストライプになってます(^^ゞ

ちっちゃいランちゃんのは
金入りラテ色を1色(1枚)抜いて軽〜く仕上げ(^^)b
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-08 17:35 | 手作り首輪 | Trackback(1) | Comments(2)

なんて言う花??

f0071412_12323796.jpg

少し前に鈴蘭水仙を載せましたが 我が家の庭に また
鈴蘭に似た白い花をつける水仙のような葉っぱの花 が
咲きました(^^ゞ

これも勝手に(笑)毎年咲いて 勝手に増えてる(爆)んですけど
名前が分からないんだなぁ...(^^ゞ

背の高さは30cmくらい。
すーっと伸びた細い茎に3〜5輪くらいの花。
ひとつひとつの花は1.5cm程度ですが とても良い香りがします。
抜くとノビルの様な 花ニラのような小さな球根。

ご存じの方、いらっしゃいます?
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-06 12:41 | 四季の移ろい | Trackback | Comments(0)

阿字ヶ浦 & 那珂湊 & 山方 & 大子

我が家のGWは3〜5日で終了。
3〜4日、リビ家にお付き合い頂いていつものコース(^^ゞ

3日の午後からゆっくり阿字ヶ浦へ。
ちょうど良い気温の晴天。
海辺の散歩。
f0071412_1059368.jpg

f0071412_10595896.jpg

程良い疲れと春の日差しと爽やかな海風....睡魔がぅ.....
結局1時間近く昼寝。こーゆーのが何とも心地良いンだなぁ(^^ゞ

夕方ちょっと肌寒い感じで目覚め。
読みかけの本を開いて間もなくリビ家到着。
軽いご挨拶後、阿字ヶ浦温泉のぞみin(笑)
のんびり浸かって上げ膳据え膳.....海岸に戻って....
....なんと!両車両、おやすみも言わずに撃沈,,,,,
へ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ

目覚めると快晴の朝(爆)
お散歩→コーヒー→爽やかな海岸ロード→那珂湊漁港お魚市場(^^ゞ
朝から豪華海鮮頂いて満腹〜〜ヽ( ´.`)ノ
土産は旬のアサリ&金目鯛♪

混雑除けルート経由118号 奥へ。
流石(?)GWですねぃ。
f0071412_1119199.jpg

いつもは空いてる河川敷もちょっとした混雑。
P駐車で リビ&うるま&ナイル のーんびりお散歩。
ついでに リビゴージャス&うるまシンプル装着画像Get!(笑)
f0071412_11204377.jpg

f0071412_1121011.jpg

f0071412_1121201.jpg

118号更に大子方面へ。
暫くご無沙汰だった "関所の湯" 入湯&お食事。
(ここは食事がなかなかイケます(^^)b)

土産はとろとろの生蒟蒻2色と
この間のこもちで気に入った柚子大根♪

と、ここで更に奥へ分け入る(笑)リビ家と解散(^^)/
我が家はの〜〜んびり裏&下道で帰路約2時間半。
流石にちょっとした渋々はあったけど
GW移動にしては概ね良好範囲内(^^ゞ

晩のつまみは豪華戦利品三昧(笑)
生トロ蒟蒻のお刺身 金目鯛の煮付け 柚子大根
ビールがすすみましたわー\(^^)/......で、
結局この晩も又早寝,,,,,(核爆)

ところで 私の二日間の総睡眠時間.......18時間,,,,,寝過ぎ,,,,,
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-05 10:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

ひたちなかドックショー会場

行ってきました。
応援しに....じゃなく、リビ家&COCO家に会いに(^^;ゞ
本当は応援行くよー...のはずだったんですけどね,,,,
サルーキ開始時間に間に合わず(爆)

だってーー
さっくさくのはずの常磐高速、乗った途端から激渋....(^^;ゞ
何と20〜30km/hペースで30分....ありえないし○o.( ̄。 ̄;y-
事故渋滞だったのか大きなイベントでもあったのか未だ不明(笑)
もしかして遅れてきた常磐高速メジャー化?...(.°)゛☆\(^^;

しかも.....
ゴージャスカラー装着画像撮るはずのデジカメ忘れ
リビ家にお渡しするはずのポーチの修理部品まで,,,,,,
自宅靴箱の上に置き去り

はずはずはずって.....まるっきし だめだめじゃ〜ん (ёё)
もう "来たのか"?,,,(走召火暴)
へ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ
[PR]
by salukis_taka | 2006-05-02 08:40 | サルーキ | Trackback | Comments(0)