<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

肉球MIX チートス♪

こんなの 知ってます?
f0071412_12401848.jpg
f0071412_12405083.jpg
ジャパンフリトレー社のチェスターチーターのチートスミックス(^^)b
(ジャパンフリトレー社の公式サイト)
6/8 新発売のチートスで、これは緑袋のワイルドチーズ味。
今までも出てたチーズ味の普通チートスに、
ちょっと堅めのレッドペッパー味肉球型入り。
ピリッとした、ビールに合いそうな(笑)大人味です。

もひとつ、赤袋のワイルドペッパーベーコン味も
ちゃんと買ってきたけど(^^ゞそっちは未だ食べてません。
ちなみに、両方味共、チートスのオリジナルキャラ、
チェスターチーターのポーズが違うスリーパターン、
パッケージがあるらしい。
パッケージの上下の肉球足跡がぷりてぃー(笑)

決め手は何と言っても この肉球。
わんこやにゃんこじゃなく、チーターの肉球 とゆーあたり(^^)
こんな感じに
f0071412_12592564.jpg
並べてみたくなったり(笑)
[PR]
by salukis_taka | 2009-06-09 12:50 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

二の腕....なら一の腕は??

やっと晴天に恵まれたのに
昨日から なんだか右二の腕が痛くって。
や、ちゃんと上がるし、ぐるっとも回せるし
なので 四十肩とかではないんじゃないかと(たぶん(爆))
「この角度」の「この上げ具合」ん時だけピキッと来る感じの...
寝違えてスジ痛めたっぽい痛みなんですが、
自然な動き中のちょっとした拍子にピキッと来るんで、
あれもやらなきゃこれもやらなきゃが
思うように片付かなーい(; ;)

で、なぜこんな事を書いてるかというと、
この痛み をきっかけに、ふと、
「鼻の下〜上唇の間にあるミゾってなんて名前?」
以来の、人体の名称 系 疑問、湧き上がり〜(^^;ゞ

この肘から上の部分が『二の腕』なら、
一の腕は、どこ?
日本人の定石的に(笑) 「一が無くていきなり二」
は ないんじゃないかと。
やっぱし、残りの(笑)肘から下の部分?
でも、ここを一の腕って呼んでるの、聞いた事ないし...。
ふつーここんとこは「肘から下」ってゆーよね.....あれ?
じゃぁ、この「肘から下」って.....何て名前?
「こめかみ」とか、触らないと境がはっきりしない
小さな凹みにまで ちゃんとした名前があるのにっ。
(鼻の下のミゾん時と同じ例えが浮かぶあたり,,,,)
例えば脚なら....ふくらはぎ....これって後ろっかわだけか...。
あ、臑だ! 脛!←とにかくどっちも スネ(笑)

と、ここまで考えて、どーにも気になるので
PC立ち上げ、一の腕 で ぽちっとな(^^ゞ
他の皆さんもけっこう語られてるのねーと安心した(笑)
と同時に、それらしい解説やらめっーけ。
http://gogen-allguide.com/ni/ninoude.html
......ふむふむ なるほど〜.....。
指す場所が逆転した訳ではなく"辞書の誤り"ですかぁ。
ここで更に、文中の
 >「腕」は元々「肘から手首」までを指した言葉
だから元々「肘から肩」が「二の腕」なんだとゆーところ、
お馴染みWikipediaの腕(うで)の解説中、
「腕を表わす日本語」文中に、腕(うで)ではなく、
腕(かいな)とゆーのを発見(^^)
『現在は肩から手首を指すが、古くは前腕、
 すなわち肘から手首の事であった。』
おぉ〜。そー言えば [かいな] ちゃんと知ってるっ。
筋が通ってる気がする(^^ゞ

で結局「肘から手首」の名前は?「一の腕」は?
同じよーな疑問でお悩みの方発見しつつ(^^ゞ
(例えば、俳優:石丸健二郎さんブログの過去ログ)
あちこち探してみましたが、
昔は 腕=肘から手首。二の腕=肘から肩。とゆーのと、
昔は「一の腕」も使われてたけど、今はないとゆーのと、
医学的には「前膊」とゆーのはわかりました。
でも、現在の「肘から手首」の呼び名、
結局見つからず(^^ゞ

ちなみに、この前の同系の疑問(-"-)b
「鼻の下〜上唇の間にあるミゾってなんて名前?」も
結局呼び名は見つからず、ツボや人相を表してる図で
『人中』と書いてあるのを見つけました(^^ゞ
急所のひとつだそうで、人の中心...とまで読めるのに、
一般的に「人中がカサカサ」とか(笑)使いませんねぃ。
坂本龍一とか あんなに深いのに.....(.°)゛☆\(^^;


ビバ!ネットへ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ
[PR]
by salukis_taka | 2009-06-07 11:46 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

梅雨前 塩原温泉キャンプぅ〜♪

温泉が切れたー...とゆーことで
1日夜発〜2、3日の火水、塩原、行って来ました(^^)
連れ合いの都合に合わせた平日キャンプ、ですから、
やっとつながった高速使わず(笑)いつもの下道3時間(^^ゞ
前泊&諸々買い出しの道の駅明治の森黒磯経由。
(青木さんち、ポピー満開でした♪)
翌2日昼頃、塩原登り〜♪へ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ

ETC\1,000_使えない代わり...と言ってはなんですが、
今回利用の塩原グリーンビレッジは、
繁忙期以外の平日サイト料金 \1,050_♪
2人分の管理費(@\1,050_)と入湯税(@\100_)+しても
\3,350_ で、設備充実&野天風呂入り放題ぃ〜\(^^)/
現地合流の でりちゃん&ぷー とで
広々2サイト使っても、アバウト土日のワンサイト料金っ。

久しぶりにスクリーンタープ干せました(笑)
f0071412_1114378.jpg
でりちゃんの懐かしテント(笑)
f0071412_11163986.jpg
野天風呂目の前♪
f0071412_11181422.jpg
すっかり甘えんぼぷー(*^^*)
f0071412_1121856.jpg
マイペース御大。入る。
f0071412_11213765.jpg
温泉&新緑&爽やかな風、気持ちいーー(´`)
f0071412_11215576.jpg

夜は、冷蔵庫から持ってきた余り食材やら(笑)現地特産品やら、
持ち寄りで 思いの外豪華になったお肉やら、炭火で焼き焼き。
デジカメの存在は...すっかり忘れ去っておりました(^^ゞ

翌3日、わん連れ向きの曇天に恵まれ(^^)
しっかり早朝風呂入る人がいたり、のんびりお散歩したり、
食べきれない朝ご飯だったり、out時間12:00だっけ?だったり、
ゆったりのんびりだれだれのお気楽キャンプでございました(^^)

out後は、去年のお盆に買った「湯巡り手形」消化ツア〜(笑)
必ずお隣のビジターセンターに立ち寄るくせに(^^;
一回も入った事なかった「かんぽの宿」初立ち寄り湯。
循環の露天は残念でしたが、洗い場ゆったり&
濃いめの源泉内湯、気持ち良い笑顔のお迎え、
思っていたより良かったです(^^)
いつもの定食屋さんでお食事後、ひと休み...して、
連れ合い執着の(爆) 新湯、立ち寄り湯。
いつもは、共同浴場のむじなの湯か中ノ湯に入るところを、
手形で半額..とゆー事で、ちょっと迷って白樺荘チョイス。
大好きなピリッとくる握りこぶしの戦い系(爆)
思う存分満喫できて大満足ぅ〜ヽ( ´`)ノ

でりちゃん、お付き合いありがとうでしたm(_ _)m
こんな具合に また遊びましょ〜へ(^^へ)(ノ^^)ノへ(^^へ)(ノ^^)ノ
[PR]
by salukis_taka | 2009-06-04 11:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(2)