<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年は 花梨(かりん)の蜂蜜漬け

気が付けば しばらく放置 しちゃってましたねぃ。
久々の投稿がわんネタでも温泉でも車でもなく 食ネタ(^^ゞ

ご近所の農産物直売所で花梨発見♪
小ぶりのが三つで¥150_也
今年は 一番簡単な " 花梨の蜂蜜漬け " を作ってみましょ。
f0071412_11341284.jpg
芳香が強くなってくるまで一週間程寝かせ
皮回りの薄い蜜膜をよく洗い流し
f0071412_11352059.jpg
まずは真っ二つ。
花梨は皮が硬い&滑りやすいので要注意。
私はここ、出刃包丁(笑)
f0071412_11455632.jpg
中心の薄皮を剥がして中の種を丁寧に収集。
まんまキレイに洗って出汁袋などで一緒に漬け込むのもあり
ですが、今回は別の用途に使うので、分けて保管。
小振りだったので3つで50g位。
f0071412_1140307.jpg
果肉は7〜8mm幅のいちょう切り。
切ってる間にどんどん酸化してくるので要テキパキ(笑)
ここで「甘酸っぱい香りで美味しそう...見た目林檎じゃん」
とか思ってつまみ食いしないように。不味いし下痢するかも(^^;;
f0071412_11512654.jpg
後は適当なサイズの瓶に詰めて蜂蜜を注ぎ込むだけ〜。
どろどろの蜂蜜が落ちるのにちょっと時間かかります。
何度かに分けて少しずつ継ぎ足しましょう。
上の方、蜂蜜が足りてない様に見えますが、
私流では、天地返し(掻き混ぜ)するので、要このスペース(^^ゞ

ちなみに
口ギリギリまで蜜を入れて掻き混ぜない というレシピもある様なので、
今回ジャム小瓶で試して出来上がりを比べてみる事に(^^)b

4日目には 蜂蜜がサラサラしてきて こんな感じ〜。
f0071412_121333.jpg

この後、空気を遮断する感じにラップを入れこんで内蓋。
冷暗所で1〜2ヶ月。早春には頂けます(^^)

花梨は結構大きさが違うので大体の感じ ですけど、
今回は小ぶり3個の花梨で、
2Lの背高瓶1本 & ジャム瓶小1本分
蜂蜜1リットル弱。あ、蜂蜜は "純粋" で。
[PR]
by salukis_taka | 2014-11-24 12:55 | | Trackback | Comments(0)

女子会(笑)@ろまんちっく村

昨日今日、私、初ろまんちっく でした(爆)
f0071412_1775120.jpg

宇都宮の46ha滞在体験型ファームパーク道の駅ろまんちっく村 で
f0071412_17303713.jpg
こんな...女子会(異論反論疑問等、受け付けません(爆))
アルファのこじんまり感ひときわ(ぷぷぷ)


まぁ ともかく(^^ゞ
お散歩し放題の広々構内。
f0071412_17153137.jpg

f0071412_17154336.jpg

日帰り温泉施設や無料ドックラン(要受付)
f0071412_17115425.jpg
なんかもあったりする大きな道の駅で、
ブルワリー併設レストラン『麦の楽園』も夜九時までok(^^)v
なので当然夜は....
f0071412_1952557.jpg

f0071412_1955348.jpg
こんな感じ〜(笑)
構内は紅葉のカスケードがライトに映えて綺麗でした♪
(地ビール酔っぱ で 画像無し(笑))
降ったり止んだりでいまいち天候には恵まれませんでしたが
次回はもっとのんびりぐるっと したいトコ ですねぃ。


久しぶりに会えた まりりんさん(17歳)
f0071412_17385423.jpg
お元気そうで何よりぃ〜(^^)
最初はいつものようにお行儀悪くがぅってたイルくんも
まったく動じないまりりんさんのお陰で
仲良くお散歩出来ました(^^)
f0071412_17411076.jpg
こんな女子会も有り と言う事で(^^)b

お付き合いありがとうございましたm(__)m
また遊んでやって下さいまし〜>おふた方ぁ〜(^O^)/


ろまんちっく村で偶然出会えた サルーキさん達
f0071412_17443472.jpg
小雨降る中、お引き止めしてすみませんでした(^^ゞ
お話し出来て楽しかったです〜(^^)/
[PR]
by salukis_taka | 2014-11-01 17:52 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)