<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アルファPart20 落っこち空間塞ぎBOXカバー完成

Part19でご報告した、アルファシート裏落っこち空間塞ぎBOX(笑)のマットカバー、縫製致しました(^^) Part19で画像を載せた裏板付きウレタンマットのサイズを測って、+縫い代で裁断。
f0071412_19325168.jpeg
生地は厚地で薄いスポンジ&不織布の三重構造....と、ちょっと特殊ですが、ゆっくり縫えば家庭用のミシンで問題なし(^^)b
形も長四角+厚み分のマチ、だけですから特に難しい事はありません。まぁ面倒だったのは、長四角の角んとこにかかるようにファスナーL字付けした事くらいかな?
f0071412_19334765.jpeg
f0071412_19430646.jpeg
設置してみると、こんな感じぃ〜(^^)
f0071412_19434552.jpeg
落っこち空間塞ぎBOX、無事完成。
これでもう落っこちな〜い(-"-)b(爆) &
ベッド展開時の"連れ合い運転席からよっこらしょ移動"(^^;もらっくらくぅ〜♪..になる予定。
今度のキャンプでベッド展開時の様子、撮ってきますねー(^^)/













 


[PR]
by salukis_taka | 2017-03-31 19:50 | キャンピングカー ALPHA LE | Trackback | Comments(0)

アルファPart19 シート裏落っこち空間BOX設置

2014年4月納車以来、約3年乗り続けてる我が家のALPHA LE(以下アルファ)Type2(対面ベンチシートタイプ)には、落っこち注意空間有り(爆) ....まぁ今更では有りますが(笑)
ここ、助手席シート背面とベンチシートの間。
f0071412_09522007.jpeg
運転席側はドライバーの足の長さが変わるので(^^ゞ不定ですが、一番後ろだと10cm足らず。このくらいならクッション一つで何とでもなりますが、動かない(我が家の場合)助手席側の隙間幅、約20cm。しかも、ここは ↓ のように、ベンチシートの側面にコンセントやシガーソケット等の電源があるので、完全に埋めてしまう訳にはいかない空間。
f0071412_10013465.jpeg
我が家の場合、結局そこそこ広い"荷物置き場”になっちゃてるわけですが、それゆえ.....ごちゃつく(^^ゞ & ベッド展開ん時も埋まらないので、そこそこ広い...落っこち空間になるわけですな(^^ゞ
わんこが落っこちたり人間が落っこちたり、置いた荷物が踏まれたり....Type2あるある(爆)

なんで、この落っこち空間をなんとか有効利用出来ないものか...と思って...なかった事もなかった(笑)んですが、3年近く経ってやっと(笑)解決策考案(-"-)b
f0071412_10232406.jpeg
じゃ〜〜ん。
AtoZ春日部工場に出向いて工作をお願いした、内装とおんなじ板のBOX(^^) 高さはベンチシートの土台とおんなじ。
f0071412_10234316.jpeg
蝶番止めで、天板も開きます(^^)
落っこち空間ピッタリに作ってもらったサイズの都合上、この位置に引き出さないと天板は開きませんが(爆)ちょっとした物入れ。
天板の左側、箱より長くね? はいそーです。
この箱より長い天板が、シート横の電源逃し。
& 充電機器やら置き場として使用する予定。
最初は四角い枠&乗っけるクッション...で作ってもらおうかと思ったりもしたんですが、運転席からウォークインスルー(笑)する時に乗ってもビクともしない強度 & 冬場の運転席側から漏れてくる冷気遮断を兼ねて箱型チョイス。次いで箱を落っこち空間ぴったりサイズに作ってもらって、電源逃し用に角を落としてもらおうかとも思ったんですが、箱の奥行きを2〜3cm縮めないと天板が座席背面に干渉して開かない.....。ちょっとだけ隙間ができるのは嫌だし.....という訳で苦肉の策(笑)
この天板を閉めて左にずらすと....左っ側
f0071412_10242534.jpeg
こんな感じ。
コードが出し入れできるくらいの隙間有り(笑)
f0071412_10244213.jpeg
右っ側。
運転席を目一杯後ろに下げてもギリ干渉しないサイズ。
で、このBOXの他に....
f0071412_10260679.jpeg
天板ピッタリサイズの上に乗っけるマット。
f0071412_10262352.jpeg
裏側はこんな具合に板がくっ付いてる、シートマットの余ったヤツ(多分) でも裸んぼ.....なのでこれが必要。
f0071412_10264242.jpeg
シートの端っこと同色のお取り寄せカバー材。
(薄いスポンジと不織布のふかふか3層構造)
これの取り寄せに時間がかかってだいぶ待たされました。
このカバー材でこんな感じの...
f0071412_10265856.jpeg
すっぽりカバー自作→のっければシートと同じ高さになるので
落っこち空間閉鎖成功 & ベッド20cm拡張 一石二鳥(^^)b

まずは程良い長さの丈夫なファスナー入手→型紙取り
→カット→縫製.....と、なるので完成はもうしばらく後(^^ゞ

ちなみに、もしこのマットカバーをAtoZ御用達(笑)の業者さんにお願いすると...んー...安いソファーが一つ買えちゃうくらい?の請求書がくる(爆)と聞いて、自作することに致しました。まぁ嫌いじゃないし(^^ゞ

とりあえずは....
f0071412_17380655.jpeg
しばらくぶりに大掃除して(爆)
f0071412_17361012.jpeg
裏っかわに滑らせ用のフェルト(笑)貼って
f0071412_17412946.jpeg
すっぽり収め、
積みっぱペンドルトンあたりで誤魔化しておく(爆)
upしてる暇あったら早く作ればいーのにって....
まぁそのうちやっつけましょう(^^;;ゞ










 

[PR]
by salukis_taka | 2017-03-09 18:42 | キャンピングカー ALPHA LE | Trackback | Comments(0)

圏央道茨城区間全線開通! さて首都高越しの温泉へ! Part2

開けて3月1日(水) 五時半起床!
ほったらかし温泉 ご存知の皆様ご承知の通り(笑)
日の出1時間前(月によって時間変更有)開湯のほったらかし朝風呂に入る為の早起き(-"-)b

3月1日から『あっちの湯』工事完了&オープン時間5時半に変更....なので、もうちょっと早めが正しいところ(笑)ではあるでしょうが....つい前日まで6時オープンだったんだし、まぁ間に合うだろうと(笑)....が、せっかく早起きしたのに残念ながら空いっぱい分厚い雲....とりあえずイルちっち....とアルファを出てみると、日が登る方向の山頂あたりの雲の切れ間、うっすらと曙色が漏れ出てる.....
うぉっつ!もしかしたら雲間から見えるかも!
さぁ急げーっ.....((( ^^)ゞ

間に合いました。
分厚い雲と山頂の隙間から放射状に差し込む曙。
山頂の細い隙間から顔を出す黄金色の太陽。その後、まるでナウシカのズボッと入れる雲みたいな雲海が東雲色〜淡い虹色〜真珠色へと刻々と変化しながら流れていく神秘的な空模様....ため息もん。
もし申し分なく晴れてたら、きっとこんなに神秘的な朝日は拝めなかったんじゃないかと。早起きの価値十二分。
有り難や有難や。思わず合掌(^人^)

Part1同様、浴場内は撮影禁止なので(ここは公式サイト参照...じゃなく(笑))そのちょっと後の階段下のあっちの湯の屋根上画像(^^ゞ
f0071412_11113903.jpeg
ちなみに、ご存知の皆様には今更なお話ですが、もしお天気に恵まれたら、前日に入った『こっちの湯』は眼下の街並みとその向こうの山脈の上に富士山の頭。&右側の山に隠れていく夕日。『あっちの湯』は、富士山は見えないけど街向こうの山脈の上から登る朝日が見えます。泉質も微妙に違って、あっちの湯の方がちょっとヌルリ感多め(^^)

頂いたチケットでゆっくり朝風呂を満喫させて頂いた後、笛吹川フルーツ公園Pに戻って朝コーヒー&軽い朝食→公園内散策
夜、綺麗にライトアップされてた
f0071412_11224839.jpeg
わんぱく広場とフルーツ広場のグラスドーム。
季節的に フルーツ公園なのにフルーツはありませんでしたが(笑)
f0071412_11230406.jpeg
儚げな白梅や各種紅梅が見頃でございました(^^)

さて出発。
予定ではこの後ワイナリーにでも寄ってお茶を濁して(笑)帰ろうと思ってたんですが、お天気も気分も良かったので、以前から通ってみたかった雁金みち(勝沼から秩父方面に抜ける国道140号)を通って、圏央道にアクセスしてみる事に。
途中沢山ある道の駅にも寄ってみるでしょう(^^)

一つ目の道の駅は、雁金みちを20分程の 『花かげの郷まきおか
旧室伏学校校舎や綺麗な公園併設、すぐ近くに市営の日帰り温泉施設がある....と聞いていたので、ここで少しゆっくりしようと思っていたのですが.....閉まってるし...水曜定休,,,,,,(; ;)

仕方なく次の20分ほど先の『道の駅みとみ』へ。
教訓を生かしてちゃんと調べ、定休日は火曜だからね....と
到着っ....何故かここも閉まってるし.....なぁぜぇ〜(; ;)

もはや御来光の御威光(??)も消え失せたか.....
さようなら山梨県。
私達は雁金トンネル潜って立ち去ります...(。゜)"\(^^;;

雁金トンネルは、昔、国道乍ら自動車では通行できず登山道で越えねばならなかったという、難所雁金峠の下を抜いた長ぁ〜いトンネル(一般国道山岳トンネルとしては最長の6.6km)で有料道路。
一時期無料通行期間を設けてましたが、現在通行料¥730_
実際通ってみると、そりゃそりゃ長かったっす。ずずぅ〜〜っと緩やかな下り。平日の午前中だったからか行き交う通行車両もあまりおらずちょっと不安になってくるくらい(爆)

トンネルを抜けると「路面凍結注意」の看板があちこち。
で、いくつかのダムを横目に通り過ぎ、積み石で堰き止めたロックフィルの広瀬ダムの横を.....凍ってる!
こりゃ寄りましょう(笑)
f0071412_12105900.jpeg
f0071412_12111905.jpeg
凍ったダム湖初めてみましたわ。寒かったけど一見の価値あり。
私&iPhoneだとこんくらい...ですが、ホントはもっと綺麗(^^)

山岳道路風の景色も終わり、そろそろ一休みしたい頃.....
そーいえば聞いた事あったわ。温泉施設有り(-"-)b
やっとゆっくり立ち寄れそうな道の駅発見(笑)

この道路下のP、雨の時とかいーかも(^^)
道の駅大滝温泉はちょっと変わった作りで、
階段上がった道路脇にロッジ風の特産品販売所。
道路下の川に突き出た敷地に歴史民俗資料館。
f0071412_12254062.jpeg
別棟でお食事処の郷路館。
f0071412_12305845.jpeg
同じく別棟の日帰り入浴施設の大滝温泉遊湯館。
f0071412_12320213.jpeg
といった感じで、いわゆる本館なし。
で、とりあえず、↑ このお風呂、入らせて頂きましょう(笑)
大人 ¥700_ (受付支払いでJAF割引10%有)
敷地の隅っこに建っていて一見こじんまりした造りの建物ですが、実は川沿いの斜面下った地階あり。更衣室の奥に階段があって裸で(^^;;地階の露天風呂に降りれるようになってました。下調べもなく立ち寄らせて頂きましたが、思いの外濃いめメタホウ酸&塩化物のぬるぬる系しょっぱ温泉で微炭酸。内風呂の背中を押されるくらいの超強ジェット水流を浴びると泡泡に包まれます(^^)

お風呂後、真ん中のお食事処郷路館で昼食。
f0071412_12482701.jpeg
定番、手打ち蕎麦+天ぷら。
f0071412_12481193.jpeg
ダムカレーは秋でした(笑)

しばらく走った後、笛吹川フルーツ公園を出て以来初の『我が家が思う ”そこそこの道の駅ってまぁこんな感じ”』(爆)といった風情の『道の駅果樹公園あしがくぼ』発見。
f0071412_13073054.jpeg
つい懐かしく...(。゜)"\(^^;; 立ち寄らせて頂いて
お土産購入(笑)後、圏央道狭山日高IC向け出発。
狭山日高ICから我が家の最寄りICまで、
何と!1時間半ちょい。時間掛からず,,,(@@;ゞ
ナビも「そろそろ休憩しませんか?」って言わない(笑)

今まで山梨方面に行くなら常磐道→首都高→中央道or東名
群馬や長野に行くなら常磐道→外環→関越 or→上信越....
てな具合で、とにかく首都圏越え渋滞覚悟か夜間走行のみ。
これがずっとーんとアクセス可になった上、ルート検索で比較してみても、走行距離ほとんど変わらず。料金もちょっと安くなったりするんですな....圏央道開通 ありがとう(-人-)(爆)










 

[PR]
by salukis_taka | 2017-03-03 13:31 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

圏央道茨城区間全線開通! さて首都高越しの温泉へ! Part1

長らく待っとりました〜。
圏央道茨城区間開通。成田IC側からつくば中央IC。八王子IC側から境古河ICまで開通してはいたモノの....そっから先の茨城区間なかなか到達せず....。待っとりました〜。が、この2月26日(日)
圏央道 境古賀IC〜つくば中央IC間、無事開通!
こりゃもーお出掛けしなきゃでしょ(^^)

とゆー事で、早速、3月1日(火)午前出発(^^)v
せっかくなので、一番最寄のインターからじゃなく
『つくば中央IC』乗車(笑)←あんまし意味はないけど(爆)
後で読んだ日経さんの記事でも、どうやら似たような気分の人が少なくなかったらしい...と(笑)
f0071412_15472839.jpeg
すぐ つくばJCT ね。おっ、案内は....へー、
とりあえず 久喜白川・東北道 って案内されるのか〜。
ちなみに、うちのアルファに付いてるナビは....
f0071412_15475636.jpeg
.......乗ったんですか?もう先はありません って(爆)
あとはひたすら畑の中やら山の中やらを指しつつ......だんまり(笑)
登録されてない高速道路を走行すると、畑ん中やらから一般道に誘導しようと一生懸命(^^;頑張ってくれて五月蝿いので、とりあえず目的地設定しないまんま出発。認識済みの区間に入ってから目的地を入力する作戦。(ちなみにiPhoneの方のナビはちゃんと道あるの知ってました(笑))
f0071412_15481427.jpeg
こんな感じで、乗り出したらしばらく対面走行。
しかし、やっぱり早い早い♪
一般道だと一時間半じゃ着けなかった古河付近まで、まったり走行でも20数分。関越道への分岐、鶴ヶ島JCTまで一時間掛からず。
せっかくなので、途中菖蒲SAに立ち寄って早めの昼食。
f0071412_15484246.jpeg
菖蒲はGS(出光)併設の真新しい建物で、
上り下り集約型。Pは100台くらいかな?
わんこを下ろせるような草地やらはほとんどなし。
f0071412_16332824.jpeg
菖蒲柄のライトが下がったレストラン。
焼きたてパンが買える小さなパン屋さん売店と、
ラーメン屋さんとご飯屋さん二軒でこじんまり。
f0071412_16330741.jpg
とりあえず、
NEW名物(^^; という姫豚の彩菖丼¥1000_也。
味噌ダレで味付けた豚バラ(焼き野菜付き)の丼ですな。
お味は味噌ダレの豚バラ...で想像するよりあっさり目。
姫豚のお肉も売り通りくどくなく食べられましたが....何故かどんぶりの形がすっごく食べにくい,,,,,。重たいすり鉢状の丼で、口が狭目な割に急角度のツルツル面で深底....タレコーティングされたご飯を箸ですくってあげてくるうちに...おおかた落っこっちる...(^^;; あんまりお腹が空いてなかった(爆)のもあり、半分くらいで諦めて連れ合いにバトンタッチ。と「....なんかこれ食いづらいな....」と、掻き込み喰い。私だけじゃなかった(笑)
f0071412_16324499.jpg
連れ合いはラーメン屋さんの方で味玉ラーメン。背脂かけのこってり系ラーメン...なのに、偶々なのか...ぬるかったらしい(^^;;
近頃はSAもグルメ重視。もう少し頑張りましょう(笑)

さて、久喜白川を過ぎた頃からナビも復活(笑)
中央道勝沼ICまでで昼食休憩抜きだと2時間掛からず!
急に思い立って出てきたので、不足物資調達。Jマート、いちやまマート立ち寄り。本日の目的地、ひっさびさの ほったらかし温泉 向けGO!

まずは、暫く来ない間にできたという、
ほったらかし温泉キャンプ場見学(笑)
温かみのある手作り感満載キャンプ場ですが、田舎のおっちゃん(^^; 手作り系じゃなく、流行りのインスタ映え小洒落キャンプDIY系(爆)で、なかなか良い感じでございました。詳細はほったらかし温泉キャンプ場公式サイト参照(笑) もちろん何と言っても一番は、ほったらかし温泉Pの反対側っていう立地と眼下に広がる絶景ですが
f0071412_17322884.jpg
小洒落たキャンピングカー宿泊なんかもあり。
f0071412_17380555.jpg
下の段のフリーサイトは電源もあるそうで、こじんまりオフ会の貸切なんかに良さそう。
f0071412_17391531.jpg
メインの赤コート(^^ゞ区画サイトの奥に続く砂利道。
この先に離れサイトという整備中のサイトがあるらしい。
いっぺんのんびり泊まってみたいですなぁ〜。

さて、夕暮れ近し。
急ぎ何年振りかのほったらかし温泉へ。
f0071412_17094851.jpg
でかい亀二頭...こんなのいたっけ?(笑)
f0071412_17091690.jpg
無料休憩棟なんかもできちゃって....立派になったねぃ。
f0071412_17072245.jpg
おっつ、あっちの湯、まだ工事中。
f0071412_17065188.jpg
まだ富士山も見えそうだし、夕方近いし、
こっちの湯でちょうどOK♪
f0071412_17074038.jpg

.....おっつ、値上がりしてましたね。¥800_也。
でも、あっちの湯がまだ工事中だからお詫びに...と、無料入浴券を頂戴しちゃいました(^^ゞありがとうございます。早速明日朝使わせていただきます(笑)場内は撮影禁止なんで、お風呂から見える絶景はほったらかし温泉公式サイト参照。

ゆっくり1時間半ほど富士山&絶景&温泉を堪能させていただいて、笛吹川フルーツ公園第二駐車場in。
広々芝生&ライティングされたガラスドームがきらきら綺麗な公園内、まったりイル散歩をしている間に
f0071412_17272301.jpeg
綺麗な夜景。
暫くの間フロントのシェードを外したまま、晩酌(笑)
思っていたより冷え込まず、静かな夜が過ごせましたとさ。

続きは Part2 で(笑)















 


[PR]
by salukis_taka | 2017-03-02 17:43 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)