梅雨直ギリギリ塩原温泉♨️ Part1

月曜夜、連れ合い帰宅後出発で
梅雨前ギリギリ、塩原温泉キャンプ@塩原グリーンビレッジ
今回は前ノリ車中1泊+キャンプ場一泊の温泉巡り。

ちょいと急ぎ足という事で、通い(笑)下道ルート&塩原に登る前の買い出しを考え『道の駅那須与一の郷』前泊。
与一の郷は広々敷地の道の駅ですが、日陰を作ってくれる植栽も少なく、三分の一が入館有料のハコモノ(^^;;与一伝承館。真ん中三分の一が二つの調整池。敷地の一番奥、横一列の直売館や小さなレストラン。トイレは一番端っこ一箇所。あまり使い勝手が良いとは言えない(^^;;作りなので、いつもスルー...ですが、今回初めて前泊。トイレ前の神社側駐車スペースは案外車中泊なさってる方がいらっしゃいました(^^ゞ

さて、開けて火曜は晴れのち曇り。
通り沿いで買い出しを済ませ、まずは温泉♨️(笑)
f0071412_09174741.jpeg

今年の年越しキャンプ時に入手した
お・も・て・那須手形』 ¥1080_也

那須塩原(塩原/黒磯/西那須野)/ 那須町 / 大田原 / 矢板 / 塩谷 の観光施設、飲食店、入浴施設、御土産屋さん等で使える割引クーポンやサービス特典満載(笑)の観光冊子。

大きな地図付きで、日帰り入浴ができる施設に関しては、割引やドリンクサービスのみならず(笑)22箇所の入浴無料クーポン有り。うち7箇所まで利用可。一年有効(詳細は上記リンクページ参照)

那須塩原なんて年に何度も行かないし...な人でも、例えば日帰り入浴¥1000_のとこ一箇所入れば元が取れちゃう(笑)ついでにワンドリンクサービスんとこでランチしたらもうお得...なわけですな(^^)b
この冊子のもう一つの良いところは「ここはちょっと敷居が高かったけど行ってみようか」とか「あぁ、こんなとこもあったっけ」(^^ゞ


今回は午前中から入浴可と青紅葉の季節感(笑)重視。
数年ぶりに奥塩原『秘湯の宿 元泉館』チョイス。
奥塩原温泉は400号会津方面に向かい、塩原の中心街を通り過ぎ、交番も過ぎ、だいぶ寂しくなって来た辺りの小さな村落、目立たない矢印看板左。細いクネクネ山道登ったり下ったりの山奥。大きなキャンパーはやめといた方が良いかもよ道(^^;ゞですが、コンパクトなアルファなら問題なし(^^)

山奥三軒きりのうち、一番大きい鉄筋造り。
毎年秋に開催される『塩原温泉古式まつり』で源泉が奉納される歴史ある旅館。
f0071412_10464944.jpeg
am10:30頃着、快晴。日差し強し。
でも山奥なので....
f0071412_10471586.jpeg
ちゃんと日陰スペース有り(^^) &
f0071412_10490056.jpeg
自生(?)マーガレット丁度見頃の日陰の奥に
休憩スペースなんかも出来とりました。
f0071412_10493035.jpeg
すぐ横を流れる赤川渓谷に降りられる階段なんかも出来てて、これからの季節、水遊びなんかもできそう(^^)
日帰り入浴は渡り廊下の川沿い別棟、高尾の湯。
含硫黄/ナトリウム/カルシウム/塩化物/炭酸水素塩泉(硫化水素型)
f0071412_10474838.jpg
脱衣所にも大きな窓があって閉塞感なし。
f0071412_10481267.jpeg
濃いめ白濁湯の広い内湯。
f0071412_10483196.jpeg
清流にひらけた露天風呂。
爽やかな山風、青紅葉、とりどりの雑木の緑、清流のせせらぎ。
撮影可能だったところでお気づきでしょうが、ずっと私1人。贅沢な貸切♪ 我が家の好みよりはちょっと低めの湯温ですが、のんびり入って 芯から癒されましたぁ。

さて、
行きつけキャンプ場(笑)塩原グリーンビレッジ in。
とりあえずオーニングで昼食&珈琲。
f0071412_12520965.jpeg
一泊だけだからこのままでもいーんだけど....
やっぱり我が家は....
f0071412_12551193.jpeg
ラナ を張る(笑)
f0071412_12565465.jpeg
我が家の一泊対応コンパクト設営モード。
ご覧の通り、昨今流行お洒落キャンプ必須のウッド&黒鉄...とかじゃなく、年季入った(笑)コールマンアルミロールテーブル(オンウェー製)、オンウェーハイテーブル、ユニフレームバーナースタンドII+別売りステン天板、ユニフレームフォールディングガスランタンUL-X、イワタニマーベラス(カセットガスコンロ)、チャイサーバーという名のジャグ、あとは珈琲セットやら細々....と、水に濡れても平気、熱いもん置いても気にしない、軽くて丈夫なステンorアルミorブリキorピューター等、実用金物のチープさが堪らない(爆)ビバ!銀色金物(笑)
新緑の中でまったり頂く珈琲セットも....
f0071412_13351432.jpeg
こんな具合(笑)
無名のステンレス製ドリップケトル。ドリッパー&ポットの二段はカリタ ニューカントリー102、その横にあるクリップスクープ(珈琲の粉を計るスプーン兼 袋止めとく用でっかいクリップみたいなヤツ)もステンレス。その後ろにちらっと見えてる銀色の箱はインド製ピューター(錫)のカトラリー入れ。あ、ラウンドウォーマー(ケトルがのってる鍋敷き兼ティーキャンドル保温台)は黒鉄だった(笑) おぉ、狙ってなかったけどここは今風?(爆)

とと、グッツ話は置いといて(^^ゞ
この 塩原グリーンビレッジ は、もう十数年来利用させてもらってる、塩原温泉街手前のオートキャンプ場。
改めてなぜ好きか を書くと、我が家から3時間半ちょいの丁度いい距離にあるとこ、近くに大好きな温泉がいっぱいあるとこ、日帰り温泉施設が併設されてるとこ、キャンプサイト内に 野天風呂 という宿泊者無料の何度でも入れる源泉掛け流し温泉があるとこ、我が家が利用する平日と冬季の利用料が土日祝日の半額で¥3000_ちょいなとこ、平日は概ね貸切(笑)もしくはせいぜい2〜3組利用でまったり放題なとこ(^^)

この日も我が家と男子2人のテントの2組で、広いキャンプ場ほぼ自由に使いたい放題(笑)
f0071412_13551301.jpeg
フレキシリードもロック外しでの〜びのび(笑)
f0071412_13560734.jpeg
イルくんの顔付きもの〜んびりまったり。
夜御飯は画像を撮るまでもない(^^;
手抜きのただ炭火で焼くだけ三昧ちょっとだけ贅沢バージョン → 焚き火で一杯(笑)
と、いつも通りまったり夜は更ける.....。
















 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-06-08 14:18 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

風呂釜洗い専用洗剤で洗濯槽の掃除してみる(^^ゞ

かな〜り前、古くなった風呂釜(なんか古っ(笑))が壊れて交換。
交換して二〜三年??経つんですが、先日、何年か振りに洗剤やらを押し込んである戸棚のフル整理(^^;をしていて、一番奥ぅ〜の方に、古い風呂釜用の専用洗剤『フロ釜洗いジャ○ 2つ穴用』の買い置き約1ダース(爆)発見.....ありゃま....(^^;ゞ

一つ二つなら迷いなく廃棄....ですが、家庭用に販売されてる酸素系漂白剤とはいえ、一応、つい最近危険物第1類に指定された(筈(笑))酸性個体、過炭酸ナトリウムが主成分の薬品1ダース,,,,,となると、普通に一般ごみ(よく燃やすゴミ?(爆))に出すのが躊躇われ(勿論指定量には全然達してないんですけどね).....。

とりあえず状態確認の為(笑)一箱開封...。
中のポンプ式になってる容器に損傷なし。内部の顆粒もちょっと固まってはいるものの、容器の上から指で押せば崩れる程度。危険度が一気に上がる"湿気"はほとんど帯びてない模様。
じゃ、何かに利用するか、と。

思いついたのが、洗濯槽の掃除。
つまり、洗濯槽お掃除モードなんてモンはない古い洗濯機に、ほっとくといつの間にかくっついてくるようになる細かいワカメの様なモロモロ落とし(笑)
もちろんちゃんと専用洗剤があるんで、我が家も何となく定期的に使用してるんですが、じっくり見ると成分ほぼ一緒(^^ゞ

な訳で、丁度頃合い(爆)の本日、試してみました。
洗濯二回戦終わった後(いきなりよりふやけて?(笑)よく落ちる気がするのでいつもそうしとります)『フロ釜洗いジャ○』のポンプ式になってる容器の赤い蓋を外し、ちょっと固まったのを崩しながら(^^; 洗濯槽に大胆投入。
"お急ぎモード二回すすぎコース"で運転。

しばらく回してから様子見。
美しいモンじゃないので画像は自粛しますが(笑)
ちゃんと浮いてました<モロモロ(^^ゞ
すすぎの段階でもう一度見に行くと....
専用洗剤ん時より大漁な気がする<モロモロ(爆)
コースが終わっても一度洗濯槽確認。
残りモロモロが付着してたんで(^^;ゞ
追加の洗剤なしお急ぎコース運転。
最後に念の為バケツ水を入れて綺麗に流れた事を確認し終了。
実験くんだったんで確認水投入しましたが、いつもの専用洗剤よりスッキリ流れて(専用洗剤ん時はここで更に通水(笑)する事あり)くれた....気がする(笑)

結果 "我が家の洗濯機" では問題なく使えました。
むしろ専用洗剤より綺麗になった気がするくらい。
(あくまでも素人個人の感想ですので、お試しは自己責任で願いますm(__)m)
という訳で、残りもちゃんと活用、決定(^^)










 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-06-05 12:20 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

今年の薔薇 2&匂棕櫚蘭

このところ、季節外れの真夏日が続いてますねぃ。
30度とか、そんなに早く超えないで欲しい(^^;ゞ

さて、そんな中、今週我が家はどこにも行けないので、早めの午前中、汗をかきかき小さい庭の手入れやらをしとりました(^^ゞ
で、先日アップした大輪ピンク薔薇に続いて
f0071412_10140980.jpeg
玄関横の真紅の薔薇がそろそろ見頃(^^)
同じく品種名は全く覚えていませんが(爆)
真紅の薔薇ってこんな感じ...
f0071412_10244909.jpeg
という色の、十年位前の、元....ミニ薔薇(笑)
なぜか年々花や葉っぱが大きくなってきて、ちゃんと手入れした今年は(笑)お花屋さんで花束用に買うくらいの、ちょっと小ぶりの房咲きに成長。

厚みのある濃い赤の花弁と深い緑の葉っぱが強そうに見えてお持ち帰りしたけど、見た目の印象と違い、うどんこ病やら尺取り虫やら病害虫が付きやすくて、今年は久々に上手く育ってくれた感(^^)

おまけ
今の時期、我が家は一歩外に出ると薔薇の香り....
じゃなく(爆)
辺り一帯噎せ返るような(^^; 濃厚な甘い香り...
正体は
f0071412_11011550.jpg
狭い庭の端っこに立ってる電柱の足元、
町設置の消火栓を守るようにそそり立つ...
このぉ〜木何の木気になる気...つか、変な木。
ヤシの木のようでそーじゃない、
巨大ドラセナのよーでそーじゃない、
ニオイシュロラン(匂棕櫚蘭)枝分かれ増殖中(爆)
f0071412_11115829.jpeg
真下から見るとこの迫力(笑)
で、せっかくの上品な薔薇の香りが
すっかり負けてしまう,,,,,,香りの征服者(^^ゞ
& 蜂集め率的にもかなりの王者(笑)












 








 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-05-22 10:38 | 四季の移ろい | Trackback | Comments(2)

今年の薔薇

もう名前も 覚えてないけど、十数年前に植えた四季咲きの大輪。
今年はちゃんと手入れした甲斐あって、見事に咲いてくれました。
f0071412_09261607.jpeg
花一輪の大きさ、概ね10cmを優に越えとります(^^)
シュート(新しいぐんぐん伸びる枝)もいっぱい出てくれて
f0071412_09283063.jpeg
まだまだ咲いてくれそうな蕾もたっぷり(^^)
一番上の蕾、こんなトコ(後ろの横縞は掃き出し窓の戸袋)
本当は上から撮りたいとこだけど....梯子が面倒(^^;;ゞ

後ろといえば......
f0071412_09332304.jpeg
後ろの窓、サッシ保護で取り付けてある屋内ラティス(^^ゞの隙間から、イルくんが背後霊のように....(爆)











 


[PR]
# by salukis_taka | 2017-05-12 09:38 | 四季の移ろい | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part4

2017、私のゴールデンウィーク!

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part3 の続き

2017.05.05
最終日もやっぱり快晴(^^)
吹上高原キャンプ場最後の朝食。
f0071412_22105200.jpeg
残りモン、生ハムとチーズのホットサンド。
珈琲後、グッツ類の手入れをしながらのんびり撤収。
規定時間(13:00)より早めの11:00頃チェックout。

帰路につく前に、今回の鳴子温泉郷最後の立ち寄り湯(笑)
f0071412_22163395.jpg
初日に書いた緑の湯の西多賀とセット(笑)の東多賀の湯。
f0071412_22175965.jpeg
ほら本当にお隣りさん。
これは東多賀の湯の駐車場からの画像。
東多賀の湯は西多賀より ちょっと新しい&ちょっと規模が大きい 湯治宿で、浴場前に小さい休憩室も有り。
泉質は含硫黄・ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・炭酸水素泉(硫化水素型)。先客がいたので浴場画像無し。上記リンクの公式サイト動画参照(笑) 板張り&木造浴槽で硫黄臭の白濁。今回入った硫黄泉の中で一番素直な(笑)硫黄泉といった感じの湯感。若干の粉っぽさはカルシウム? 温度も我が家好みの高め。43〜45度(湯口下)くらい。最後に期待通りの良いお湯に入らせて頂きました(^^)

ちなみにリンスインシャンプーとボディソープ備え付け。シャワー無し。上がり湯用の湯口から44〜45度の硫黄泉を汲み貯め、シャンプーやらを流す式(^^ゞ 髪のコンディションが気になる方、熱湯苦手な方にはちょっとハードル高いかも(笑)

温泉に関係ないけど....
f0071412_22383902.jpeg
道路端にこんな時代モンの消火栓発見。
現役(^^?

さて帰路。
路肩のデジタル温度計を見ると28度。真夏日(笑)
行きと同じく あ・ら伊達な道の駅 立ち寄り。館内の野菜レストランでランチバイキング @¥1000_也。古川ICから高速乗車。休憩で立ち寄った南相馬鹿島SAはすっかりこどもの日(^^)
f0071412_22481217.jpeg
去年の鯉のぼりは "ひと月旅” の途中、和歌山の海辺で見たんだっけ(^^ゞ このところ鯉のぼりと晴天に恵まれた良い旅がセット(^^) 来年はどこで鯉のぼりを見るのかな?

今年の我が家のGWはこれにて終了(^^)
長文をお読み頂き、感謝 m(__)m










 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-05-10 11:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part3


2017 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part2 の続き。

2017.05.04
吹上高原キャンプ場3日目。この日も快晴。
9時ごろを過ぎると日陰が有難い陽気。
f0071412_19000222.jpeg
ご新規入場(笑)が落ち着いたところで、鳴子温泉巡り再び(^^)
でもGW中の混雑は侮れない...と言う事で、駐車場に困らなそうな所を残してあったんですねぃ。まずは...
f0071412_19030545.jpeg
中山平温泉 大きくて新しい共同浴場 しんとろの湯。


ご覧の通り共同浴場と言うには立派過ぎる(笑)建物で、道路沿いの入りやすくて広い駐車場完備(^^) 駐車場内に食堂併設の物産店も。

硫黄臭の白濁。なのに強めのにゅるにゅる系。含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉・低張性アルカリ性高温泉(ph9.4)。
露天風呂はありませんが、シャワー・シャンプー・ボディソープ有り(ドライヤーは受付で貸し出し)。90度以上の源泉を木の樋に流して温度を下げているそうで、新鮮な濃いぃお湯が豊富に注ぎ込まれ、とっても気持ちの良いお風呂(^^)
硫黄臭いでお肌つるつるぅ〜♪

お昼休憩後、次.....(笑)
f0071412_19203830.jpeg
オニコウベスキー場 ホテルオニコウベ。


鬼首温泉地区なので無味無臭のアルカリ泉単純泉ですが、ガラス張りの綺麗な内湯。まだ雪を被った山並みを眺めながら、ちょっと優雅な気分で入湯(^^) リゾートホテルなのでアメニティー等も充実。

キャンプ場に戻ってまったり。
イル君も落ち着いてきた様子で平常心顔(笑)
f0071412_19270194.jpeg
後ろに見えてる "2人なのに余分に持って来る3人掛け椅子" は イル君と私のラブラブ用(笑)(たまに来客用椅子にもなるけど(爆))
イル君はラナ内にいる間ずっと私がここに座るのを待ってて、座るとささっと登ってきてべったり...連れ合いに「仲いーんだからね。あんた邪魔。」と言う(爆)

ところでこのキャンプ場の唯一の欠点はトイレ。
収容人数の割にトイレ棟数が少なく、このGWみたいな混雑時、みんなが行きそうな時間帯は並ぶ事に.....。自慢じゃないけど我が家はキャンプ場でトイレに並んだの、初(^^ゞ 次回は静かな平日に来たいなぁと。この広大なキャンプ場をほぼ貸切で使えたらさぞかし気持ちいいだろうなぁ。

さて、今回のキャンプ最後の夕食は、肉やら野菜やらお揚げさんやら余りモン適当に始末(笑) つまみながら晩酌。薪を持ち帰らずに済むよう、焚き火もちょっと盛大(^^ゞ
3日目終了。
Part 4 に続く。









 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-05-09 10:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part2

2017、私のゴールデンウィーク!

2017.05.03
吹上高原キャンプ場2日目も快晴。
朝珈琲、イル散歩を済ませ、朝食。
f0071412_16393942.jpeg
三連休の初日3日は新規入場者が多いだろ & 混雑のピークかな と言う事で、この日は場内でまったり過ごす事に(^^)
案の定、規定のチェックイン時間前から入場者続々...お昼過ぎ頃までにはあれほどあった空きスペースがどんどん埋まっていく勢い(^^ゞ 平日休みの我が家は、いつも静かなキャンプ場で過ごすことが多いので......
f0071412_16470986.jpeg
最初張り切ってたイル君、ちょいビビり入り。
テーブル下から私に救いを求める目(爆)
これも修行。慣れ給え(笑)

オニコウベスキー場吹上高原キャンプ場は、400組は入れると言う広大な敷地で、故に数に限りがある電源サイト以外は予約受付無し。犬連れサイト有り。場内に日帰り温泉があって、オートキャンプ追加料金なしの一泊¥3000_。しかも連泊割引が大きく、我が家の場合三白四日で¥4300_也。
選び放題だった広大なサイトも3日4日でこんな感じ...
f0071412_17221235.jpeg
f0071412_17223380.jpeg
でも更に受付に長蛇の列。続々....大丈夫かよ〜と思うくらいの入場者をどんどん収容。すごいスケールだぁ(笑) メインの車道から見える範囲の何倍もの敷地。滞在中連れ合いが(笑)イル散歩であちこち回っても端から端まで回りきれなかったと言っとりました。

あ、そうそう、
今回のキャンプ前にDIYしたグッツもちゃんと持参♪
f0071412_17004948.jpeg
ドリームキャッチャーはとりあえずここ(笑)
(アルファ移動中はエントランス横の棚下)
f0071412_17010847.jpeg
革&紙紐 のOD缶(アウトドア用ガス缶)カバー。
テーブル上のちびランタンの缶用に(^^)

日中は半袖でいいくらいの陽気。
この日のお風呂はキャンプ場内の温泉 スパ鬼首の湯。
(アルファ内からの撮影画像(^^ゞ)
f0071412_17304432.jpeg
こちらも鳴子温泉郷の一部で、鬼首温泉地区。
ほぼ無臭無色のアルカリ性単純泉(PH8.3)。あまり特徴はありませんが、さっぱりしたお湯で湯上り後つべつべ(笑) 男女日替わりの設備の整った内風呂と綺麗な山並みが見渡せる露天風呂有り。気持ち良く入浴&シャンプー(笑)できました。シャンプー・ボディーソープ・ドライヤー・扇風機(笑)・休憩所有り。キャンプ場宿泊者割引で大人¥450_....がー、なぜか私はスノーピーク会員割引適用(爆)で更にお安い¥210_也。

夜はお楽しみ♪ 取り寄せマグレカナール(仏産のフォアグラ鴨のお肉)で鴨しゃぶ♪
f0071412_17515122.jpeg
前回デビューのコルドンブルーココット、ここでも活躍(笑)
保温性が高いので一気に温度が下がらずgood(^^)v
この時期のもう一つのお楽しみ、野生のセリ。
間に合いました。た〜んまり(^^)
f0071412_17573464.jpg
もちろん〆の卵とじ雑炊も...んっまー♪
後は
f0071412_17585091.jpeg
ラナ内の照明をちょっと落として
焚き火などしながらまったりと夜は更ける...(笑)
流石に高原。朝晩はフリースやライトダウンあたりが丁度良いくらいの気温。昼間の暖かさで甘く見た(^^;キャンパーさん達、トイレに行くにもタオルケットなぞにくるまって凍えとられました。この時期に行かれる方は要注意。
2日目終了。
Part 3 に続く。









 


[PR]
# by salukis_taka | 2017-05-08 18:09 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 GW 吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り Part1


2017 05.02〜05.
今年のGWはずっと前から気になってた
吹上高原キャンプ場 & 鳴子温泉巡り、三泊四日。

出発は連れ合いの仕事帰りを待って、ついたち22時半。
東北方面に向かう時は、常磐自動車道友部JCT→磐越→東北道で行く事が多いんですが、今回は、初めて常磐高速下り一本一直線(^^ゞ 後は東北道までまんま細かい乗り継ぎの....仙台東部道路→北陸自動車道→仙台北部道路→東北自動車道。時間帯&コース取りのお陰でサックサクの混雑知らず(^^)
途中、南相馬鹿島SAで仮眠。

2017.05.02. 朝7時半SA発。
さっわやか♪&見事な五月晴れの中、右手遥かに海、左手にこんな山々を見ながら気持ちよーく走行。
f0071412_10335316.jpeg
吹上高原キャンプ場最寄りIC、古川→
立ち寄り。ちなみに"あら伊達"は、正面の駐車場より建物右側から回り込む裏っ側の南(?)駐車場の方が広くて景観良好。大型スペースも有り(^^) 裏にも入口があるのでそう遠くはなりません。

国道47号から二年前開通の108号花渕山バイパスを通り(15分くらい短縮されたらしい)鬼首スキー場方面へ。途中こんな...
f0071412_10501408.jpeg
素敵な風景を眺めつつ...
9:30着(チェックinはアバウト(笑)9:00〜)
キャンプ場受付は、レストラン併設のセンターハウスと場内日帰り湯 スパ鬼首の湯 の間を抜けた左側の掘っ立て小屋(^^; プレハブで、混雑期以外はセンターハウスで受付するそー。我が家が現着したのはGW中日の平日2日。+早い到着時でまったり受付できましたが、午後若干混み始め...翌日3日は早朝からこれでもか!まだ入れるのか!(^^;ゞというくらいの大行列。

想像していたより更にひっろ〜〜い!場内の左奥ペットエリア(年々広がってるらしい(笑)) 仕切り無しの完全フリーサイトで我が家チョイスはここ(2日の朝はまだ選び放題(^^ゞ)
f0071412_11124682.jpeg
ラナ越しの風景、こんな感じ。
f0071412_11150782.jpeg
見れば...この時は空いてましたな〜(笑)
一通り設営が完了したところで、ぱぱっと昼食済ませ...
f0071412_11175444.jpeg
鳴子温泉 湯めぐりチケット 持って、早速日帰り湯(^^)
鳴子温泉郷詳細は上記リンクをご参照頂くとして(笑)先ずは
古来湯治旅館西多賀。
五地区からなる鳴子温泉郷のメイン、鳴子温泉街。同区内でも複数の泉質を楽しめるのが特徴の一つで、隣り同士でも全く違う泉質の東多賀と西多賀がその代表格。一度くらいじゃ全湯制覇(爆)無理は承知...ですが、初鳴子の今回、この二湯はぜひにと(-"-)b
まずは西。たまたま貸切時間があったので.....
f0071412_11330789.jpeg
硫黄臭&モール臭&ちょい白濁の深緑色。
硫化水素泉。細かく言うと含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩・硫化塩泉・低張性中性高温泉(笑) 有名なお湯ですが、古来湯治旅館の名通り、自慢のお湯とケロリン桶(^^)以外何もない(笑) 古い共同浴場を思わせる小さな浴場で、三、四人でいっぱいといった感じ。お世辞にも立派とは言い難い造りですが、43〜45(湯口下)度くらいの濃いぃお湯が滲みました〜。日によって濃くなったり白っぽくなったりと色が変わるそう。この日は緑が深かった。鳴子の中心街じゃなく川沿い道路に面した旅館なので、駐車場に入れやすいところも(^^)v

次は(笑)思い切って鳴子温泉中心街に分け入って...
f0071412_11542878.jpeg
駅前有料駐車場in。
観光客用無料駐車場が一ヶ所あるけど遠かった(笑)&混んでたんでパス(^^ゞ 鳴子中心街は道幅が狭く、ちょっとした up doun や踏切がある古い温泉街といった風情。路肩駐車も見掛けたので、大きなキャンパーは立ち入り困難かも。勿論アルファはok(^^)v

駅前有料駐車場は30分まで無料+30分追加毎に¥100_ で、のんびりしてもせいぜい¥100〜200_。&台数多め(画像でアルファを停めてるのは立体の2F一番奥)
f0071412_12044041.jpeg
で、名高い 共同浴場 滝の湯。
駐車場2Fから裏路地を抜けて数分。温泉神社の下。
風情あるヒバ造り。酸性含明礬・緑礬-芒硝硫化水素泉・低張性酸性高温泉。硫黄臭の白濁湯で酸っぱ系。大きな丸太をくりぬいた高い樋からだーだーと湯が注がれ、明り取りから柔らかい光が差し込み、とても気持ちのいいお湯でございました(43〜44度くらい)

濃いぃ二湯を満喫し、買い足しを済ませキャンプ場へ。
付近に大きなスーパーはないので(一つあった小さいスーパーは潰れてた)鳴子温泉街付近のコンビニか、オニコウベスキー場を降りてすぐの小さな商店 鬼っこ、同じくオニコウベスキー場分岐にある 個人商店 山の幸直売 大久商店、裏技的に湯治客相手の食材屋さんでしか食料調達不可。コンビニが何でも屋さん的存在で、都会店(笑)と違って品揃え豊富。ちなみに我が家は 山の幸直売 大久商店 さん で、地元の皆さんが採ってきた新鮮な山菜色々購入(^^) 野生のセリ、アク抜き済みワラビ、コシアブラ、たらの芽等、どれも滋味溢れる濃いぃ味と香り♪春の山の恵み、堪能(^^) タイミングが良ければ熊肉や猪肉なんかもあるそう。

さて、キャンプ場。
周りが少し入ってきたのでアルファの駐車位置を移動。
f0071412_12280962.jpeg
見える?ラナの上に山桜が咲いてます。
思わぬところで 桜の下でキャンプ 叶ったわけで(^^)v
下は3日の大混雑な受付付近画像。
濃いピンクの八重桜も満開でした。
f0071412_12303696.jpeg
翌日からの混雑を見越して2日に入って良かったねー...と言いつつ、早めの手抜き焼き物夕食&乾杯。
大満足で1日目終了(^^)
Part2 に続く。








 





[PR]
# by salukis_taka | 2017-05-07 11:00 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

OD缶(アウトドア用LPガス缶)カバー DIY 第2弾

前回作ったOD缶カバーを養子に出したので(笑)
第2弾。
f0071412_19160207.jpeg
余りモンの革ストックん中から、今回はアンティークっぽいヒビ割れ&ムラ染め加工のをチョイス。
型紙なんかは作ってなかったので、
再び現場合わせでこんな形を切り出す(笑)
この歯車みたいな形のは....
f0071412_19183223.jpeg
こーゆー事(^^)
硬いサドルレザーなんかだと畳めなくて邪魔になるので、今回もソフトな革使用。なんで、この四カ所の切れ目は、まぁいわゆる丸みを出すためのダーツ?(笑)
f0071412_19224282.jpg
こんな感じに縫っとく。
缶のトップんとこと裾んとこ用。
今回も野球ボールステッチ採用(^^ゞ

で、
この上と下の間は前回使って気に入った紙紐ロール。
f0071412_19254381.jpeg
缶の長さ+上下の始末分の長さを、トップのぐるりに開けた穴数分(奇数必須)切り出してぇ....
f0071412_19280084.jpeg
たこぉ〜
もしくは...火星人状態....(。゜)"\(^^;;
これが縦ヒゴ がわり で、
f0071412_19302330.jpeg
時々目幅を整えながら、ぐるぐる編んでいくぅ〜。
適当な長さんとこで編み止めて、縁の始末。
その下に、輪っか状に縫っといた革を縫い止めて、完成(^^)
f0071412_19360202.jpeg
前回同様きっちり被ってるんで、すっぽ抜けない。
& 使わない時は畳んで収納出来まっす(^^)











 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-04-28 19:44 | 手作り革小物 | Trackback | Comments(0)

DIY ドリームキャッチャー

どこにもお出かけできないので、ちょっとDIYでも。
気に入った素材を何でもかんでも貯め込んである(笑)DIY材料箱をごそごそ.....久々ドリームキャッチャーでも作ってみよか(^^)
材料は適当。あるモンかき集めでこんな感じ。
f0071412_19121388.jpeg
輪っかはブロンズ塗りの針金を三重に丸めて
強化仕様でぐるりにくるくる巻きつけ。
ま、輪っかならなんでもいーんだけどね(^^ゞ
左下のベージュの束は何かの余りの麻の平紐。
緑のは ずーっと昔何かで使った余りの刺繍糸。
適当そうな羽、3枚。
半端の、なんちゃってパール4個。
右上のふわふわは昔編んだマフの余り。
f0071412_19193031.jpeg
輪っかに麻の平紐を適当に巻きつけて
(ところどころ外れ防止のグルーガン)
糸を適当な間隔でくるっと引っ掛けて
引っ掛けた間を拾いつつ網状に編んでく
ってな感じ。
f0071412_19223755.jpeg
糸の取り方はこんな感じ。
裏から通して一回穴に戻してやるとズレません。
詳細は編み方詳細書いてる人のページ参照(爆)
f0071412_19245752.jpeg
こっそり地味ビーズ通したり してみる。
どんどん輪っかが小さくなっていくので適当なところでヤメて止めればok。真ん中 輪っか状の抜き まんまでもいーんですが、私は...
f0071412_19275163.jpeg
真ん中にちょっと蜘蛛っぽい(笑)ビーズくっつけ。
これで輪っかんとこは完成。グラデーション染めの刺繍糸がイキて、いー具合の色合いに仕上がり(^^)
私の場合、暇だったのと(^^ゞなるべく悪夢を取りこぼしたくないんで(爆)細か目にしましたが、面倒だったらこの倍くらいの間隔とか、なんなら五、六回の引っ掛けで編んでも問題なし。デザイン重視であえて編まない人もいたり(^^)
後は適当に....余りモンで輪っかの下辺りをデコると...
f0071412_19331910.jpeg
こんな感じで完成ぃ〜♪
アルファかラナに飾ったろっと(^^)v












 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-04-26 19:35 | プチっと DIY | Trackback | Comments(0)