イルフリート紹介 Part 2

さてイルフリートくん。

預かり親さんに、通じるコマンドをうかがってみたところ、
おすわり以外、特に意識して教えたモノはないという事で、
来た当日から、我が家的コマンド入れ開始。

まず一番最初が、おしっこ(^^ゞ

びっくりする程お水飲まないくん(^^;
なんと、食後もおやつ後もお散歩後もほとんど飲まない。
はぁはぁ言う程走らせて、やっと5〜6回ぴちゃぴちゃ。
加えて、去勢済みくん & ありがちビビリん坊。
更に、とっても我慢強い上に 外しっこオンリーなので、
決まった時間にお外に出しても、延々しっこ待ち,,,。

朝晩の散歩でも、しようかなのタイミングで音が聞こえたり、
よそワンコが吠えたりするとするの止めちゃったり。
やっと出たかと思うと、
腎臓の心配しちゃうくらい濃すぎるのがちょろっと...。

というわけで
まずは、朝晩の食事とお散歩後に強制給水(笑)から。
栄養分摂取も兼ねて、ご飯に鶏ガラスープ掛け。
来た日からずっと続いてるゆるゆるうんち対策も兼ねて、
腸まで届くビフィズス菌入り無糖ヨーグルト薄め水。

量も増え、色も薄まり、体調も整ってきたところで
しっこたんびに「ちっち」と言い続ける作戦(笑)
覚えがいいのか教え方が合ってたのか、
三日程で覚えてくれました。
これで車旅も安心(^^)v


他にも 通じてるを3つ4つあげると
『待て』と『よし』
 …これは最初から意味わかってた感有りで
  最初のご飯の時から静止が効きました。
  但し、ご飯前の『おすわり』とセット感有り(笑)
  & 意味わかってるけどやらなくてもいいかも的(爆)
  コマンドの徹底&脚拭き時やドア前、お散歩途中など、
  いつでも出来るよう練習中。

『ハウス』
 …最初の二日は勝手に入って行く感じで、
  出ていいよの時もおずおずだったのが、
  三日で、出てて良いんなら...と言わんばかりに(笑)
  今度は入りたがらなくなってきていたところに
  半強制執行から始め、4日で覚えてくれました。

『つけ』
 …最初は定位置がわからず、前に出たり後ろに下がったり、
  私の顔を見つつも うろうろしながら散歩してたんですが、
  今は基本脚側。気が散ったりビビったりで外れても、
  戻るべき位置はわかってる感じ。
  "気が散ったりビビったりで外れる”をなくすのが
  長〜〜い目で見た 目標 って事で(笑)

『お洋服』
 …我が家はナイルくんの時代から
  日中は誰かが家にいる限り(まぁほぼ私)一階フリー。
  夜は人間は二階の寝室。一階のわんこ部屋で独り寝。
  が決まりなので、この時期は、寝る時だけ防寒着着用。
  遅めの夜ご飯が済んだら、しっこ行ってハウス、なので
  夜ご飯を食べる前にこのコマンド(笑)
  最初は勝手に言いながら有無を言わさず着せてましたが、
  今はこれを言いながらお洋服を手に取ると
  自分から着せやすい位置に立って片脚上げてくれます(笑)

仔犬じゃないのと、色んな環境に身を置いてきたのと、
今は私にとっても強く執着(^^; しているせいもあって(笑)
とっても覚えが良い イルフリートくん です。

お膝に乗って甘えまくりの図
f0071412_14583823.jpg

f0071412_14591181.jpg








  
  
[PR]
by salukis_taka | 2012-02-29 10:00 | イルフリート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://salukinile.exblog.jp/tb/17261891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イルフリート紹介 Part 3 イルフリート紹介 Part 1 >>