カテゴリ:独り言( 81 )

脊柱管狭窄症 MEL手術&入院記 Part 4

Part 3 の続き。

二週間後、2度目の受診。
初回時、受診前、MRI撮影の指示があったので、受付後まずは院内地階のMRI撮影部屋へ。院内地階にMRI室とCT室があって、撮影された画像が即主治医のPCで見られるシステム。お陰で待ち時間もほとんどなくスムーズ。

掛かり付け医院から借り出した10ヶ月前のMRIプリント画像と当日撮ったMRI画像を見比べながら診察。三箇所の狭窄と四箇所のヘルニアの程度を診ながら細かい問診。前回タブレットに打ち込んだ数十問の問診の他に、症状の経緯詳細、過去の病歴や仕事歴、普段の生活ぶりなどしっかり聞き取って頂ける安心できる診察でございました。

どうやら少し歩くとへなへなと脱力してしまう、まるで膝カックンを食らった風の症状(笑)は、かなり強くなってる狭窄のせいらしい。以前は腰が重〜くなって痺れと共に出ていた分かりやすい間歇性跛行が、今は痺れも痛みも感じず突然カクカクっと...。これが一番危険なので、まずはこの原因になっていると思われる箇所の検査から。

ついに....初めてのブロック注射(^^ゞ
これまで私の乏しい知識の中では、ブロック注射というのは『治療』もしくは『対処療法』。地元の大学病院だと『ペイン外来』的なところで受ける処置....ブロック注射で検査....ってゆーのがあるんだぁ...でした。

診察室の向かい側、処置室へ。
事前に、入り口横に設置してある測定器で血圧測定。
処置室に入ると想像より大仰な診察台。
X線(レントゲン)透視下ブロック注射というヤツで、レントゲンで体内の血管や神経をモニタリングしながら注射して、より的確に目標を特定できるとゆー装置らしい。

施術台で患部晒しの半ケツ(爆)うつぶせ。
施術箇所にレントゲンの枠を合わせ、消毒してもらって先生を待つ.....ほんの数分な筈ですが、こんなあられもない格好(爆)で高い台(ウィーンと昇降する)の上、煌々とライトにてらされつつじっとしていると これが結構長く感じるわけですな(爆)まな板の鯉...ならぬ解剖台の上のアザラシ?(笑)
先生が入室。「じっとしてて下さいね。打ちますよ。」

注射好きってわけじゃないですが、そんなに弱い方でもないので軽い気持ちで「はい。お願いします。」と。チクッは想定内だけどその後まもなく「....うっ、っつーーーー!!!,,,,,,」
腰から下の神経、ビッキー〜ーッンと走る激痛。
この衝撃は何と伝えたら良いのか....例えば、肘の一点、不意にぶつけるとズッキーーーーッン!と走る痛みがあるでしょ?あれを何倍も鋭く!&強く!して、下半身の芯に通した感じ?....もしくは、神経出ちゃってる虫歯を爪楊枝でつついた時のビッキーーーッン!を何十倍も大きくしてた感じ?(笑)
とにかく腰から下半身の芯を貫く衝撃に声も出ずフリーズ,,,。
「どこにキました?」「あ、じゃok.」
「では次回様子を教えてください。」
台上のアザラシ放置で颯爽と(?)立ち去る先生。
何とゆーか一瞬にして凌辱された感?(。゜)"L(^^;;

看護婦さんが注射跡に絆創膏を貼ってくれ「立ち上がって良いですよ」と仰って下さったモノの.....想定外の衝撃にすぐには反応できず....「........はい。」と言いつつフラフラの虚脱状態,,,,,,,,なんとか着衣を整えつつ、そっかー....こんなんだったのかぁ.....と処置室を出る....。
後に認識した事ですが、ブロック注射と一言で言ってもいろいろな種類があって、私の初ブロックはドンピシャだと一番衝撃が大きい神経根に打つブロック注射だったらしい。

注射の一発くらいと甘くみて、連れ合いには一人でも大丈夫だと言ってたんですが、もともと血圧が低めなせいもあってか、病院を出てもちょっとふらつきが残る有様。付き添いありがとう。運転よろしくね状態(笑)

が、そんな衝撃に耐えた甲斐あって、帰路途中のSAで休憩の際、足の後ろ側お尻のあたりからアキレス腱まで妙に軽く、足取りサクサク。感動。「うおぉ〜♬まるで腕のように当たり前な感じに動かせてるじゃないかぁ〜♪」

三回目の診察は二週間後。
人によっては半月やひと月、中には半年も効果が継続する方もいらっしゃるらしいが、私の場合、効き目が長続きせずほぼ一週間程度で切れ。詳しくは聞きませんでしたが、検査の為のブロックなので麻酔の量を調整してあるのかもしれず(^^ゞ

この後は、ほぼ一週間に一度の四回通院。
茨城県南からだと往復約4時間、せっせ。
先の三回は狭窄箇所一箇所づつ神経根ブロック。
四回目は四箇所のヘルニアに順番に針を刺していって、ビキーーンときたところのみ注入。一気打ち?(笑)
このブロック注射は脊椎の関節と関節の間辺りを目指して打つヤツで四箇所ぶっ刺した(笑)割にはダメージ少なめ&医療費も安価ございました(笑)
先の三箇所&四回目の一気打ちそれぞれ、効いた箇所もあれば全く影響を感じなかった箇所もあり。
次回六度目の受診で今後の治療方針を決める事に。

ちなみに私の場合、狭窄三箇所ヘルニア四箇所と疑わしい箇所がてんこ盛り(^^;; だったので全ての箇所の検査を終えるまでに時間かかりましたが、病棟で知り合った入院仲間(笑)には検査一発(笑)二度目の受診で手術入院が決まり、その週には入院してたという方もいらっしゃいました....というか、どちらかというとそっち寄りのパターンの方が多いかと(^^ゞ


んでわ、続きは Part 5 で(^^)b















 

by salukis_taka | 2018-12-22 19:17 | 独り言 | Trackback | Comments(2)

脊柱管狭窄症 MEL手術&入院記 Part3

Part 2 の続き。

半年近く掛かってやっと繋がった(いつ掛けても話し中か、只今大変混雑しておりますアナウンス)電話で即診察予約。
まず最初に『ご指名の先生』を聞かれて吃驚。
初めての経験で、ちゃんと調べて掛け直すべきか迷いましたが、どーせ私は下々の小市民....。ご高名かつお忙しそうな院長先生や中途半端な知識@メディア で指名させて頂く愚行を避け「症状に沿う信頼できる専門医師であればどなたでも結構です。」とお任せ。
お陰で何とキャンセルが出たという3日後の予約ゲット。

初めての受診日。
通院は最寄り常磐道ICから空いてれば約1時間半。
首都高芝浦降車、天王洲アイル通過後数分。
次の吃驚は、立派な入院施設を備えたそこそこ大きい病院なのに、駐車場は正面玄関前のほんの5〜6台....しかも某有名チェーン有料P(ハンコ割引あり)のみとゆー都会の流儀(爆)

我が家在住茨城はクルマ生活必須地域。
大人一人に一台、なんならその他に仕事専用車追加...が珍しくない茨城では、大きな施設にはすべからく大きな駐車場有り....あらまの想定外(^^ゞ 後に長引いた検査通院期間や入院中、これに度々煩わされる事になったんですがそれは又別の話(笑)

初回受付or月替わり後のみカウンターで保険証提示。
以外は自分で診察券を機械に通すシステム。
出てきた受付票の指定番号外来扉前で待機。
f0071412_10505181.jpeg
外来は7番扉まで。
一階は他に処置室やら検査室やらペインルーム(?)やら。
当然の事ながら来院者は全て脊椎・関節疾病or破損関係者(笑)
田舎の大病院だと予約時間をはるかに超えても延々と待たされるのが当たり前。電話が繋がらないくらい人気の病院だし当然相当待たされるんだろう....と覚悟してたんですが、各外来扉内にいらっしゃる7名の医師が効率よく次々診察、検査、処置等をこなして下さっていて(笑)渡されたタブレットの細かい問診に回答し終わると間もなくコールされ....これもまたビックリ。

担当の先生と初顔合わせ。
入力したタブレットデータと持ち込んだ掛かり付け医提供のMRI画像を見ながら詳細問診。問診後、即、同階のレントゲン室で撮影指示。
反ったり伸びたり丸まったり(^^; 過去経験した事がない...ジョジョ(の奇妙な冒険(爆))風のポーズで何枚も撮影。撮り終わると間もなく、先生のPCに送られたデータを診ながら非常にわかりやすいインフォームドコンセント。単に一方的に病状を宣告され同意するといった形ばかりのモノじゃなく、幾度もこちらの理解度を確認し、意向を聞き取り、不安を解消するように努めて下さる、本来あるべき形で一安心。

早急に積極的治療(手術含)で改善を目指す...は この場で即決。
先生によると、私の脊椎には3箇所の狭窄と4箇所の椎間板ヘルニアがあって、それぞれが絡み合って複雑な症状を引き起こしていたらしい。しかも長期間の対処療法(痛み止めやらの投薬)のみで放置されていたのでかなり病状が進んでいて、一回の手術で全ての症状を取り除くことを目指せる状態ではない らしい。まずは各患部を細かく検査・分析してから改めて治療方針を検討する事に。最後に複雑症例リポートの提供同意書?みたいなモンにサイン(^^ゞ

以後約ふた月ほぼ毎週、各症状の要因と思われる部位一箇所づつにブロック注射を打って様子を見る....とゆー検査で通院する事に。
ブロック注射は聞き知ってましたが、掛かり付けのご近所医院ではその処置は行なっておらず、ペイン外来がある近所の大学病院への紹介も受けていなかった為、これがブロック注射初体験(笑)になる訳で......実情を知らず(爆)長年抱え込んでた持病の煩わしさから早く解放されたい一心。「もーどんどんじゃんじゃん打っちゃって下さい。今は遊んでる身ですからそりゃもー例え毎週でも通ってきますとも!」とばかりに喜んで了承。
ここまでが やっとこ念願のエスカレーターに乗った 編(笑)

続きは Part 4 で。














 

by salukis_taka | 2018-12-15 13:18 | 独り言 | Trackback | Comments(4)

脊柱管狭窄症 MEL手術&入院記 Part 2

Part 2 は自宅から(笑)

11月24日入院、30日無事退院致しました(^^)
入院期間7日。現時点で退院後12日経過。
粗忽者なので、時折、油断が招く「うっ!....っつー....」なフリーズ(^^;; にみまわれながらも、ほぼほぼ元気に過ごしております(^^)

ご報告が遅れたのは、まず安静第一(^^)b
PC前で長い記事が書ける状態になるまで待っていたのと、ほんの一週間留守にしていた間に荒れ放題になった我が家と格闘(笑)していたり、空っぽになっていた食料庫の補充やら遅れていた野暮用の数々を一つずつ片付けていたせいもあり(^^ゞ
Part 1 up以降、メッセージ、レスポンス、コメント、直電、綺麗なお花179.png等、暖かいお見舞いの数々を下さった皆様に改めて御礼申し上げますm(__)m

今まで特に持病詳細をupした事なかったので、
何ぃ〜?いきなり入院てー?手術って〜? と思われた向きも少なからずあったようで....なわけで、まずは順を追ってこんなんなった経過報告から(^^ゞ

長文読むのなんか面倒な方向けに(笑)ざっと言うと
実は数年前からこの腰の持病を騙し騙し過ごしてたんですが、それがいよいよキビしくなったタイミングと、年上(ここ強調)の連れ合いの、年齢に伴う生活環境の変換期が重なって、とうとう思い切った という感じ。

最初に症状に気づいたのは、ナイル御大がまだまだ元気でお散歩大好きくんだった10年くらい前。それまで1時間でも2時間でも平気でお散歩にお付き合い(笑)出来てたのに、なんだか右足だけが寒いなぁ....から始まって、右足だけだるい...→右足がちょっと痺れる→右足だけが冷たい....→腰が重だるい気がする....→長く歩いてるといつの間にか右足だけが痺れて言う事聞かなくなるけどちょっと休めば復活する....→けど あんまし長い時間お散歩したくなくなる.....ここいらあたりまで1〜2年。

ここで初めて近所の整形外科医院を受診。
「脊柱管がちょっと狭くなってる箇所と軽いヘルニアが何箇所かある。」と診断され、原因は足じゃなく腰??と知るも「でもこのくらいなら大した事ない。ある程度の年齢になれば少なからずそーゆーのが出てきます。そろそろそーゆー年齢なんですよ。」と言われて頭カキカキ帰宅。同じ頃、季節の変わり目になると何だか耳が痒くなる,,,,という訳わからん症状にも見舞われだして、耳鼻科に行ってみたら「加齢のせい」と言われて軟膏を処方されたばっかしだったもんで「なんでも加齢かいっ( `´ )プンプン」くらいな受け取り方。まだ症状も軽く、しかも調子が悪い時と何ともない時の波に幅があったんで、そん時だけで再受診せず。

これが、長く歩いてるといつの間にか右足だけが痺れて言う事聞かなくなるけどちょっと休めば復活する....の『長く』の時間が少しずつ短くなり、しかも頻繁に起こるようになり→長時間のお散歩が出来にくくなってくる.... あたりまで更に約2年。寒い時期やちょっと無理をした後などは症状も強くなり、ある日突然「右の足の裏に脱げたソックスが丸まって挟まってるみたいな変な感じ....。腰かばって変な歩き方しちゃってるのかな?なんかお尻や太腿やフクラハギも痛い気がする,,,,,」となったのが約6年くらい前。ここで本格的に再受診。

レントゲンだけじゃなく、近くの大きな病院に行かされてMRIを撮ったりした結果「椎間板の狭窄症とヘルニアの症状ですね。投薬しながら様子みましょう。」→初めての神経性疼痛のお薬(リリカ)と血行を良くするお薬で劇的に良くなりホクホク→症状が出るとお薬出してもらいに行くけど良くなったら通院やめちゃう不定期患者→この間隔が短くなり....→4年前くらいから毎月処方箋頂きに通院するようになり→薬の量や種類が増えていき....→こんなに?って思う程お薬飲んでるのに痛みや症状が治まらず、何とか我慢できる程度になるだけ....となったのが約1年半前。

ここいら辺りから、痛みが強くなる時期毎に掛かり付けの整形外科医に「もっと積極的な治療はないの?手術はどうだろうか?」と言い出すも、その都度、大きな病院出張でMRI撮らされ「前とそんなに変わってない。手術には大きなリスクが伴うし腰は手術したからって治るとは限らない。確率は半々。お薬と長く上手に付き合っていく方向で...」と濁され、いよいよセカンドオピニオンを真剣に考え始めた約1年くらい前、各分野の専門医を取り上げるTV番組で狭窄症やヘルニアの手術が大きな進歩を遂げているのを観て鬼検索。今回手術&入院をした病院をロックオン(笑).....するも、何度電話しても繋がらない人気ぶりに阻まれ、予約が取れるまでまた数ヶ月.....やっと電話が繋がった時は思わず「...う....うそ、繋がったよ,,,,」と言ってしまったくらい(爆)

やっと念願の予約ゲット!→初めて受診できたのが先々月。
ここからはまるでエスカレーターかベルトコンベアーに乗った感(笑)予約取れるまでの苦労は何だったのかと思うくらい迅速に事が運び、入院&手術が叶いましたとさ。
と、いつも通り長々と語っちゃいましたんで(^^;ゞ
Part 2 はここまで(爆)

Part 3 はこちら。














 







by salukis_taka | 2018-12-12 12:09 | 独り言 | Trackback | Comments(2)

脊柱管狭窄症 MEL手術&入院記 Part 1

病室@東品川 からこんにちわ(爆)
これがこの先一週間の私のベッド。
f0071412_09052908.jpeg
やー、病院も快適化&近代化(?)進んでますねぃ(笑)
脊椎・関節専門なせいもあってかベッドマットは某高級反発系。
PC持ち込み自由。Wifi 使い放題。
f0071412_09052370.jpeg
使い慣れた Mac Book Air も一緒に入院(笑)
自宅とほぼおんなじ環境でPC使い放題。

TVも各ベッド付きで角度調整自由。
けど、Wifiは使いたい放題無料なのに、なぜかTVはプリペイドカード式の有料制(笑)しかも使い捨ての片耳イヤホン¥250_購入必須(爆)
f0071412_09063968.jpeg
まぁ 一応、
プリペイドカードもイヤホンも購入しましたが(^^ゞ

食事はもちろん栄養士付きの病院食にはなってますが、内科系ではないので特に食事&飲み物制限なし。地味に有り難かったのがティファール繋ぎっぱで24時間空調の檄乾燥も防げるし....何せカフェイン摂取いつでもok(笑)

入院当日は勝手がわからなくって&まだ遠慮があって(爆) ↑ な感じに、ベッド横のテーブルにPC乗せて使ってましたが......
一夜明けると....もう我が物顔...
....ウィー〜〜〜〜ン カッシャーーン
f0071412_09255529.jpeg
勝手に、ベッドは角度調整するわ。
サイドテーブルはセットするわ(笑)
すぐ横に小型冷蔵庫とティファールまであるので、ビンボー人専用の大部屋(爆)でも、カーテン締めれば個室気分(笑)
入院生活快適化万歳⬆️

手術前日、ちょっとした術前準備以外に何もする事がない元気な(今んトコ(爆))入院患者(笑)、暇にあかせてネット見放題。ベッド上から投稿(^^ゞ

Part 2 はこちら。












 

by salukis_taka | 2018-11-25 09:40 | 独り言 | Trackback | Comments(4)

家電も家も人間も......

あー....紅葉観に行きたい.....。
まぁ 勝手に行けば?...って話ですけど(笑)
前回の『独り言』カテ記事 の続編.....で、家電も家も、何でも古くなるとガタがくる,,,,で、とうとうそこに住んでる人間にもガタガきた(爆)

4年程前から持病の腰痛....まぁ 正確に言うと椎間板ヘルニア&狭窄症の症状がいよいよ厳しくなりにけり(^^;

地元整形外科では痛み止めやらの対処療法のみでお茶にごししているうちに少しづつ悪化していく症状に業を煮やし、何度か積極的な治療を相談するも「あなたの場合疑わしい患部が何箇所かあって症状も複雑なので手術すれば治るってゆー簡単な話じゃない。確率は半々。手術にはリスクもあるんだから投薬と上手く付き合っていくのが肝要。」的な返答ばかり。そんな地元整形外科医院をとうとう見限り(^^; 都内の脊椎関節専門病院でセカンドピニオン→早急かつ積極的な "治療" ライン入り。

このまま症状が進んだら、いつの日か日常生活もままならなくなるんじゃないかと諦め半分でしたが、流石の専門医。まずは三箇所の狭窄&数カ所の椎間板ヘルニアが複雑に影響しあって起こってるらしい症状の一つ一つ、細かく原因究明して必要な手術をしましょう。と。数ヶ月間掛けて予約を取った甲斐があったというもの(笑) そーゆー言葉を待ってました!もーどんどんじゃんじゃんやっつけちゃって下さーい。

な、わけで、このところ毎週、連れ合いの休日毎に茨城から都内まで通院中。最初の問診から積極的な治療の話が進んだのは嬉しい限りですが、茨城の片田舎から都心まで片道約1時間半、往復高速利用とは言え、ほぼ半日潰れるのは如何ともし難いところ。

まずはMRIとレントゲンの撮り直し。MRIは最後に撮ったのが去年の暮れだったんで最近影撮影。レントゲンは今まで撮ったのとだいぶ違う色んなポーズ(^^; やら向きやらやら。

その後は行く都度あられもない姿(爆)のマグロのように治療台に乗せられ、一箇所づつの患部にブロック注射で様子見。それがもー「.....くぅ〜〜、痛っー.....」てな感じ(^^; 精神的にも肉体的にも少なからぬダメージを食らっとります(笑)

今まで4回のブロック注射ではっきり効果が出たのは最初の1回目。以降は今のところ 単に神経弄る痛い注射.→ちょっと車椅子で休みましょうか?くらいの痺れと目眩(元々血圧が低いのでそんな感じにやりやすいらしい)....で、期待の効果は感じられず 終了(^^ゞ 自分から望んだこととは言え、毎週毎週 施術そのもののインパクト、プラス メンタル的な沈没感(笑)の繰り返しで、その後、さて紅葉狩りにでも出かけようか....的な⤴️気分になれず、深海潜航気味 ヽ(´`)/フッ

とっとと患部特定が済んで、ぱぱっと手術を終えて(笑)
すっきり暮らせる日々になりますように(-人-)

あーー
四季の中で一番好きな秋。錦織りなす紅葉の山々。
例年なら二〜三度は行く紅葉狩りキャンプ。
紅葉を眺めながらの温泉はいーよな〜。
焚き火が恋しい季節だよなー。
行きたいよー( ; ; )


ちなみに、通院は続いてますが、今のところ未だ(笑)普通に生活しとりますし、通院日以外は普通に遊びに行ったりもしてますんでどうぞご心配なく〜(^^)















 

by salukis_taka | 2018-11-01 13:36 | 独り言 | Trackback | Comments(6)

築25年も超えると...色々逝っちゃうわけで(^^ゞ

我が家の住まいと暮らし
またしても しばらく放置しとりました(^^ゞ

その間、我が家はあれやこれや(^^;;が壊れて買い換えたり、
しゃーない、もうリフォームしちゃうしかないか....だったり。
築25年を過ぎたんで、まぁ 不思議はないわけですが、
壊れる時はなぜか、全然関係ない筈の家電とかまで
あれもこれも一気に逝っちゃう.....住まい あるある 。

とりあえず、先週末リフォームを終えたばっかのトイレ画像(爆)
工事完了直後未使用(爆)んとこでサラですが、
人んちのトイレなんか見たくない方はすっ飛ばして下さい(^^ゞ
f0071412_09525576.jpeg
猫の眉間くらい😅なトイレですが、
ほぼ私専用なんで趣味嗜好ぶっ込み(笑)
田舎の地味なリフォーム業者さん的には、最新型の真っ白近未来ビジュアル一体型(爆)スルーで、わざわざ分離型(しかも"人気がない"クリーム色)にしたトコも、突き当たりんトコだけ全カタログひっくり返して見つけた花群青指定の壁紙も、狭いトコなのに五月蝿い柄モン&柄位置指定(^^ゞの床の張替えも納得いかなかったらしく、いささかの抵抗(先方曰く"お詳しくない方へのアドバイス")は受けましたが...一切譲らず(-"-)b

趣味的偏向顕著な真鍮ペーパーホルダーは、自力調達(^^ゞ
合わせたタオルホルダーは納品間に合わず、自力装着予定。
偏向趣味視点過ぎて(^^; 見つからなかったストッカーは...
そのうち何とかする.....つもり(^^;;ゞ


思えば、
この"逝っちゃう連鎖"は丁度25年目の2015年あたりから。
最初があんまし観てなかった二階のテレビ。
まぁ ケーブルTVのお陰で使えてたブラウン管(爆)
なので、ボンっって音と共に逝っちゃっても仕方ないとして。

次がMacデスクトップ。
まだ4年目(でも十分古いんだけどね)だったのに、
突如電源が入らなくなり....うんともすんとも言わん君...。
何度かあれやこれやと復活を試みましたが、ハードの問題らしく、
たった一度電源が入っただけで、未だ沈黙を守っとります。
ただの真っ黒なでっかいモニタ.....いー加減何とかしなきゃ,,,(^^;
まぁ 同時使用のMacBookがあったんで環境的には事無き。

そん次が この初夏の屋根。
隅棟の下がりを直して全面塗り直し。
これは なかなかの大物でございましたわ( ´ `)y-・~~

そのまた次が、先月の洗濯機。
古いドラム式がいきなり大音量でガランゴロン言い出して
新しいドラム式(ビックドラムスリムとかゆーヤツ)に買い替え。
たまたま年間で一番洗濯機の価格が下がる9月でラッキー(か?)
まぁ、古い洗濯機の働きぶりはかなりのストレスだったし、
洗濯時間の大幅短縮やら、"ちゃんと乾燥"する乾燥機能やら(ww)
数多の最新機能に感動もんだったんで良しとして(笑)

で、今回のトイレ。
ここはちょっとの不良でも待ったなしの水回り。
どーせなら って事で。

次は何が来るやら。













by salukis_taka | 2017-10-16 11:54 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

人参のヘタから こんなの が育つ(笑)

f0071412_10480780.jpeg

捨てるのが惜しかった葉っぱ付きミニ人参のヘタ。
グラスに挿し(活け?)て置いたら、いつまでも枯れず、
ヒゲ根がどんどん伸び、とうとう、蕾み (^^)















 

by salukis_taka | 2017-06-10 10:57 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

風呂釜洗い専用洗剤で洗濯槽の掃除してみる(^^ゞ

かな〜り前、古くなった風呂釜(なんか古っ(笑))が壊れて交換。
交換して二〜三年??経つんですが、先日、何年か振りに洗剤やらを押し込んである戸棚のフル整理(^^;をしていて、一番奥ぅ〜の方に、古い風呂釜用の専用洗剤『フロ釜洗いジャ○ 2つ穴用』の買い置き約1ダース(爆)発見.....ありゃま....(^^;ゞ

一つ二つなら迷いなく廃棄....ですが、家庭用に販売されてる酸素系漂白剤とはいえ、一応、つい最近危険物第1類に指定された(筈(笑))酸性個体、過炭酸ナトリウムが主成分の薬品1ダース,,,,,となると、普通に一般ごみ(よく燃やすゴミ?(爆))に出すのが躊躇われ(勿論指定量には全然達してないんですけどね).....。

とりあえず状態確認の為(笑)一箱開封...。
中のポンプ式になってる容器に損傷なし。内部の顆粒もちょっと固まってはいるものの、容器の上から指で押せば崩れる程度。危険度が一気に上がる"湿気"はほとんど帯びてない模様。
じゃ、何かに利用するか、と。

思いついたのが、洗濯槽の掃除。
つまり、洗濯槽お掃除モードなんてモンはない古い洗濯機に、ほっとくといつの間にかくっついてくるようになる細かいワカメの様なモロモロ落とし(笑)
もちろんちゃんと専用洗剤があるんで、我が家も何となく定期的に使用してるんですが、じっくり見ると成分ほぼ一緒(^^ゞ

な訳で、丁度頃合い(爆)の本日、試してみました。
洗濯二回戦終わった後(いきなりよりふやけて?(笑)よく落ちる気がするのでいつもそうしとります)『フロ釜洗いジャ○』のポンプ式になってる容器の赤い蓋を外し、ちょっと固まったのを崩しながら(^^; 洗濯槽に大胆投入。
"お急ぎモード二回すすぎコース"で運転。

しばらく回してから様子見。
美しいモンじゃないので画像は自粛しますが(笑)
ちゃんと浮いてました<モロモロ(^^ゞ
すすぎの段階でもう一度見に行くと....
専用洗剤ん時より大漁な気がする<モロモロ(爆)
コースが終わっても一度洗濯槽確認。
残りモロモロが付着してたんで(^^;ゞ
追加の洗剤なしお急ぎコース運転。
最後に念の為バケツ水を入れて綺麗に流れた事を確認し終了。
実験くんだったんで確認水投入しましたが、いつもの専用洗剤よりスッキリ流れて(専用洗剤ん時はここで更に通水(笑)する事あり)くれた....気がする(笑)

結果 "我が家の洗濯機" では問題なく使えました。
むしろ専用洗剤より綺麗になった気がするくらい。
(あくまでも素人個人の感想ですので、お試しは自己責任で願いますm(__)m)
という訳で、残りもちゃんと活用、決定(^^)










 

by salukis_taka | 2017-06-05 12:20 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

合掌

若かりし日の一時期、私のカリスマだった

デビッド・ボウイ 死去  合掌









 
by salukis_taka | 2016-01-12 12:49 | 独り言 | Trackback | Comments(0)

モミジの実

先日の 久しぶりの那須塩原♨ 2日目
でupした不思議なモン。
あれからちょいと検索してみたら
モミジの花 じゃなく モミジの実
だそーです(^^)
f0071412_15373942.jpg
この綺麗なピンクの竹とんぼみたいなの、
よーく見ると真ん中当たりに2個、
お豆みたいなふくらみ見っけ(^^)

これが熟すと、竹とんぼみたいに
風に乗ってくるくる飛んでく らしい。
カエデ科の植物では一般的 らしいんですけど
知らなかったなー。気が付かなかったな〜。
.....くるくる飛んでくとこ、見たい(笑)
by salukis_taka | 2013-06-17 10:00 | 独り言 | Trackback | Comments(0)