<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017 紅葉狩り@湯西川温泉〜日塩もみじライン〜塩原温泉 Part2

2017 紅葉狩り@湯西川温泉〜日塩もみじライン〜塩原温泉 Part1 の続き。

道の駅湯西川二階湯の郷でほっこり後、紅葉狩り継続(^^)
一旦ちょっと下がって、鬼怒川温泉側から塩原温泉に抜ける日塩もみじラインへGO!

日塩もみじラインは、ほぼ毎年の紅葉狩りで通る標高1000mオーバーの山越え有料高原(山岳?)道路。標高差やら日当たり差でいずれどこかで見頃に当たる目算大(笑)
入り口はまだまだ...ちょっと早かったかな?....お、色付いてきたねぃ、あ、ここは綺麗.....あらま、靄が出てきちゃったなぁ.....お〜〜、ここだぁ〜。
迫り来る靄の手前、白滝んトコの峠茶屋P見頃(^^)
f0071412_12250304.jpeg
f0071412_12275802.jpeg
f0071412_12292615.jpeg
f0071412_12294889.jpeg
これらの撮影直後、茶屋の駐車場もすっかり靄ん中(雲ん中?)
間に合ってようございました(^^)

塩原に着く頃にはもう夕闇時。
もう一軒....と、かすめましたが(^^ゞ
この日は早めに夕飯→一杯(笑)→就寝。

翌朝25日(水)の塩原ビジターセンターP。
f0071412_12382940.jpeg
まだまだですねぃ。
朝のローテを済ませて、源三窟前Pへ移動。
f0071412_12401102.jpeg
対岸は色づき始めたばかりだったけど、赤いトコ見っけ(笑)
さ、朝風呂♨️
いつもの塩原新湯へGO!

湯荘白樺さんの奥の方の駐車場へIN。
この坂登るのぉ?というトコを登った一番奥。
f0071412_12584321.jpeg
こーんな斜め止め(笑)
で、この奥の駐車場には
f0071412_12595672.jpeg
温泉神社の急な階段があったりもします。
地面が白いのは、すぐ横の山肌から湧き出てる硫黄。
f0071412_13013149.jpeg
ありがたや(-人-)
今年何度目かの白樺、白濁湯ゆっくり満喫させて頂きました(^^)

活発になった胃袋抱えて(爆)塩原温泉街戻り。
以前から気になっていたけど入る機会がなかった...
f0071412_13071484.jpeg
塩原もの語り館 駐車場IN。
もの語り館詳細は上記公式サイト参照(^^ゞ
この空中階(笑)が地元食材使った洋食レストラン洋燈(ランプ)。
まずは紅葉具合の確認(笑)この下をくぐって「古町温泉もみじの湯」が見える川沿いへ。
f0071412_13252092.jpeg
対岸に渡る吊り橋。
f0071412_13262516.jpeg
色づき始め感。
地元の方に聞いたら、10日ぐらい先が見頃じゃないかと。
この日が25日なので11月に入ってからって感じ?
f0071412_13162566.jpeg
共同浴場『古町温泉もみじの湯』入浴料¥100。
以前は丸見えでしたが、最近はちゃんと目隠しされてます。
浴槽は二つに仕切られてるも、これはあつ湯とぬる湯区切り。
着替え場にちょっとした簾がかけてあるだけの混浴で、観光客が覗いて行ったりもするので女子にはハードルが高い(笑)

お腹すいた〜(笑)
で、レストラン洋燈(ランプ)でランチ。
f0071412_13320957.jpeg
想像より洒落た洋風レストランで、正直びっくり(笑)
大きく開いた窓から対岸の紅葉一望。
f0071412_13322645.jpeg
大きな窓とテーブルのランプが素敵ですねぃ。
ランプを生かす為か、ちょっとムーディな照明(笑)
私、手前、ハンバーグステーキきのこソース。¥1280_
ライス、我儘言ってきのこご飯に変えて頂いた分+(^^ゞ
連れ合い、文豪秋御膳 ¥1300_
JAF優待で¥100_引きの珈琲セット。¥120_
ミニケーキのコースターに塩原を歌った文豪の一句(^^)
f0071412_13325877.jpg
お腹も一杯になったところで....もう一っ風呂(爆)
以前紹介した『おもて那須手形』の無料入浴未使用分で
f0071412_13331661.jpeg
源三窟前無料駐車場隣、伊東園ホテル塩原。
団体向けの大きな施設で清潔なホテルでしたが、泉質重視の我が家的にはちょっと....。まぁ 最後のシャンプー入浴向けって事で(^^ゞマッサージチェアでお茶を濁す....(。゜)"L(^^;;

今回は不安定な天候のせいもあってキャンプはできませんでしたが、その分身軽で移動さくさく。
紅葉狩り、満喫できましたとさ(^^)











 

[PR]
by salukis_taka | 2017-10-30 13:51 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 紅葉狩り@湯西川温泉〜日塩もみじライン〜塩原温泉 Part1

10/23(月)夜発、24(火)25(水)、紅葉狩り...& 温泉♨️
我が家には珍しく、栃木なのに高速利用(笑)
pm 10:00 発、約2時間半で 道の駅湯西川 着。

湯西川温泉は、鬼怒川温泉の奥の川治温泉の奥(-"-)b
トンネルや道の整備がだいぶ進んできましたねぃ。
向かって左側に鬼怒川線湯西川温泉駅、正面に足湯、二階に岩盤浴施設付き(別料金)日帰り湯『湯の郷』....があるんですが、深夜着で しーーん。先着仮眠車数台の程よい位置どりで、ひっそり就寝。

翌24日(火)7時起床(笑) いい感じの秋晴れ(^^)
f0071412_15104871.jpeg
駅側にダム湖にじゃっぽーんと入っていける、
水陸両用バスダック号のポップなお迎え車待機。
f0071412_15115869.jpeg
夜間は湯が抜かれていた足湯も放湯(笑)
f0071412_15111092.jpeg
植え込みのツツジは紅色だけど川向こうの山はまだ緑。
イルくん朝散歩、朝珈琲、軽い朝食、ざざっと片付け...やらの間に、二階の湯の郷の開館時間が近づいてくるも...今回はもちょっと奥、新設の観光センター『湯西川水の郷』へGO!

整備されたばかりの道沿いに、
ダム造成で移転した方々の新しい家が沢山建っとりました。
水の郷の開館時間は am 9:00。
川沿いの広ぉ〜い綺麗な駐車場に入ると....
f0071412_15290427.jpeg
ちょっと紅葉感出てきた(笑)
f0071412_15300937.jpeg
何気に見事な杉...樹齢どのくらいかな?
杉の足元には川場があって、風情風情(^^)
その向こう側に真新しい吊り橋。
f0071412_15330142.jpeg
川向こうに用はないけど、まぁ一応渡ってみたりする(笑)
f0071412_15332212.jpeg
道の駅周辺よりちょっと色づいてきてる感じ。
f0071412_15334562.jpeg
吊橋の下は前日までの雨で白っぽく濁ってるけど
川面に近いあたりはちょっと紅葉(^^)
f0071412_15391642.jpeg
水の郷の前にも足湯。
川沿いの高台で、風景を楽しみながら浸かれる感じ。
f0071412_15382383.jpeg
やっと本館入り(笑)
開館と同時入館で館内日帰り湯、一番風呂🎵
入浴料金 ¥500_ のところ、JAF優待で市民料金 ¥300_。
f0071412_15431764.jpg
f0071412_15433827.jpg
真新しい浴場貸切、良きかな(^^)
無色透明、無味無臭のアルカリ性単純泉。
内湯は大きなガラス窓が開けた石板貼り。
露天は対岸の山並みを眺めつつ川を見下ろす岩風呂。
PH9.5 とありましたが、想像していたぬるぬる感はあまり感じず、まぁいわゆる肌当たりが優しいというヤツ?(^^ゞ
開館直後だからか(この時期石岩を温めるにはもうちょっと早めに溜めないといかんのでわ?(爆))この日の(?)内湯は39.5度、露天は38度。残念ながら、私にはちょっとぬる過ぎ。
源泉を溜めてある丸い掛け湯槽の温度はも少し高めで、おそらく41〜2度....こっちに入りたかった(爆)

入浴後にのぞいた物産品やお土産の売り場は商品充実。
と、ここで次の目的地『平家の里』の前売り券購入(^^)b
紅葉求めてさらに奥へ。
湯西川温泉のどん詰まりあたり、
平家落人の集落を再現した『平家の里
f0071412_17251537.jpeg
f0071412_17290998.jpeg
駐車場から見事な紅葉(^^)
道の駅辺りが標高600m、水の郷辺りが700m。
んで一番奥のこの平家の里辺りが800mくらい。
どんどん秋が進んでいく感じが目に見えますねぃ。
f0071412_17264720.jpeg
立派な門をくぐると...
f0071412_17371855.jpeg
苔生した茅葺き屋根の受付棟前、雅な紅葉。
f0071412_17352478.jpeg
f0071412_17365926.jpeg
f0071412_17391468.jpeg
茅葺き屋根の古民家集落の中、紅葉見頃(^^)
ゆっくり回ると3〜40分の場内一番奥に、こじんまりと安徳天皇(平家一門が奉じ壇ノ浦で入水した幼帝)の御影堂、赤間神宮分祠が祀られてます。合掌。
茶店のストーブで温もりつつぜんざいを戴いたり、
のんびりさせて戴きました(^^)

平家の里を出る頃、ちょうどお昼時。
温泉街の中、入りやすい駐車場を見つけて飛び込み。
f0071412_18481292.jpeg
ちょっと濃いめのけんちん蕎麦と山菜蕎麦、鹿刺しで昼食。
凍った鹿刺し(爆)がとても残念でございました(^^;;ゞ

さて、気を取り直して.....
道の駅湯西川に戻って足湯(爆)
f0071412_19082245.jpeg
だけにしとこうかと思ったが......やっぱり....
♨️不完全燃焼なので、二階日帰り湯、入っとこう(爆)
入浴料 ¥510_
f0071412_19104818.jpeg
外観からは想像できない立派な和風仕立ての廊下。
f0071412_19114904.jpeg
立ち上がると眼下に鬼怒川線が見える内湯。
f0071412_19125602.jpeg
リフォーム間もない半露天。
こちらは下の駐車場向け目隠し付きで風景はちょびっと。

こちらも泉質的には水の郷と同じくアルカリ性単純泉で、PHは8.6となってますが、私感としては、こちらの方がぬるつる感あり。若干の灰白色の濁りとかすかな硫黄臭が感じられ、源泉の鮮度感強し。湯温41〜42度。特に内湯は浴槽が大きいので、湯口の前の狭まったトコの湯温が高く私好み(^^ゞ とても気持ちの良いお湯でございました。後のスケジュールがなければ岩盤浴も利用してみたかったですねぃ。
でも今回は紅葉がメイン、というわけで老舗旅館さんの日帰り湯やディープな奥鬼怒温泉には立ち寄れず、ちょっと後ろ髪引かれる思い。また近いうちゆっくり来ようっと。

いつも通り長くなったので ここで Part1 終了。
続きは Part2 で。














 

 

[PR]
by salukis_taka | 2017-10-29 18:55 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

築25年も超えると...色々逝っちゃうわけで(^^ゞ

我が家の住まいと暮らし
またしても しばらく放置しとりました(^^ゞ

その間、我が家はあれやこれや(^^;;が壊れて買い換えたり、
しゃーない、もうリフォームしちゃうしかないか....だったり。
築25年を過ぎたんで、まぁ 不思議はないわけですが、
壊れる時はなぜか、全然関係ない筈の家電とかまで
あれもこれも一気に逝っちゃう.....住まい あるある 。

とりあえず、先週末リフォームを終えたばっかのトイレ画像(爆)
工事完了直後未使用(爆)んとこでサラですが、
人んちのトイレなんか見たくない方はすっ飛ばして下さい(^^ゞ
f0071412_09525576.jpeg
猫の眉間くらい😅なトイレですが、
ほぼ私専用なんで趣味嗜好ぶっ込み(笑)
田舎の地味なリフォーム業者さん的には、最新型の真っ白近未来ビジュアル一体型(爆)スルーで、わざわざ分離型(しかも"人気がない"クリーム色)にしたトコも、突き当たりんトコだけ全カタログひっくり返して見つけた花群青指定の壁紙も、狭いトコなのに五月蝿い柄モン&柄位置指定(^^ゞの床の張替えも納得いかなかったらしく、いささかの抵抗(先方曰く"お詳しくない方へのアドバイス")は受けましたが...一切譲らず(-"-)b

趣味的偏向顕著な真鍮ペーパーホルダーは、自力調達(^^ゞ
合わせたタオルホルダーは納品間に合わず、自力装着予定。
偏向趣味視点過ぎて(^^; 見つからなかったストッカーは...
そのうち何とかする.....つもり(^^;;ゞ


思えば、
この"逝っちゃう連鎖"は丁度25年目の2015年あたりから。
最初があんまし観てなかった二階のテレビ。
まぁ ケーブルTVのお陰で使えてたブラウン管(爆)
なので、ボンっって音と共に逝っちゃっても仕方ないとして。

次がMacデスクトップ。
まだ4年目(でも十分古いんだけどね)だったのに、
突如電源が入らなくなり....うんともすんとも言わん君...。
何度かあれやこれやと復活を試みましたが、ハードの問題らしく、
たった一度電源が入っただけで、未だ沈黙を守っとります。
ただの真っ黒なでっかいモニタ.....いー加減何とかしなきゃ,,,(^^;
まぁ 同時使用のMacBookがあったんで環境的には事無き。

そん次が この初夏の屋根。
隅棟の下がりを直して全面塗り直し。
これは なかなかの大物でございましたわ( ´ `)y-・~~

そのまた次が、先月の洗濯機。
古いドラム式がいきなり大音量でガランゴロン言い出して
新しいドラム式(ビックドラムスリムとかゆーヤツ)に買い替え。
たまたま年間で一番洗濯機の価格が下がる9月でラッキー(か?)
まぁ、古い洗濯機の働きぶりはかなりのストレスだったし、
洗濯時間の大幅短縮やら、"ちゃんと乾燥"する乾燥機能やら(ww)
数多の最新機能に感動もんだったんで良しとして(笑)

で、今回のトイレ。
ここはちょっとの不良でも待ったなしの水回り。
どーせなら って事で。

次は何が来るやら。













[PR]
by salukis_taka | 2017-10-16 11:54 | 独り言 | Trackback | Comments(0)