<   2018年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アルファPart22 FIAMMA(フィアマ) ウォールブラケット&ローロベント取り付け

アルファPart21 のリコール作業ついでに
前から、なんかで工場に行ったら(笑)ついでに....と思ってたアレやコレ、取り付けてもらいました(^^)
まずはこれ
f0071412_16011520.jpeg
f0071412_15594449.jpeg
FIAMMA(フィアマ) ウォールブラケット(アルミの方)。
サイドオーニングの脚をキャンパー側面に固定する部品。
これがあると地べたにペグダウンしなくていーので、下がコンクリでもok & 手軽。

側面留めだと地面にペグダウンする時よりは短くなるので、主に椅子やテーブルを出してくつろぐ...とかじゃなく、ムレムレ時期の雨の日、窓開けたいけど吹き込む...とかん時、ちょっと出せば気にせず開けられる....とか、日陰無し&中まで日差しが入り込んでくるような時、自前の日陰作る...とか、雨の日の乗り降りや荷物積み下ろしん時の雨避けスペース作る....と行った感じの簡易使いが容易。

たぶんF45の2.5m以上には付属してるモンで、前車タイガーには付いてましたが、アルファオプションのサイドオーニングには付いてこなかったんで、使い勝手悪かったんですよねぃ(^^ゞ
使用中画像は今度撮って来ます(^^)(忘れなかったら)

それと、
タイガーには付けてたけどアルファにはまだだった
同じくFIAMMA(フィアマ) ローロベント。
こんな感じの MAX FAN 開口部が....
f0071412_10005737.jpeg
ローロベントを装着すると....
f0071412_16535681.jpeg
こんな感じ。
のっぺりなぐるりに額縁っぽいカバー付けた風。
このカバーの右っ側のレールみたいに見えるトコ...
f0071412_16592148.jpeg
ここに ちょっと指引っ掛けて引っ張ると....
f0071412_16594020.jpeg
巻き込まれてるブラインドが
くるくるくるくる〜〜っと拡がって.....
f0071412_16595499.jpeg
引っ掛けて ぴしゃ。
ロールブラインドが開口部を塞いでくれます(^^)
遮光性が高い素材なので、朝日も眩しくな〜い(笑)
MAX FANを閉じてても侵入してくる外気の寒さ暑さも軽減(^^)

商品名 FIAMMA Rollo Vent 40
枠がプラスティック?みたいな素材の軽量品で
パーツショップ@net で¥4500〜5500_程度。
ネジ止めだけなんでたぶん取り付けも簡単(笑)
私は遠路はるばるリコールに来たついで.....とか言って(爆)お願いしちゃいましたが、手間を惜しまない方ならご自身で簡単に取り付けられるだろな...と思います(^^ゞ

タイガーん時はコブラ頭(笑)無しデカカバー無しのファンタスティックベントでしたが、フタの内側に結露が出来て雫がポタポタ....なんて覚えはなく、アルファで初経験。たぶんおそらく.....これ付けてなかったからじゃないかなぁ と...まぁ 少なくとも軽減されるんだろうと(^^ゞ
これも次回車中泊で検証予定(結露できる日前提)

















 

[PR]
by salukis_taka | 2018-01-18 17:19 | キャンピングカー ALPHA LE | Trackback | Comments(0)

アルファPart21 AtoZ リコール対応

実はAtoZのアルファLE、昨年の6月にリコールが出まして
直後、AtoZの方から案内&作業のお知らせが来ました(^^ゞ

不具合はフロントウインカーの位置。
なんでも保安基準第41条とやらで「方向指示器の照明部最外線は自動車の最外部から400mm以内」となっていて、これに簿妙に(笑)適合してなかったらしい。

新車登録も今までの車検も、100十数台ずっと黙って通してきたのに今更ぁ〜??と、ついついお忙しい陸運局様のお仕事ぶりを疑ってしまうような気分になってしまうところではありますが(爆)そこはほれ、スムーズな車検通過が第一(超爆)

ということで、そろそろ作業にも慣れたかな(^^?来月の幕張キャンピングカーショー以降春先までは忙しくなるだろな....というこの時期、大人しくリコール作業をお願いすることに(^^ゞ
f0071412_14574999.jpeg
こんな顔だったのが....
f0071412_15081497.jpeg
こんな顔に。
バンパー部にフロントウインカー別途取り付け。
f0071412_15174387.jpeg
アップ.......んーー....まだ慣れない(爆)

前車タイガーはシボレーアストロベースの並行輸入アメキャンで、当時(20年くらい前)はキャンピングカー屋さんも手探りの街の中古車屋さん状態。新車価格的にはアルファの倍くらい(^^;;だったにも関わらず、リコールはおろかメンテナンスや部品の取り寄せすらスムーズに出来ず、同じ車種のお仲間同士、情報を交換しあったり教えを請うたりでようやっと信頼できる車屋さんを見つけたり、キャンパー屋さんに教えて(爆)直してもらったりして、何とか車検通したりとかしながら(^^ゞ乗ってたもんでした。

今やユーザー数も国内のビルダー数もちゃんとした(爆)販売店も増え、ちゃんとリコールのお知らせが来るようになったりしちゃって.....キャンピングカー業界も成長しましたねぃ。
嬉しい限りでございます(笑)

















 

[PR]
by salukis_taka | 2018-01-17 18:00 | キャンピングカー ALPHA LE | Trackback | Comments(0)

真鍮テーブルランプ 専用ケース作成♪

前記事の年越しキャンプレポ中に ちょこっと載せた
↓ ランプの後ろにあるレザーカバー付きの箱。
f0071412_12011690.jpeg
DAUDARD社製 真鍮オイルランプ専用ケースでございます。
もちろんこんなんが売ってる...訳ではなく、既存の木箱を利用したオリジナルDIYもん。なかなかの見栄えでございましょ?(^^ゞ

これはひとえに 素敵どんぴしゃ(笑)
シンデレラフィットの "木箱" を発見できたお陰(^^)b

届いた現物ランプを見た時、ちょうどスコッチやバーボンなんかとおんなじくらいの高さだぁと思ってまして。....あ、じゃぁワインボトル用の木箱でもイケるんじゃ? と思い立ち、手近にあった空のワインボトル贈答箱に入れてみると....高さドンピシャ!でも....ランプの持ち手出っ張りがあるから口径がちょい小さめ....んーー...じゃぁ 一回り大きいシャンパン用ぐらいじゃどーよ? と、あちこち探して発掘!

それがこの.....
ランソン(Lonson)社のプレステージシャンパン
『クロ・ランソン2006』の...木箱(笑)
ピカピカの記念プレートが美しいですねぃ(^^ゞ
f0071412_10063212.jpeg
ほーれ シンデレラフィットぉ〜♪
f0071412_10260769.jpeg
改めて箱を見ると、
一般的なワインやシャンパンの木箱はもっとキメが粗かったり節が目立ったりのチープな木材で作られてますが、クロ・ランソン2006はオーク樽で醸造されてる繋がり&数量限定販売のプレステージシャンパン177.pngという事で木目が美しいオーク材が使われていて、開閉も蝶番びらきや引き抜き式じゃなく....
f0071412_10120808.jpeg
 ( ↑ 真横から前面を見たトコ)
ちゃんと木目を合わせて仕上げてあって
こんな感じにぴったりしまってるのを...
f0071412_10122487.jpeg
カパっと開く埋め込み磁石式。

美しい木目、せっかくのロゴ、埋込磁石式の留め、各々を活かす革のカバー......とデザインして縫ったのが....
f0071412_15093563.jpeg
こんな感じ(^^)
革は木材の色合いを活かす焦茶の牛革。左右横面と重さを支える底面は幅広にして、背面と前面は三本のベルトで止めるだけ。
イメージはデカくて頑丈なペットボトルホルダー?(笑)
これに箱を収めると
f0071412_15165880.jpeg
f0071412_15151471.jpeg
こんな感じ。
横面の革幅、ちょうどカパっと開くところまでにしてあるので干渉しません(^^)

蓋を閉めたら三本のベルトにくっつけたジャンパーボタンでカチっカチっとカチっと閉める。
ここ、本当はバックル式の方が絵になるかなぁとも思ったんですけど、バックル式は革の傷みが早いのと開け閉めに時間が掛かるので実用チョイス(^^ゞ
まぁ、プレートの銀色ともバランス良いのでGood。
f0071412_15142876.jpeg
f0071412_15144479.jpeg
上の持ち手は二枚重ねで頑丈。
大事なロゴも隠さない(笑)
f0071412_09435538.jpeg
手縫い手磨き なんで 制作時間約丸1日。
仕上がり、なかなか気に入っております(笑)
年越しキャンプ直前に縫い上がったので中の保持材を交換するヒマはありませんでしたが、使い勝手も◎
いずれ黒いスポンジな保持材をもちっと格好良くカスタマイズしたいと思っとります(^^)















 

[PR]
by salukis_taka | 2018-01-11 15:43 | グッツ | Trackback | Comments(0)

2017.12.30〜2018.01.02 年越しキャンプ@塩原GV Part2


2018.01.01 元旦
午前中 快晴 のち曇り。風強し。
f0071412_18421059.jpeg
◆◇◆◇ 謹賀新年 ◇◆◇◆
新年事始め 朝風呂&雪見風呂♨︎(笑)
で、いつもの我が家のお正月@キャンプ場 の風景(^^)
f0071412_18433927.jpeg
一晩仕込んだお屠蘇もいただいて、新年の抱負。
「今年も良い温泉に入れますように。」...(。゜)"\(^^;;

お昼前、快晴だった空が曇ってちょっと強い風が吹いてきたあたりで場内イル散歩。
f0071412_18543179.jpeg
イル君晴れ着、手作りもふもふコート&手縫い首輪。
雪がない地面を選んで立ち尽くすの図(爆)
f0071412_18551168.jpeg
未踏ふかふか雪に入らせてみるも....おっかなびっくり(笑)
ナイルはこーゆーの大好きで大興奮だったけどねぇ(^^ゞ
f0071412_18590887.jpeg
ボクは早くあったかいラナに帰りたい そんな顔?
だんだん風が強くなってきたのでラナに戻ってまったり。

だらだらまったり。お風呂。夕食。お風呂。一杯.....
昨夜と一緒(爆) 違うのは夕食のメニューだけ。
元旦はちょっと贅沢に
f0071412_19055582.jpeg
お取り寄せずわい蟹ぃ〜♪
f0071412_19070801.jpeg
ラナん中で焼き焼き129.png
小川のラナは二箇所の出入り口上部に換気口が付いているので酸欠の心配いらず。でもレインボー(ストーブ)と両方だと暑いので、窓開けてネット越しの雪景色見ながらの焼きガニ(笑)良い正月だぁ(爆)

ここ数年愛用しているオガ炭、火付き火持ちが良く、パチパチ跳ねず、火力が安定してるので繊細な焼きモンに最適(^^)
& サイズが揃っているので収納性もGood。

夜にかけて強かった風が更に強風に。
ロープワーク万全のラナは問題なしですが、ちょっと軟弱な(^^; テントやシェルター、サイドポーチorサイドテントなんかがクネクネバタバタ,,,,慌てて撤収して車ごもりするキャンパーさん数軒。
寒い中ご苦労様でした(^^ゞ

年越しキャンプの予約はいつも三泊四日。
例年年明けの天候を見て大抵1日2日延長するところ、この強風と3日の雪予報....。塩原GVは時折山から吹き降ろしの強風が吹くんですが、いつもの風なら大抵1〜2時間...長くても半日程度で止む感じ。でも今年のこの風は強い冬型低気圧の影響とやらで長引く模様。とりあえず朝の様子を見てという事で早め就寝。

2018.01.02. 晴れ。強風止まず。
やっぱし止まなかったかぁ〜& 雪はどうやら確定。
今年は大人しく予約通り撤収することに。
珈琲、イル朝散歩、お雑煮朝食(笑)後、撤収開始。
ついでのグッツ手入れなどしつつ、風が弱まるタイミングを待ってラナ幕取り込み(笑)

チェックアウト後、駐車場でどこの温泉寄ろうか相談していたら、数年ぶりの通りすがりの(爆)犬友から着信。出発前に間に合って立ち寄ってくれました(^^)いつもだったらあったかいラナで珈琲の一杯もご馳走できるのに、寒い駐車場で立ち話、すびばせんでした(^^ゞ でも久しぶりにお会いできてとっても嬉しかったです(^^) 次回はもっとゆっくりご一緒しましょう〜(^^)/

山を降りて昼食後、裏道経由小一時間喜連川方面へ。
久しぶりの 松島温泉乙女の湯 立ち寄り(^^)
f0071412_19531200.jpeg
松島温泉乙女の湯は
氏家駅から程近い、ph9.2のアルカリ系ぬるぬる湯。
源泉温度は40度にちょい足りずで加温してますが、アトピー等にも効くらしく遠方からのお客さんも多い日帰り温泉。湯治棟があるので宿泊も可。この日は3〜40台は停まる駐車場ほぼいっぱい。

湯温は熱め好きの我が家には珍しく41〜2度。
化粧水のようなトロトロぬるぬるのぬるめのお湯に浸かっていると眠くなってきちゃうくらい心地良く、締め湯に最適。カランの湯も温泉水で、いつまで流してても石鹸が落ちた気がしないところが特徴(笑)
数年前改装して脱衣所や浴場が綺麗になりました。
f0071412_10241235.jpeg
pm 8:30まで入場可。食堂メニュー多し。
シャンプー類は石鹸を溶かした手作りボトルのみ。
ドライヤー持ち込み禁止。ロッカー無料。
入浴料@¥820_(pm 4:00〜 ¥610_)

まったりのんびり満喫後、帰路へ。
裏道はどこも混雑なく、サクサク帰着。
いつもより1日短い年越しキャンプになりました(^^)












 









[PR]
by salukis_taka | 2018-01-07 10:27 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017.12.30〜2018.01.02 年越しキャンプ@塩原GV Part1

遅ればせながら(^^ゞ無事帰着しとります。
今年の正月は何だかバタバタですっかりレポ遅延(笑)
年取ると野暮用増加&体力減少,,,,,身にしみます(^^;ゞ

さて、今回の年越しキャンプ(^^)
暮れは 12月30日〜開けて 1月2日まで。
例年より一泊短こうございました。

2017/12/30 前泊なしの朝出。
途中食材やらを買い込んでpm1:30チェックin。
往路、幹線道路は雪なしで安心していたものの....肝心の塩原グリーンビレッジ入口、箒川を渡る橋から積雪(^^ゞ 我が家からキャンプサイトまでの一番の難所はキャンプ場入口の急坂なのですな(爆)
半分アイスバーン半分シャーベットと化した雪が滑る滑るぅ〜。何とか駐車場まで上がってみると、このところ数年で一番の積雪。前日結構な降雪があったらしく自前ブルの雪かきも間に合ってない様子。もしもを考えて荷物満載軟弱アルファ、ここに来てチェーン装着(超爆) ガラガラとサイト入り。
f0071412_11020506.jpeg
このぐらいの雪〜(笑)
スコップでまだ柔らかい積雪かいて電源側に駐車。
ラナ、念入りロープワークで設営。
f0071412_11025568.jpeg
場内こんな感じ〜。
この頃はまだ空きも目立ちますが、この後どんどん入場して来て、電源無しの山側サイトを除いてほぼ埋まり。ここ数年でみるみるお正月予約が取れないキャンプ場の仲間入りしちゃいましたねぃ。

冬キャン三泊フル装備。
雪かきやら正月飾りやら込みの設営、
いつもより時間がかかって1時間半。
やっとの珈琲タイムが終わるともうお風呂ターイム(爆)
冬キャンプのお日様の恵みは短いですねぃ。

夕食は、持ち込みの煮込み済おでん/煮物、千枚漬、お惣菜ちらし寿司などなどありモンでさっくり。
f0071412_11254651.jpeg
f0071412_11274814.jpeg
のんびりな夕食が終わると二度目のお風呂(爆)
あがったほかほかでぬくぬくしながら一杯(笑)
レインボーであったまりながら夜は更ける....。


2017/12/31 快晴。のち若干風強し。
塩原の朝は7時〜の朝風呂から(笑)
野天風呂に向かう途中、トイレ棟の屋根を見上げると
f0071412_11424395.jpeg
細長〜い氷柱(つらら)ずらり....寒そー。
塩原GVはサイト内の野天風呂のみならず、トイレ各個室に暖房&あったか便座、水場はお湯が出るので冬キャンプでもさほど過酷さは感じません。前回泊まったアカルパのトイレの冷たさと水の冷たさを味わって(^^; 有り難みひとしお(爆)

ほかほか身体で上がって来ると、真っ白な雪景色の中
すっかりあったかになってるラナ。
暑くてとてもアウターなんか着てられな〜い(爆)
と言える 小さな幸せ〜♪
\(^^ )( ^^)//( ^^)//〜(~~ )( ~~)〜\\(^^ )\\(^^ )( ^^)/

朝食は連れ合いリクエストでいつものホットサンド。
冬のホットサンド作りでの面倒、カッチカチバター。
今までは、ストーブにアルミホイルに乗っけで溶かしてましたが、熱が急激に伝わりすぎですぐだっら〜 ,,,,,今回は....
f0071412_11374203.jpeg
レインボーにバウルーを乗せて、ちびコレールにバター。
こりゃ後の始末もしやすくていーや。

連泊の醍醐味。
ひたすらまったりしていると管理棟からお使い。
f0071412_11523743.jpeg
例年通り、クロネコヤマトの宅急便。
正月用の贅沢食材、御節とずわい蟹 到着(^^)
これが届かなかったら正月が迎えられない(笑)

昼食焼きモンがないのに、これで かき切れなかったサイト内の雪溶けるといーなぁ〜 って事で 焚き火ぼんぼん(www)
f0071412_11564427.jpeg
その後一日、
食っちゃ風呂まったりしちゃ風呂(爆)の大晦日。

あ、そうそう、
今回デビューのときめきキャンプギア♪
f0071412_12011690.jpeg
前の記事で紹介した
魅惑の真鍮製テーブルオイルランプ♪
フランス政府認証FPV、ダーガード(GAUDARD)社製 6番(35mm)巻芯の中型ベーシックライン。後ろにある仰々しい革ケース付きの木箱...は、別記事でご紹介させて頂くとして(^^ゞ 右横のメタリック真紅(笑)のボトルは燃料入れ。

燃料の灯油(アロマリキッドオイルorレインボーオイル可)をストーブ用10Lポリタンクから移すのが面倒&ストーブ無しの時期用に、バイカーの皆さんなんかが使うガソリン携帯用のフューエルタンク、ニューレイトン エマーソン EM-132容量500cc。
入れやすそうなホース付き&あんまし見ないメタリックレッドの塗リについポチ(笑)
f0071412_12332112.jpeg
使い方は超シンプル。
真鍮ボトルの上部王冠部分をくるくる外すと、こんな平紐の芯がくっついて外れるんで、燃料の灯油、とぽとぽ。
ランプのオイル満容量は180ccですが、芯を戻した時に溢れないように15〜160ccくらいしか入れないのがミソ。なんで500ccのフューエルボトルだと約3回分くらいになる訳ですな。
さて、肝心の光量はどうか....
f0071412_12385291.jpeg
想像してたよりあっかる〜〜い♪
実は甘くみていて、半分ディスプレイ感覚で購入してみたけど(爆)まさにテーブルランプ、テーブル一台分煌々(^^)q ちゃんと本も読めちゃう光量でございました。
着火時間も計測。一回分の給油、中火で丸二晩。
約19時間しっかり働いてくれました。実用品認定(^^)b

夕食は恒例のお取り寄せ、黒毛和牛.....もつ鍋(笑)
(画像撮り忘れ(^^ゞ)
小雪舞い散る静かな大晦日、
イル君も3人掛け椅子 私の横で毛布にくるまってまったり。
f0071412_18495101.jpeg

年明け後の様子は 続きはこちら で〜(^^)/















 

[PR]
by salukis_taka | 2018-01-06 13:10 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

◆◇◆◇謹賀新年◇◆◇◆

f0071412_12134634.jpeg
新年明けましておめでとうございます😊

我が家は例年通り、
いつものキャンプ場にて年越しキャンプちう(笑)
塩原の元旦は快晴。
朝から吹いていた強い風も止んでくれました。
今年はここ数年では一番の積雪。掻き寄せられた大きな雪山に、わんこもお子達も大はしゃぎ😊

我が家は雪見風呂、初朝風呂(爆)、お屠蘇、お雑煮、おせち の1食目が済んで(笑) ラナ&トヨトミレインボーでまったりくつろぎちう。

新年早々ご来訪ありがとうございますm(__)m
まばら更新のいー加減ブログではございますが、本年もどうぞよろしくご愛顧(笑)下さいませ😊

でわ詳細は帰着後upとゆー事で、ご挨拶まで〜。










[PR]
by salukis_taka | 2018-01-01 11:57 | Trackback | Comments(0)