2017.12.30〜2018.01.02 年越しキャンプ@塩原GV Part2


2018.01.01 元旦
午前中 快晴 のち曇り。風強し。
f0071412_18421059.jpeg
◆◇◆◇ 謹賀新年 ◇◆◇◆
新年事始め 朝風呂&雪見風呂♨︎(笑)
で、いつもの我が家のお正月@キャンプ場 の風景(^^)
f0071412_18433927.jpeg
一晩仕込んだお屠蘇もいただいて、新年の抱負。
「今年も良い温泉に入れますように。」...(。゜)"\(^^;;

お昼前、快晴だった空が曇ってちょっと強い風が吹いてきたあたりで場内イル散歩。
f0071412_18543179.jpeg
イル君晴れ着、手作りもふもふコート&手縫い首輪。
雪がない地面を選んで立ち尽くすの図(爆)
f0071412_18551168.jpeg
未踏ふかふか雪に入らせてみるも....おっかなびっくり(笑)
ナイルはこーゆーの大好きで大興奮だったけどねぇ(^^ゞ
f0071412_18590887.jpeg
ボクは早くあったかいラナに帰りたい そんな顔?
だんだん風が強くなってきたのでラナに戻ってまったり。

だらだらまったり。お風呂。夕食。お風呂。一杯.....
昨夜と一緒(爆) 違うのは夕食のメニューだけ。
元旦はちょっと贅沢に
f0071412_19055582.jpeg
お取り寄せずわい蟹ぃ〜♪
f0071412_19070801.jpeg
ラナん中で焼き焼き129.png
小川のラナは二箇所の出入り口上部に換気口が付いているので酸欠の心配いらず。でもレインボー(ストーブ)と両方だと暑いので、窓開けてネット越しの雪景色見ながらの焼きガニ(笑)良い正月だぁ(爆)

ここ数年愛用しているオガ炭、火付き火持ちが良く、パチパチ跳ねず、火力が安定してるので繊細な焼きモンに最適(^^)
& サイズが揃っているので収納性もGood。

夜にかけて強かった風が更に強風に。
ロープワーク万全のラナは問題なしですが、ちょっと軟弱な(^^; テントやシェルター、サイドポーチorサイドテントなんかがクネクネバタバタ,,,,慌てて撤収して車ごもりするキャンパーさん数軒。
寒い中ご苦労様でした(^^ゞ

年越しキャンプの予約はいつも三泊四日。
例年年明けの天候を見て大抵1日2日延長するところ、この強風と3日の雪予報....。塩原GVは時折山から吹き降ろしの強風が吹くんですが、いつもの風なら大抵1〜2時間...長くても半日程度で止む感じ。でも今年のこの風は強い冬型低気圧の影響とやらで長引く模様。とりあえず朝の様子を見てという事で早め就寝。

2018.01.02. 晴れ。強風止まず。
やっぱし止まなかったかぁ〜& 雪はどうやら確定。
今年は大人しく予約通り撤収することに。
珈琲、イル朝散歩、お雑煮朝食(笑)後、撤収開始。
ついでのグッツ手入れなどしつつ、風が弱まるタイミングを待ってラナ幕取り込み(笑)

チェックアウト後、駐車場でどこの温泉寄ろうか相談していたら、数年ぶりの通りすがりの(爆)犬友から着信。出発前に間に合って立ち寄ってくれました(^^)いつもだったらあったかいラナで珈琲の一杯もご馳走できるのに、寒い駐車場で立ち話、すびばせんでした(^^ゞ でも久しぶりにお会いできてとっても嬉しかったです(^^) 次回はもっとゆっくりご一緒しましょう〜(^^)/

山を降りて昼食後、裏道経由小一時間喜連川方面へ。
久しぶりの 松島温泉乙女の湯 立ち寄り(^^)
f0071412_19531200.jpeg
松島温泉乙女の湯は
氏家駅から程近い、ph9.2のアルカリ系ぬるぬる湯。
源泉温度は40度にちょい足りずで加温してますが、アトピー等にも効くらしく遠方からのお客さんも多い日帰り温泉。湯治棟があるので宿泊も可。この日は3〜40台は停まる駐車場ほぼいっぱい。

湯温は熱め好きの我が家には珍しく41〜2度。
化粧水のようなトロトロぬるぬるのぬるめのお湯に浸かっていると眠くなってきちゃうくらい心地良く、締め湯に最適。カランの湯も温泉水で、いつまで流してても石鹸が落ちた気がしないところが特徴(笑)
数年前改装して脱衣所や浴場が綺麗になりました。
f0071412_10241235.jpeg
pm 8:30まで入場可。食堂メニュー多し。
シャンプー類は石鹸を溶かした手作りボトルのみ。
ドライヤー持ち込み禁止。ロッカー無料。
入浴料@¥820_(pm 4:00〜 ¥610_)

まったりのんびり満喫後、帰路へ。
裏道はどこも混雑なく、サクサク帰着。
いつもより1日短い年越しキャンプになりました(^^)












 









[PR]
# by salukis_taka | 2018-01-07 10:27 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017.12.30〜2018.01.02 年越しキャンプ@塩原GV Part1

遅ればせながら(^^ゞ無事帰着しとります。
今年の正月は何だかバタバタですっかりレポ遅延(笑)
年取ると野暮用増加&体力減少,,,,,身にしみます(^^;ゞ

さて、今回の年越しキャンプ(^^)
暮れは 12月30日〜開けて 1月2日まで。
例年より一泊短こうございました。

2017/12/30 前泊なしの朝出。
途中食材やらを買い込んでpm1:30チェックin。
往路、幹線道路は雪なしで安心していたものの....肝心の塩原グリーンビレッジ入口、箒川を渡る橋から積雪(^^ゞ 我が家からキャンプサイトまでの一番の難所はキャンプ場入口の急坂なのですな(爆)
半分アイスバーン半分シャーベットと化した雪が滑る滑るぅ〜。何とか駐車場まで上がってみると、このところ数年で一番の積雪。前日結構な降雪があったらしく自前ブルの雪かきも間に合ってない様子。もしもを考えて荷物満載軟弱アルファ、ここに来てチェーン装着(超爆) ガラガラとサイト入り。
f0071412_11020506.jpeg
このぐらいの雪〜(笑)
スコップでまだ柔らかい積雪かいて電源側に駐車。
ラナ、念入りロープワークで設営。
f0071412_11025568.jpeg
場内こんな感じ〜。
この頃はまだ空きも目立ちますが、この後どんどん入場して来て、電源無しの山側サイトを除いてほぼ埋まり。ここ数年でみるみるお正月予約が取れないキャンプ場の仲間入りしちゃいましたねぃ。

冬キャン三泊フル装備。
雪かきやら正月飾りやら込みの設営、
いつもより時間がかかって1時間半。
やっとの珈琲タイムが終わるともうお風呂ターイム(爆)
冬キャンプのお日様の恵みは短いですねぃ。

夕食は、持ち込みの煮込み済おでん/煮物、千枚漬、お惣菜ちらし寿司などなどありモンでさっくり。
f0071412_11254651.jpeg
f0071412_11274814.jpeg
のんびりな夕食が終わると二度目のお風呂(爆)
あがったほかほかでぬくぬくしながら一杯(笑)
レインボーであったまりながら夜は更ける....。


2017/12/31 快晴。のち若干風強し。
塩原の朝は7時〜の朝風呂から(笑)
野天風呂に向かう途中、トイレ棟の屋根を見上げると
f0071412_11424395.jpeg
細長〜い氷柱(つらら)ずらり....寒そー。
塩原GVはサイト内の野天風呂のみならず、トイレ各個室に暖房&あったか便座、水場はお湯が出るので冬キャンプでもさほど過酷さは感じません。前回泊まったアカルパのトイレの冷たさと水の冷たさを味わって(^^; 有り難みひとしお(爆)

ほかほか身体で上がって来ると、真っ白な雪景色の中
すっかりあったかになってるラナ。
暑くてとてもアウターなんか着てられな〜い(爆)
と言える 小さな幸せ〜♪
\(^^ )( ^^)//( ^^)//〜(~~ )( ~~)〜\\(^^ )\\(^^ )( ^^)/

朝食は連れ合いリクエストでいつものホットサンド。
冬のホットサンド作りでの面倒、カッチカチバター。
今までは、ストーブにアルミホイルに乗っけで溶かしてましたが、熱が急激に伝わりすぎですぐだっら〜 ,,,,,今回は....
f0071412_11374203.jpeg
レインボーにバウルーを乗せて、ちびコレールにバター。
こりゃ後の始末もしやすくていーや。

連泊の醍醐味。
ひたすらまったりしていると管理棟からお使い。
f0071412_11523743.jpeg
例年通り、クロネコヤマトの宅急便。
正月用の贅沢食材、御節とずわい蟹 到着(^^)
これが届かなかったら正月が迎えられない(笑)

昼食焼きモンがないのに、これで かき切れなかったサイト内の雪溶けるといーなぁ〜 って事で 焚き火ぼんぼん(www)
f0071412_11564427.jpeg
その後一日、
食っちゃ風呂まったりしちゃ風呂(爆)の大晦日。

あ、そうそう、
今回デビューのときめきキャンプギア♪
f0071412_12011690.jpeg
前の記事で紹介した
魅惑の真鍮製テーブルオイルランプ♪
フランス政府認証FPV、ダーガード(GAUDARD)社製 6番(35mm)巻芯の中型ベーシックライン。後ろにある仰々しい革ケース付きの木箱...は、別記事でご紹介させて頂くとして(^^ゞ 右横のメタリック真紅(笑)のボトルは燃料入れ。

燃料の灯油(アロマリキッドオイルorレインボーオイル可)をストーブ用10Lポリタンクから移すのが面倒&ストーブ無しの時期用に、バイカーの皆さんなんかが使うガソリン携帯用のフューエルタンク、ニューレイトン エマーソン EM-132容量500cc。
入れやすそうなホース付き&あんまし見ないメタリックレッドの塗リについポチ(笑)
f0071412_12332112.jpeg
使い方は超シンプル。
真鍮ボトルの上部王冠部分をくるくる外すと、こんな平紐の芯がくっついて外れるんで、燃料の灯油、とぽとぽ。
ランプのオイル満容量は180ccですが、芯を戻した時に溢れないように15〜160ccくらいしか入れないのがミソ。なんで500ccのフューエルボトルだと約3回分くらいになる訳ですな。
さて、肝心の光量はどうか....
f0071412_12385291.jpeg
想像してたよりあっかる〜〜い♪
実は甘くみていて、半分ディスプレイ感覚で購入してみたけど(爆)まさにテーブルランプ、テーブル一台分煌々(^^)q ちゃんと本も読めちゃう光量でございました。
着火時間も計測。一回分の給油、中火で丸二晩。
約19時間しっかり働いてくれました。実用品認定(^^)b

夕食は恒例のお取り寄せ、黒毛和牛.....もつ鍋(笑)
(画像撮り忘れ(^^ゞ)
小雪舞い散る静かな大晦日、
イル君も3人掛け椅子 私の横で毛布にくるまってまったり。
f0071412_18495101.jpeg

年明け後の様子は 続きはこちら で〜(^^)/















 

[PR]
# by salukis_taka | 2018-01-06 13:10 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

◆◇◆◇謹賀新年◇◆◇◆

f0071412_12134634.jpeg
新年明けましておめでとうございます😊

我が家は例年通り、
いつものキャンプ場にて年越しキャンプちう(笑)
塩原の元旦は快晴。
朝から吹いていた強い風も止んでくれました。
今年はここ数年では一番の積雪。掻き寄せられた大きな雪山に、わんこもお子達も大はしゃぎ😊

我が家は雪見風呂、初朝風呂(爆)、お屠蘇、お雑煮、おせち の1食目が済んで(笑) ラナ&トヨトミレインボーでまったりくつろぎちう。

新年早々ご来訪ありがとうございますm(__)m
まばら更新のいー加減ブログではございますが、本年もどうぞよろしくご愛顧(笑)下さいませ😊

でわ詳細は帰着後upとゆー事で、ご挨拶まで〜。










[PR]
# by salukis_taka | 2018-01-01 11:57 | Trackback | Comments(0)

おまけ(笑) TAKAんちのホットサンド ハムチーズ/アボガドシュリンプ

アカルパキャンプ & 温泉 記事のおまけ(^^)
まったりのんびりキャンプだったんで
キャンプレシピなぞ撮ってみました(笑)
アウトドア料理レシピ第一弾(^^ゞ
(続くかどうかは甚だ疑問(www))

まずは朝食の定番、ホットサンド二種(^^)b

で、前置きになりますが....(。゜)"\(^^;;
つい最近、十数年愛用してきた直火用ホットサンドメーカーにガタがきたので、二機目を購入。
このノスタルジックな意匠、たまりませんねぃ(笑)
アウトドアメーカーから数多販売されてるアウトドアカテもんを買わず、あえてこれ(笑)は何故か?(箱がたまらんからでわない(爆))
実は16〜7年前、ホームセンターで一機目を購入した後、メニューやらを検索していて、偶然、元々燕市で製造された国産第一号のホットサンドメーカー(販売元的にはサンドイッチトースター)BAW-LOO(以降バウルー)というのがあって、私が購入したのはそのパクリ(^^;だった.....と知り、残念な思いを残しつつ使用......でもやっぱり見た目と思い入れがイマイチ...(笑) 買い替えにあたって今度こそは...とバウルー購入。15年越しの王道買い(^^ゞ

今や TAKAんちの朝食@キャンプ で
一番出番が多いのがホットサンド。なので具材も、
前日のBBQの残りを焼いといたモンやらお惣菜のあまりモンやらやら、なんでもokのお手軽メニューと化してるんですが、
今回は正統派(笑)レシピを準備。

1品目、シンプルで出番が多い ハムチーズ
2品目、ちょっと贅沢な アボガドシュリンプ
これが2種類のホットサンド全部の材料。
f0071412_17562545.jpeg
先ず1品目、一番出番が多い ハムチーズ

材料
8枚切り食パン(耳付き) 2枚
好みのハム( ↓ はモモハム) 2〜3枚
とける系チーズ( ↓ はゴーダ) 好きなだけ
きゅうり 半分
粒マスタード/マヨネーズ/バター 適量
f0071412_18493956.jpeg
作り方
1 きゅうり半分を縦に4枚切り。チーズ、ハムを用意。
2 パン両面にざっとバター(orマーガリンorオイル)を塗る。
3 粒マスタード(フレンチorからし ok)を好きなだけ塗る。
f0071412_18502404.jpeg
4 きゅうり、マヨネーズ、ハム、チーズを重ねる。
  (チーズが一番上だと熱が伝わりやすく溶けやすい)
f0071412_18504474.jpeg
うちはチーズ好きなのでブロックから厚めに切り出してますが、シュレットチーズでもスライスチーズでもok。とろ〜りとろけ出る感じを味わいたい場合は思い切って2〜3枚重ねましょう(^^)
f0071412_18515540.jpeg
5 上のパンを乗せてホットサンドメーカーに押し込む。

大幅にバウルーの許容量を超えてるように見えますが(笑)ギュムッと閉じるので大丈夫。ざざっとで良いので(笑)パンの外側にバター(もしくはマーガリンorオリーブオイル等)を塗っとくと美味しそうな焼き目が付きます(^^)b

6 ひっくり返しつつ両面を程良く焼く。
 (時折開いて焼け具合を確認)
f0071412_19223571.jpeg
はみ出したハムの端っこが焼ける香りが美味しそう。
f0071412_19245206.jpeg
7 焼き上がり。テキトーに切って盛り付け。
  (きゅうりの横断面が見えると美味そう)
f0071412_19253091.jpeg

2品目、ちょっと贅沢気分なアボガドシュリンプ

材料
8枚切り食パン(耳付き) 2枚
生食(サラダ)用ゆで海老 パンに乗る分くらい
アボガド  1個
クリームチーズ 好きなだけ
適当な菜っぱ( ↓ はブロッコリースプラウト)
f0071412_18500100.jpeg
1 アボガドを半分に切ってくり抜き、スライス。
  挟みやすい菜っぱ、エビ、クリームチーズを用意。
2 パン両面にざっとバター(orマーガリンorオイル)を塗る。
3 クリームチーズをテキトーに好きなだけ塗る。
f0071412_18510578.jpeg
4 アボガド、ゆで海老、適当な菜っぱを盛り付ける。
f0071412_18512692.jpeg
5 上のパンを乗せてホットサンドメーカーに押し込む。
6 ひっくり返しつつ両面を程良く焼く。
 (時折開いて焼け具合を確認)
f0071412_19173691.jpeg
f0071412_19181412.jpeg
7 焼き上がり。適当に切って盛り付け。
アボガドとクリームチーズが溶け合ってクリーミー♪
f0071412_10474849.jpeg
勿論あまった野菜やエビも盛り付けて全部いただく(笑)
菜っぱはカイワレ、レタス等なんでもok。
だたしハムチーズであまったきゅうりを使う場合は、細切りや極薄切りにするなど、エビの存在感(爆)を妨げない食感にすることをオススメ(^^)b

我が家では、ホットサンドに季節に合わせたホットかコールドのスープ(主にレトルト。今は大人のスープシリーズがお気に入り(笑))や野菜ジュースorフルーツなどと珈琲で朝食メニュー完成。
お試しあれ〜(^^)/














 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-12-13 11:07 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

冬の那須高原アカルパ 貸し切りキャンプ & 温泉 Part2

貸し切りアカルパ 12/6(水) 快晴。
いつもと変わらず起床6:00過ぎ....たっぷり8時間睡眠(^^ゞ
霜降ったラナ(笑)にガサゴソ入ると....
f0071412_19075569.jpeg
たまには気がきくじゃん(^^)
早めにトイレに起きた連れ合い、ストーブ点火済み♪
朝日差すぬくぬくラナで朝珈琲。

我が家はもう10年以上 カリタのニューカントリー102 とゆーコーヒードリッパー&サーバーセットを愛用(上画像テーブル上)
近頃流行の小洒落デザインモンじゃなく、愛想のない(笑)ステン二段ポットですが、真ん中のドリッパーにフィルターと粉をセットして、上段のシャワーポットに全量一気にお湯を投入.....フタをして約3分、4杯分のコーヒーが出来上がる...とゆー放置モン。
たっぷり飲みたい我が家に合った4杯入れ。
細かいシャワーで少しずつ均一に注がれるお湯と、シャワーポット底の程よい密閉効果で珈琲がよく蒸らされて、雑味がないのにコクがある、我が家好みのコーヒーを落としてくれます。流石のカリタ、メイドインジャパン(笑) もう1つの魅力がこれ。
f0071412_19161908.jpeg
下のサーバーに一番上のフタ...直火okのポットに変身(^^)
寒い時期の保温やミルクを予め温めておく時なんかに有効。
ロイヤルミルクティーやチャイもこのポットで淹れます。
内緒ですが(爆)....ケトルを忘れた時、この下段ポットでお湯を沸かして、予めフィルター&粉を準備、沸いたお湯を思い切って一気に上段シャワーポットに投入....速攻三段セッティング...で、無事珈琲を入れた事あり(^^ゞ 気合い速攻!でやれば "ほぼ" お湯はこぼれません(爆)ワイルドだろぉ〜....(。゜)"L(^^;;←お試し自己責任

ひとしきりまったりした後、定番ホットサンドで朝食。
f0071412_11313697.jpeg

f0071412_19385325.jpeg
昨日のお天気は何だったんだ?
ってゆーくらい気持ちの良い晴天。
抜けるような青空&日差しポカポカ。
ラナも乾くのが早い♪
で、広い森のキャンプ場、貸し切り(爆)
大変気持ちよーございました(^^)

アカルパのチェックアウトは11:00。
せっかくの晴天貸し切りだしゆっくりしよか.....とレイトキャンプ(延長)を申し込みに行くと「昨日お天気があれだったし、どーぞどーぞ好きなだけゆっくりしてってくださ〜い。」お言葉に甘えてフリーで更にまったり(笑)
f0071412_19431415.jpg
他にだぁれもいないので、くつろぎモード全開イル君。
遊ぼうポーズ(笑) なぜか真顔(爆)
じゃ、昨日行けなかった丘の上のドックランへGO!
f0071412_17221291.jpeg
ばっひゅーん♪
小一時間ほど走ったり〜ボール投げしたり〜 後、
ちゃちゃっと撤収。次は私たちの番(笑)
f0071412_17265342.jpg
f0071412_17271461.jpeg
アカルパ方面からだと県道21号、裏道サクサク。
いつもの "鹿の湯" 平日料金@ ¥400_
単純酸性硫黄泉(硫化水素型/酸性低張性高温泉)
ちょうど空いている時間帯、ゆっくり満喫(^^)

良いお湯入るとお腹すくんだよねー(笑)
帰路、通り道のジョイアミーア本店で遅めのランチ。
f0071412_17390723.jpeg
私ペスカトーレのパスタセット、連れ合いペペロンチーノ、2人で那須御用邸卵とアンチョビのピッツァ、ペロリ(爆)
今年はもう年末年始までどこにも行けず(; ;)
年越しキャンプ人参に(www)頑張るっo(^^)o

今回は Part1、2 に おまけ 付き。
まったりキャンプだったので、我が家の定番モーニング、TAKAんちのホットサンドレシピ(爆)なぞ撮ってきました(^^)
次回 おまけ で〜。









 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-12-10 17:51 | Trackback | Comments(0)

冬の那須高原アカルパ 貸し切りキャンプ & 温泉 Part1

何だかいきなり寒くなってきましたねぃ。
寒波到来。年末年始並みの寒さだとか。
でも、我が家は......キャンプ行きたい(爆)

12月5日(火)朝、珍しく前泊なしキャンプ出発。
いつもの塩原GVへ...と思ったら、
何と....施設メンテナンスとやらで7日まで休業,,,,,,。
あちゃ〜どこ行こぉーーー.....急遽心当たり温泉ありの二ヶ所に直電してみたモノの....11月いっぱいでクローズ,,,だとか用事ができて留守にするとやらでやんわり拒否気味(爆).....しゃーない、めちゃくちゃ久しぶりだけど、夏向きだけど(笑)ちょっと白河寄りだけど(爆)温泉付きじゃないけど(超爆)暖かく迎えてくれそうなアカルパはどう?案の定「どーぞどーぞ 空いてますからゆっくりできますよ」と快諾。1時間強ばっびゅーん。

とと、まだ2時過ぎなのに空が暗くなってきたぞぉ...
お やばっ でっかい真っ黒積乱雲がかぶってきたぁ
慌ててラナ設営 → 道具類設置完了....なところでポツポツ...
間に合ったぁ(^^ゞ

ほっと一息。レインボー一発点火。
あったか珈琲を飲み始めたあたりで小粒の雨が.....パラパラパラ....ボツボツボツボツ....パチパチピンピン...??
真っ暗になった外に出てみると、何とアラレ(爆)
仁丹くらいの氷の粒々ぴょんぴょん跳ねてるぅ。
※ちなみに 5mm未満の氷の粒々はアラレ(霰)
 5mm以上はヒョウ(雹)だそうです。

せっかくアカルパなのにこれじゃドックランは無理(^^ゞ
わんこ連れキャンパーなら皆さんご存知 那須高原アカルパ は那須のラン付きキャンプ場の先駆け。ついで感満載のネット張りドックランやとりあえず柵作ったんで...じゃなく、本格的なアジリティ施設なんかもおいてある大中小三面の広いラン。ドックランサイトも有り。マス釣りができる渓流沿いの森の中のキャンプ場。
夏は涼が取れ、わんこ連れキャンパーに人気。
以前はハイシーズンの土日なぞなかなか予約が取れないキャンプ場だったので、我が家はナイルの頃一度わん連れオフで利用したっきり(基本混んでるトコには行かないタチ(笑))もう20年近くになるのであちこちリフォームや拡張されたらしく、場内の様子もだいぶ変わってましたが、オーナーさんご家族のあったかさは変わらず(^^)
(にゃんこ数増えてました(笑))

ドックラン利用料込サイト料 ¥4000_
+ 管理費@¥500 の ¥5000_ で、
いつも平日割で利用してる塩原GVよりちょい高。
家族風呂サイズのお風呂利用@¥300_
残念ながら温泉じゃありませんが、
24時間いつでも入れるのが便利。

1時間半ほどで雨アラレ(笑)が上がった後、我が家は前からいっぺん行ってみたかった敷島ファーム内敷島温泉日帰り入浴の行き〜。
敷島温泉は那須高久の大きな牧場 敷島ファーム の中にある 那須高原ホテルフロラシアン 敷地内に湧く源泉で、当然ながらホテルフロラシアンでのみ入浴可。ホテルの日帰り湯になので、ちょっとお高め@¥1500_。バスタオル/タオル付き。内湯、露天、サウナ有り。源泉温度43〜45度。内湯一部濾過/露天加温。ナトリウム炭酸水素塩/硫酸塩/塩化物泉(中性低張性高温泉)。

中心街から外れた真っ暗(まだ五時なのに)な県道を5〜6分走ると、野中にいきなり光り輝く看板(笑)&控えめにライトアップされた誘導路。ライト沿いずんずん奥に入っていくと、奥まった高台にこじんまりした小洒落たホテル。併設チャペルなんかも有り。
ロビーに入ると...
f0071412_13425861.jpeg
キラキラのシャンデリアとXマスツリーがお出迎え(*^^*)
フロアの床や階段、何気に大理石張り。
f0071412_13444681.jpeg
ツリーの奥には大きな暖炉付きサンルームがちらり。
こじんまり&小洒落た隠れ宿感醸すホテルですねぃ。
レストランでは、このバックボーンならではの美味しい黒毛和牛いただけるんだろうなぅ〜(じゅるじゅる)

バスタオルもタオルも不要なのでスマートに受付(笑)
フロントの綺麗なおねぃさん、丁寧に浴場まで先導。
贅沢な事に広い浴場貸し切りだったので....
f0071412_13531314.jpeg
湯温別に浴槽が3つに分かれた内湯。
シックな色合いの石板張りの壁、ブルーのタイル張りの柱、底が見えない濁り湯。画像ではちんまりしか写ってませんが、洗い場の排水溝がよく計算された作りでとても快適に使えました。
f0071412_13533446.jpeg
広い露天風呂は階段下の岩風呂。
休憩用のウッドデッキなんかもあって落ち着く〜。
湯温は42度くらい。まったりさせて頂きました。

さてキャンプ場に戻って自前の夕食(笑)
f0071412_14055894.jpeg
一泊だけの冬キャンプなので
ラナ締め切り調理な豚しゃぶしゃぶぅ〜♪
薄いフィルムで仕切られてるのは
ちょっと奢っちまった "金華豚" ロース&バラ(爆)
これ、今んとこ私の中で一番の awesome pork! (笑)
そりゃもうんまかったのなんのって〜
\(^^ )( ^^)//( ^^)//〜(~~ )( ~~)〜\\(^^ )\\(^^ )( ^^)/
f0071412_14061578.jpeg
レインボーの灯りと温もりに癒されつつ
あったかいアルコホル&好きな音楽で夜は更ける....
とは言っても夫婦2人のキャンプ場の夜は早く、10時頃にはおネムになっちゃうんですけどねぃ(笑)←普段は11時半〜12時頃就寝。
私だけ寝際にお風呂入ってぬくぬく就寝(^^)

晴天の翌朝〜 は Part2 で(^^)b














 






[PR]
# by salukis_taka | 2017-12-07 18:59 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

真鍮テーブルランプ なんかにも手を出す(^^ゞ

前記事のトイレのリフォームで金物(ボルダーやらタオルバーやら)探し始めたあたりから、年に一度は患う "金物フィーバー" 到来(笑) 金物フィーバーの主な症状...ホムセンや金物置き雑貨屋を見かけると吸い込まれる&あちこちの金物屋@net 巡ってやたらポチる(爆)
実はシルキーNATAと一緒に ウルシヤマ金属YOMEちゃんの楽チンミートプレス(爆)やら本割込包丁やらの雑多な金物も買ってたりしたんですが...流石にここいらは割愛(^^;;ゞ

で、これは一応キャンプギアだから....なのが、
魅惑の 真鍮テーブルランプぅ〜113.png
f0071412_10083533.jpeg
仏 GUADARD(ガーダート)社製 巻き芯オイルランプ。
それっぽい敷きモン敷いて撮ってみたり(笑)

船舶用のがっつりガードがついた重量級やアンティークシェード付きの高級品もありますが、私が購入したのは、キャンプサイトに持ち込んでもし傷が付いたり凹んだりしても惜し気ない...少ない(爆)エコノミーラインの中型。昔ながらのシンプルな持ち手付きテーブルランプ。美しい曲線のガラスほやを含めた高さ約30cm。
スコッチボトルと同じ高さくらい?(笑)

燃料は我が家愛用のランタン型レインボーストーブとおんなじ(笑)灯油。持ち歩き前提の軽さ ながらも(笑)一応真鍮無垢磨き仕上げ。今はピカピカですが経年で真鍮ならではのアンティーク感が出て来る予定(^^)(ピカピカのまんま使いたかったらまめに磨くべし(笑))
f0071412_10090482.jpeg
操作もシンプル。
王冠様のバーナー部をくるくるカパっと外して給油。
このネジを回して中にセットした芯を調節し、点火。
レトロな缶入り足長マッチとかが欲しくなるぅ〜(www)
35mm(6番)の巻き芯&高ホヤなので、サイドテーブルを照らすのに丁度良いくらいの光量&安定した炎...見込み(笑)
油壺容量180ml。燃焼時間、中火で約20時間。

キャンプサイトのテーブルランプに最適ぃ〜🎶
\(^^ )( ^^)//( ^^)//〜(~~ )( ~~)〜\\(^^ )\\(^^ )( ^^)/
ルミエールに走らなくて良かった......(。゜)"L(^^;;
f0071412_10092031.jpeg
背面に壁掛けフック穴有りの持ち手付き。実用。
簡単に自力メンテができるシンプルな構造で、バーナー部もガラスホヤも芯も交換部品が入手可(^^)

真鍮つながりで....
ランプの横っちょに置いてある、このちっちゃい箱
f0071412_10093612.jpeg
これも欲しくなってポチ(^^;ゞ
ちっちゃくても実は持ち歩き仕様のランプよりずっしりと厚みがある真鍮無垢の細工箱。本来は事務用品の海綿入れとして販売されてたモンですが
f0071412_10095226.jpeg
メーカーのライセンスカードやら説明書やら替え芯in。
一緒に持ち歩ける専用ケース、作んなきゃだな〜(笑)

実はこれ、溜まってた楽天ポイント投入の ¥ 0_買い(^^ゞ
自分へのご褒美って事で(笑)


後日談:プレミアムな木箱とレザークラフト合体で














 
 
 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-11-13 11:46 | グッツ | Trackback | Comments(0)

ユーエム工業 Silky NATA(シルキー ナタ) 購入(^^ゞ

この頃何だか金物づいてまして(^^ゞ
前から欲しかったけど止められてた...
↑ 連れ合いに刃物好きを危ぶまれてる(www)
f0071412_13211534.jpeg
買っちまいました〜🎶
\(^^ )( ^^)//( ^^)//〜(~~ )( ~~)〜\\(^^ )\\(^^ )( ^^)/
ユーエム工業 Silky NATA(シルキー ナタ(鉈))
両刃 180mm
f0071412_14180523.jpeg
f0071412_14173388.jpeg
仕様
全長:390mm 刃渡り:180mm
重量: 645g  材厚:5.7mm
目指したのは刀の切れ味。
『強靭な特殊合金が永切れと耐衝撃性の向上を実現。世界初ゴムグリップ採用により手袋をしたままでも滑りにくく衝撃の60%をカット。ブレード交換可。右利きでも左利きでも抜き差しに不都合がない丈夫な鞘付き。』

個人的に 惹かれる売り口上(by amazon) 満載(www)
で、どうにも刃物が欲しくなった...(。゜)"L(^^;;
...わけではなく、キャンプの薪捌き用。

昨今のお洒落アウトドアブームで、北欧やらカナダやらの高級手斧が持て囃されておりますしが、わたし的には実用品として "程よい価格" の "扱いやすい" 鉈チョイス。

格好良いけどねー ax(笑)
家に薪ストーブがあったらイクな(爆)
んでも我が家の場合、残念ながら多くて月一のキャンプで焚き火...なんで、まず凡庸使い不可&要毎回のお手入れ な鍛鉄製手斧はパス。次に連れ合いだけじゃなく私も扱うので、効き手左右どちらも可、60パーセント衝撃吸収&滑りにくいゴムグリップ、に、◎。
次回キャンプでデビュ〜🤗


同社Silkyシリーズのオリノコも欲しい.....ボソ....古いのあるけどこっちが欲しいな.....や、ほんとは....刀シリーズとかガンシリーズとかが欲しい.....ボソ.....こっちは今んとこ使い道ないんだけど...(。゜)"L(^^;;











 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-11-10 14:23 | グッツ | Trackback | Comments(0)

2017 紅葉狩り@湯西川温泉〜日塩もみじライン〜塩原温泉 Part2

2017 紅葉狩り@湯西川温泉〜日塩もみじライン〜塩原温泉 Part1 の続き。

道の駅湯西川二階湯の郷でほっこり後、紅葉狩り継続(^^)
一旦ちょっと下がって、鬼怒川温泉側から塩原温泉に抜ける日塩もみじラインへGO!

日塩もみじラインは、ほぼ毎年の紅葉狩りで通る標高1000mオーバーの山越え有料高原(山岳?)道路。標高差やら日当たり差でいずれどこかで見頃に当たる目算大(笑)
入り口はまだまだ...ちょっと早かったかな?....お、色付いてきたねぃ、あ、ここは綺麗.....あらま、靄が出てきちゃったなぁ.....お〜〜、ここだぁ〜。
迫り来る靄の手前、白滝んトコの峠茶屋P見頃(^^)
f0071412_12250304.jpeg
f0071412_12275802.jpeg
f0071412_12292615.jpeg
f0071412_12294889.jpeg
これらの撮影直後、茶屋の駐車場もすっかり靄ん中(雲ん中?)
間に合ってようございました(^^)

塩原に着く頃にはもう夕闇時。
もう一軒....と、かすめましたが(^^ゞ
この日は早めに夕飯→一杯(笑)→就寝。

翌朝25日(水)の塩原ビジターセンターP。
f0071412_12382940.jpeg
まだまだですねぃ。
朝のローテを済ませて、源三窟前Pへ移動。
f0071412_12401102.jpeg
対岸は色づき始めたばかりだったけど、赤いトコ見っけ(笑)
さ、朝風呂♨️
いつもの塩原新湯へGO!

湯荘白樺さんの奥の方の駐車場へIN。
この坂登るのぉ?というトコを登った一番奥。
f0071412_12584321.jpeg
こーんな斜め止め(笑)
で、この奥の駐車場には
f0071412_12595672.jpeg
温泉神社の急な階段があったりもします。
地面が白いのは、すぐ横の山肌から湧き出てる硫黄。
f0071412_13013149.jpeg
ありがたや(-人-)
今年何度目かの白樺、白濁湯ゆっくり満喫させて頂きました(^^)

活発になった胃袋抱えて(爆)塩原温泉街戻り。
以前から気になっていたけど入る機会がなかった...
f0071412_13071484.jpeg
塩原もの語り館 駐車場IN。
もの語り館詳細は上記公式サイト参照(^^ゞ
この空中階(笑)が地元食材使った洋食レストラン洋燈(ランプ)。
まずは紅葉具合の確認(笑)この下をくぐって「古町温泉もみじの湯」が見える川沿いへ。
f0071412_13252092.jpeg
対岸に渡る吊り橋。
f0071412_13262516.jpeg
色づき始め感。
地元の方に聞いたら、10日ぐらい先が見頃じゃないかと。
この日が25日なので11月に入ってからって感じ?
f0071412_13162566.jpeg
共同浴場『古町温泉もみじの湯』入浴料¥100。
以前は丸見えでしたが、最近はちゃんと目隠しされてます。
浴槽は二つに仕切られてるも、これはあつ湯とぬる湯区切り。
着替え場にちょっとした簾がかけてあるだけの混浴で、観光客が覗いて行ったりもするので女子にはハードルが高い(笑)

お腹すいた〜(笑)
で、レストラン洋燈(ランプ)でランチ。
f0071412_13320957.jpeg
想像より洒落た洋風レストランで、正直びっくり(笑)
大きく開いた窓から対岸の紅葉一望。
f0071412_13322645.jpeg
大きな窓とテーブルのランプが素敵ですねぃ。
ランプを生かす為か、ちょっとムーディな照明(笑)
私、手前、ハンバーグステーキきのこソース。¥1280_
ライス、我儘言ってきのこご飯に変えて頂いた分+(^^ゞ
連れ合い、文豪秋御膳 ¥1300_
JAF優待で¥100_引きの珈琲セット。¥120_
ミニケーキのコースターに塩原を歌った文豪の一句(^^)
f0071412_13325877.jpg
お腹も一杯になったところで....もう一っ風呂(爆)
以前紹介した『おもて那須手形』の無料入浴未使用分で
f0071412_13331661.jpeg
源三窟前無料駐車場隣、伊東園ホテル塩原。
団体向けの大きな施設で清潔なホテルでしたが、泉質重視の我が家的にはちょっと....。まぁ 最後のシャンプー入浴向けって事で(^^ゞマッサージチェアでお茶を濁す....(。゜)"L(^^;;

今回は不安定な天候のせいもあってキャンプはできませんでしたが、その分身軽で移動さくさく。
紅葉狩り、満喫できましたとさ(^^)











 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-10-30 13:51 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)

2017 紅葉狩り@湯西川温泉〜日塩もみじライン〜塩原温泉 Part1

10/23(月)夜発、24(火)25(水)、紅葉狩り...& 温泉♨️
我が家には珍しく、栃木なのに高速利用(笑)
pm 10:00 発、約2時間半で 道の駅湯西川 着。

湯西川温泉は、鬼怒川温泉の奥の川治温泉の奥(-"-)b
トンネルや道の整備がだいぶ進んできましたねぃ。
向かって左側に鬼怒川線湯西川温泉駅、正面に足湯、二階に岩盤浴施設付き(別料金)日帰り湯『湯の郷』....があるんですが、深夜着で しーーん。先着仮眠車数台の程よい位置どりで、ひっそり就寝。

翌24日(火)7時起床(笑) いい感じの秋晴れ(^^)
f0071412_15104871.jpeg
駅側にダム湖にじゃっぽーんと入っていける、
水陸両用バスダック号のポップなお迎え車待機。
f0071412_15115869.jpeg
夜間は湯が抜かれていた足湯も放湯(笑)
f0071412_15111092.jpeg
植え込みのツツジは紅色だけど川向こうの山はまだ緑。
イルくん朝散歩、朝珈琲、軽い朝食、ざざっと片付け...やらの間に、二階の湯の郷の開館時間が近づいてくるも...今回はもちょっと奥、新設の観光センター『湯西川水の郷』へGO!

整備されたばかりの道沿いに、
ダム造成で移転した方々の新しい家が沢山建っとりました。
水の郷の開館時間は am 9:00。
川沿いの広ぉ〜い綺麗な駐車場に入ると....
f0071412_15290427.jpeg
ちょっと紅葉感出てきた(笑)
f0071412_15300937.jpeg
何気に見事な杉...樹齢どのくらいかな?
杉の足元には川場があって、風情風情(^^)
その向こう側に真新しい吊り橋。
f0071412_15330142.jpeg
川向こうに用はないけど、まぁ一応渡ってみたりする(笑)
f0071412_15332212.jpeg
道の駅周辺よりちょっと色づいてきてる感じ。
f0071412_15334562.jpeg
吊橋の下は前日までの雨で白っぽく濁ってるけど
川面に近いあたりはちょっと紅葉(^^)
f0071412_15391642.jpeg
水の郷の前にも足湯。
川沿いの高台で、風景を楽しみながら浸かれる感じ。
f0071412_15382383.jpeg
やっと本館入り(笑)
開館と同時入館で館内日帰り湯、一番風呂🎵
入浴料金 ¥500_ のところ、JAF優待で市民料金 ¥300_。
f0071412_15431764.jpg
f0071412_15433827.jpg
真新しい浴場貸切、良きかな(^^)
無色透明、無味無臭のアルカリ性単純泉。
内湯は大きなガラス窓が開けた石板貼り。
露天は対岸の山並みを眺めつつ川を見下ろす岩風呂。
PH9.5 とありましたが、想像していたぬるぬる感はあまり感じず、まぁいわゆる肌当たりが優しいというヤツ?(^^ゞ
開館直後だからか(この時期石岩を温めるにはもうちょっと早めに溜めないといかんのでわ?(爆))この日の(?)内湯は39.5度、露天は38度。残念ながら、私にはちょっとぬる過ぎ。
源泉を溜めてある丸い掛け湯槽の温度はも少し高めで、おそらく41〜2度....こっちに入りたかった(爆)

入浴後にのぞいた物産品やお土産の売り場は商品充実。
と、ここで次の目的地『平家の里』の前売り券購入(^^)b
紅葉求めてさらに奥へ。
湯西川温泉のどん詰まりあたり、
平家落人の集落を再現した『平家の里
f0071412_17251537.jpeg
f0071412_17290998.jpeg
駐車場から見事な紅葉(^^)
道の駅辺りが標高600m、水の郷辺りが700m。
んで一番奥のこの平家の里辺りが800mくらい。
どんどん秋が進んでいく感じが目に見えますねぃ。
f0071412_17264720.jpeg
立派な門をくぐると...
f0071412_17371855.jpeg
苔生した茅葺き屋根の受付棟前、雅な紅葉。
f0071412_17352478.jpeg
f0071412_17365926.jpeg
f0071412_17391468.jpeg
茅葺き屋根の古民家集落の中、紅葉見頃(^^)
ゆっくり回ると3〜40分の場内一番奥に、こじんまりと安徳天皇(平家一門が奉じ壇ノ浦で入水した幼帝)の御影堂、赤間神宮分祠が祀られてます。合掌。
茶店のストーブで温もりつつぜんざいを戴いたり、
のんびりさせて戴きました(^^)

平家の里を出る頃、ちょうどお昼時。
温泉街の中、入りやすい駐車場を見つけて飛び込み。
f0071412_18481292.jpeg
ちょっと濃いめのけんちん蕎麦と山菜蕎麦、鹿刺しで昼食。
凍った鹿刺し(爆)がとても残念でございました(^^;;ゞ

さて、気を取り直して.....
道の駅湯西川に戻って足湯(爆)
f0071412_19082245.jpeg
だけにしとこうかと思ったが......やっぱり....
♨️不完全燃焼なので、二階日帰り湯、入っとこう(爆)
入浴料 ¥510_
f0071412_19104818.jpeg
外観からは想像できない立派な和風仕立ての廊下。
f0071412_19114904.jpeg
立ち上がると眼下に鬼怒川線が見える内湯。
f0071412_19125602.jpeg
リフォーム間もない半露天。
こちらは下の駐車場向け目隠し付きで風景はちょびっと。

こちらも泉質的には水の郷と同じくアルカリ性単純泉で、PHは8.6となってますが、私感としては、こちらの方がぬるつる感あり。若干の灰白色の濁りとかすかな硫黄臭が感じられ、源泉の鮮度感強し。湯温41〜42度。特に内湯は浴槽が大きいので、湯口の前の狭まったトコの湯温が高く私好み(^^ゞ とても気持ちの良いお湯でございました。後のスケジュールがなければ岩盤浴も利用してみたかったですねぃ。
でも今回は紅葉がメイン、というわけで老舗旅館さんの日帰り湯やディープな奥鬼怒温泉には立ち寄れず、ちょっと後ろ髪引かれる思い。また近いうちゆっくり来ようっと。

いつも通り長くなったので ここで Part1 終了。
続きは Part2 で。














 

 

[PR]
# by salukis_taka | 2017-10-29 18:55 | キャンプ&温泉 | Trackback | Comments(0)